『醜いアヒルの子』的な?


 今朝の1号です。第三の葉がグングンと大きく長くなっています。はてさて、1号は何になるのでしょう?
 本日私は、1号を見ていて、ある物語を思い出しました。『醜いアヒルの子』です。白い黄色いアヒルの子たちにまじって、醜いだの様子が違うだのと罵られはぶんちょにされる灰色のアヒルの子が、なんということでしょう、大きくなってみたら美しい白鳥であった、という、あれです。
 アヒルは食用にされますが、白鳥を食用に、という話はあまり聞きたことがありません。パクチーに育てば私の胃袋を喜ばせることになる1号ですが、ユリの花なんか咲かせたときにゃー、到底食べることはできません。

ふむ。なるほどですね。


 2号です。どうも二葉の調子がよくありません。この写真を撮ったあと、引きのばしてみて、葉が土の欠片に触れそうになっているのがダメなんじゃなかろうか、と考えて、爪楊枝で葉の下の礫をそっと退けておきました。
 少しの時間んでしたが日光浴もできたし、なんとか元気に大きくなって欲しいものです。

・・・もう、何になってもいいから、とにかく健やかに大きくなって欲しい。そして、己が何者であるのかを教えてくれればと願っています。
はい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。