gacco統計学Ⅰあと少し・・・

SAMSUNG
 きょうは、外が明るい間ずっーーーっとgaccoの統計学Ⅰに手間取っておりました。最後の講義を視聴し終えて、最終テストを開いてみると、ななな、なーんと、設問が28コもある(!?)んですもん。。。

 先ほどまで、電卓片手にエッチラオッチラ取り組んでいたのですが、nonエクセル&non関数電卓で臨んでいるものですから、これまでの成功率が極めて低い相関係数、変相関係数の計算が出てきたところで根気がコト切れてしまいました・・・

 成績をみると、Passライン57%をわずかに超えておりましたので、「今日のところはこのへんで勘弁しといたるっ」(吉本新喜劇仕込みの古いネタw)ことにしました。

 いやはや、高校時代に数学を大の苦手としていた私のことで、統計学Ⅰに取り組むのはかなり骨の折れる作業となっています。gaccoの先生方の解説だけでは分からないところが盛りだくさん! そこで、写真の鳥居泰彦『はじめての統計学』(日本経済新聞社出版)の助けを借りることに。この本は、かなり前に購入して積読棚に眠らせていたもので、gaccoでの統計学Ⅰの開設がなければ、もしかしたらずっと眠ったままだったかもしれないという本。まさか著書の鳥居先生が慶應義塾の塾長だったなんて、「はじめに」を読むまで知りませんでした。もうびっくりです(不心得者っ)。

 『はじめての統計学』は、数学脱落者にとって、とってもありがたい本です。gaccoでさらりと流される概念や記号の意味をとっても丁寧に教えてくれます。ただ、設問は、関数計算機がないとキビシイかも・・・

 gaccoの講座と、『はじめての統計学』を見比べながら、少しずつ前進してきたのですが、まだまだまだまだ理解が足りない自信があります。

 いま私の心の片隅には、「統計検定を受けてみようかな」という小さな炎がポッと灯っております。実は少し前に「英検準1級を受けてみようかな」という小さな炎が灯り、それも弱々しいながらも消えずにゆらゆらと燃え続けております。

あゝ、でもその前に、やらねばならないコトがある。
あすの夜スク社会思想史の試験の準備と、
西洋史概説Ⅱのレポートが・・・

そんなこんなで、統計学Ⅰの最終テストでやり残している計算に取り組むのは、締切ギリギリとなりそうな予感(._.)。