転がり出てきた陪審制

 昨夜は、西洋史概説Ⅱの参考文献の『西洋史概説』(東京大学出版会)を枕に床に就きました。  とりあえず、西洋史概説の中からイギリス史を抜き出してタテに読んでみようとい試みです。テキストのイギリス関連の項目に付箋を貼って、…

銀の流れる歴史の世界

 ぼちぼちと東洋史概説Ⅱのレポート学習中です。 いま取り組んでいる参考文献は岡本隆司編『中国経済史』。テキスト科目履修要綱の案内で、図書館から借り出しているのですが、じわじわと私物として入手したいという欲求が募っておりま…

著者の発見

 テキストで通り過ぎた近世社会成立あたりの時代を、秀村欣二編『西洋史概説』(東京大学出版会)で読み直していて、「これ書いたの誰!?」と著者一覧で該当する名を確認したくなるような筆致を発見した。著者の名前は遅塚忠躬(ちづか…