快晴!大物を洗濯すべしっ!!!

 日吉Ⅱ期、倫理学の6日間は、昨日の講義&試験をもって終了いたしました。ものすごーく充実した日々でした。もうね、シンドイ話題にシンドイ選択、シンドイ思考の繰り返し!

 トロリー問題とか、「もう、勘弁してください(>_<)!」ですよ、アレwww  内容はこんなんです。  ▽私は線路のポイント切り替えレバーの前にいます。▽今、軌道が繋がっている右側の線路の向こうでは4人の作業員がレールと枕木の調整&点検作業をしています。▽軌道の繋がっていない左のレールの向こうでは、1人の作業員が同じくレール上で作業をしています。▽すると!奥の車庫から暴走トロリーが突然走り出してきました!!! ▽このままでは4人の作業員に突っ込んでしまいますっ!!! ▽軌道を切り替えるレバーを引けば、暴走トロリーは1人の作業員の方へ向かい、4人は救われます。しかし1人を犠牲にすることになります・・・ さぁ、レバーを引くか引かないか、どちらかを選んでっ!!!!! ハリーーーーーーーーっ そんな状況に鉄道職員でもない私が立つハズがないとかナシねっ! 必ずどちらかを選んでっ!!! はい、ドッチ!?  ・・・・と、これがトロリー問題の内容です。 乱暴な問題ですよね、コレ。大嫌い<(`^´)>
ポイントんところに立っているような私であれば、普通はきっと作業員の仲間だろうし、鉄道の知識もある人間のハズなのです。であれば、やることは一つです。自分の能力と知識を総動員して暴走トロリーを止める。映画ダイハードです。あれはドラマでしょ。トロリーに飛び乗って、とか、フツーはムリムリ、なんて私は考えませんっ!

さぁ倫理学の話をしよう!
カントさんは言いました。
「君の意思の格律が、つねに同時に普遍立法の原則に妥当するよう、行為しなさい」(定言命法)と。義務論です。
「人を殺してはいけない」というのは、超基本的な道徳原則ですから、私は4人を見殺しにすることも、1人を犠牲にすることも考えてはならないハズです。だからレバーは引きません。
ベンサムさんは言いました。
「最大限の幸福を実現するのがベストだよっ」と。功利主義です。4人の命or1人の命なら、4人の方が数値が高いからレバーを引くべき!? いやいやいや、チガウチガウ、そうじゃなーい! ここで最高の幸福を実現するならば、5でしょ5!5人の命を救うべきでしょ!
きれいごとだと言われても、このシーンで最大限の幸福は5ですよね5。1よりも4よりも大きな数値の幸福を達成すべく最大限の努力をすること、これが最高に道徳的でしょう!? 違いますか!?

 そうです。私には尊敬できる先輩がいました。彼は定年退職をして今頃愛犬と散歩している頃です。彼は凄腕の鉄道マンでした。彼の時代の機器&列車の性能は今よりずっと貧しかった。そんな時代から昨年まで常に一線級であり続けた最高にカッコイイオッサンです。私は彼を見て、仕事を覚えました。そして、いま離れたレール上で作業をしている後輩たち(いつの間にか後輩になってますが、見逃してくださいw)は、彼と私を慕ってアレヤコレヤと見聞きして育ちつつある可愛いやつらなんです。
いまこそ、先輩から教わった知識、技術、鉄道マン魂を総動員すべき時。あの暴走トロリーを止められるのは、私だけなんですっ!!!

・・・えっとコレはなんだっけ!?道徳が開花する、あれは・・・
ここまでノートもテキストも開かず書いてきたのですが、フラワーをもじったアレが思い出せない<(`^´)>

(ここでプリントをパラパラパラと・・・)
あった!
Flourish!
アリストテレスのエウダイモニアの現代版でしたね。
これが徳倫理学です。

トロリー問題を倫理学で解決すれば、義務論から功利主義、そして徳倫理学、全部総動員して誰も殺さず、最大の数値を達成し、自分が先人から受け継いだ徳の大開花が起こる、という超道徳的な結論を得られるんじゃないかなぁ~と、考えます。

かなり強引ではありますが、、、その自覚はあるし、目的自体が違うので、ちょっとイケナイことをしているんですけれども・・・
しかーし、あの嫌ぁ~なトロリー問題をやっつけて、スッキリ爽快!

きょうは本当によく晴れてます。
まだ午前9時なのに、こんなに暑い!
洗濯機に大物を放り込んで、グルグル回し、マイナスイオンを発生させましょ♪