近世英文学史、始めました。

 今度は、大学の勉強のハナシです。 先日、イギリス文学史のテキストを開きました。ようやっと、長い長い「くすぶり」という名の薄暗くて生ぬるいトンネルを抜けることに成功したようで、久しぶりに好奇心と集中力が湧きあがってきてい…

ベルギー文学への扉

Ⅰ, ん? ベルギーブンガク!? Ⅱ, へェ~ ベルギー文学 Ⅲ, あゝ ベルギー文学  ほんと、申し訳ございません。以上は、19日から24日まで受講しておりました夏期スクーリングのフランス文学に臨んだ私の感嘆の簡単な推…

哲学者が作る言葉。

 暑さに融けそうになりながら、日吉の山を登って教室へ辿り着くと、そこは冷蔵庫だったりします。昨年、日吉の東急で買ったストールが手放せない今日この頃ですが、皆様におかれまして如何おすごしでしょう。おはようございます。本日は…

阿呆物語と与太噺

 夏スク in 2015、Ⅰ期が始まりました。初日の講義はドイツ文学の歴史的土壌についてのお話でした。事前の予習よりも、以前に履修している西洋史概説Ⅱと社会思想史の知識の出番が多い日でした。ドイツの宗教改革から国家統一ま…

初めまして、ゲーテ!

 これは昨日、私が初めて読了したゲーテの本です。非常に遅ればせではありますが、さらに文学部第3類専攻のくせにというオマケ付きですが、「なんだこれは! うわ~っ、ゲーテって、ほんとうに凄かったんだなぁ!」と目から鱗が落ちま…