夜スク宗教学☆最終回

 先週の木曜日の夜、寒波の到来とともに私の夜間スクーリングin 2015が終わりました。選択可能な複数の科目を矯めつ眇めつ迷いに迷って最後に「エイヤァーッ!」と履修を決めた宗教学は、過去の履修科目で得た知識を動員し、その不足を痛感し、それなのに予習も全然足りてない自分のダメっぷりを再認識しつつ、あれやこれやと考えさせられる科目でありました。

いやァー、ホント、実に面白かったですヨ♪

 折角ですから、ここでちょっと自分が学んだことを振り返ってみます(講義内容の要約ではなく、自分の興味の覚書のようなもの、になると思います)。
 旧人と新人が自然と対峙していた頃の宗教観(狩猟に係る儀式や埋葬の痕跡より推察される)が、たぶん農耕革命を経た頃には大地信仰(「おぉ母なる大地よっ」的な)に発展し、アニミズム、シャマニズム、トーテミズムなどの自然発生型の宗教へ。さらに社会が複雑化してくると、孔子、ブッダ、キリスト、ムハンマドなど開祖がいる創唱宗教(世界宗教とも言う)へと展開します*1。時代の推移を反映した社会の発展と変化に呼応しながら、宗教も発展&展開ているようです。今回の講義では、創唱宗教の始まりから現在に至る変化についての話題がテンコ盛りでした。
 特に仏教の話題が豊富で、近代化以降の日本とそこにある宗教観についてのお話はとっても興味深いものでした。凡そ1万年弱も続いたと推測される縄文時代の展開とともに育まれた宗教観に、渡来人による稲作とともに伝わったであろう宗教観が出会い、さらに大陸から世界宗教的な宗教観がやってくる。

 古代→中世→近代→現代という日本の宗教の歴史の中で、何が変わって、何が変わらなかったのか。そして、現在という時間の中で、何が変わらず何が変わっていくのか。レポート課題に取り組みながら、私はそんなことを考えていました。明確な結論を出すことはできませんでしたが、神道であれ仏教であれ、その中心に生き続けて古代から変わらなかったものがあるならば、それは未来にも受け継がれていくんじゃなかろうか。もし、それが失われようとしているならば、そこは堅守しなくてはいけないのではないか。そんな思いを抱きました。
 「宗教」という概念の定義が変わるか、新しい概念が生じるか。もしかしたら、そういう未来もあるかも知れません。国際政治のユートピアイムズが提唱する世界市民が地上に溢れる未来があるなら・・・
 レポート作成の終盤には、こんなことも考えたのですが、やっぱりぼんやりしていて手応えがアヤシイんですよね、これが。

ナニカガタリナイノダ
このナニカを探して…
私の慶應通信生活は、まだまだ続きます。

あゝ、楽しかったなぁー
夜スク宗教学、ご馳走様でした(`◇´)ゞ

—————————————–
【外註】
*1)この宗教の発展過程の説明は、レポート作成道中に読んだ村上重良『世界の宗教』(岩波ジュニア新書)にありました。