ようやっとよみがえった…. カナ?

green-rad『よみがえる緑のシルクロード ―――環境史学のすすめ』
(佐藤洋一郎、岩波ジュニア新書)

 久しぶりに、まともに本を読みました。コレ、文学部地理学科卒の私にとって興味の「ズバリ!っど真ん中っ」という、”学問のすゝめ” 本でした。現在は砂漠という乾いた大地が、かつて緑に潤っていたという考察――― この歴史の浪漫にワクワクし、その研究方法に感嘆し、そして、提示される世界の社会問題に目をこじ開けられるのです。
 砂漠での美女ミイラ発掘で明らかになる環境史と、農業史と、哲学者・和辻哲郎の風土論に絡むイネとムギの文化圏の話題、、、そして未来への展望。

 

あゝ、もう、堪りません。最高ですっ(>_<)!
導かれた問題が大きすぎて思考停止寸前ですっ( TДT)!
 

 ところで、最近の私、盛大に燻っておりました。このブログの停滞っぷりがそれを証明しておりました。連動して学業も絶賛停滞中でした。気が付けば2016年も半ばとか、これがなんかの冗談であってくれればうれしかったんですけど、現実は非情であります、許してくれませんね。

 思考停止と悪足掻きの繰り返しの日々から、ようやっと抜け出せる手ごたえを感じております。

 

これが勘違いでありませんように… (-“-)。