英語学概論のレポート、戻りました!

 昨夜、帰宅すると玄関扉の郵便受けに見覚えのある茶色い封筒が刺さっていました。
(いまの住居には集合ボストがない!)
3月末に引越してから初めて迎えるレポートのご帰還です。結果は、まんまと合格♪ 幸先の良い滑り出しになりました。いやぁーもう、ホント、よかったです。

 しかーし、ココが甘いのではなかろうかと不安に思っていたポイントを、コメント欄でズバリご指摘いただいております^^;
課題は、英語の語を造る形態素について説明し、否定接辞と語基との意味の関係について論じナサーイ、というものでした。で、頂いたご指摘は、
「baseとの意味の関係がもっと論じられるとさらによいでしょう」
です。。。
す、すみません( ´Д`)!
ここが足りないなぁという自覚はあったのですが、時間がなかった。
否定接辞と語基(例えば、un-とmoral)との意味的関係については、かなり考えたし悩んだし、アチコチ文献を覗いて答えを探したりしたのですが、「これだっ」という手応えを得ることが出来ませんでした。。。
そもそも”意味の関係”ってなによそれ。それって食べられるのっ???
とヤケクソ気味になったりしちゃってましたwww

「意味の関係」。
未だに考えると熱が出そうなほど頭が空回りします。
そもそも「意味」ってナぁ~に???
時間経過とか空間的移動とかを経ると、同じ見た目の文字があらわす「意味」が変わったりします。時間と空間は、「接辞を使って語を作る」という方法(いや、方法ではなく「接辞の使われ方」か)にまで影響しているようです。それを捕まえて論じなければならないのかなぁ、、、 と考えると、今でも胸が苦しいような心持になります。

どこかに「意味の関係」につて明確に論じてある論文、落ちてないかなぁ・・・

モンモン(-“-)。

=========
受付:5月26日
返送:7月11日
=========

2件のコメント

  1. 合格、おめでとうございます。
    「〜するとさらに良い」という表現は褒め言葉の一種ですよね。
    それなのに「胸が苦しくなるような心持」になるだなんて、cimicoさんがいかに勉学に真摯に取り組んでいらっしゃるかを垣間見るにつけ、我が身のいい加減さを再認識する思いです。
    確かに深く理解してこそ学問なのでしょう。
    しかし私は基本的に「広く浅く」(部分的に深く)を目標にしています。
    浅くを目標にするのも実に愚かだと思いますが、そこは我が脳の質と量と相談です…

    1. catsrusさん、ありがとうございます!

      合格は素直に嬉しいのですが、自分で足りないだろうなという自覚があった部分を放置して提出してしまったのが悔やまれます。真摯に取り組んでいるのなら、きっと不足を承知で提出なんてしないのではないかと思いますし、こんなに履修ペースも遅くないハズ・・・
      もっと学習に費やせる時間はあったはずですし、分からない部分はまだ分からないままだし、それで悶々としてしまうのです。

      何を目的として学ぶかによって、方法と方向は大きく変わってくるのではないかと思います。ですから、広く浅く、そしてココという部分は深く学ぶ、というスタイルも有効なもので、愚かだなんてことはちっともないはずです。

      ・・・あ、これはレポートの書き方と一緒ですね!
      まず目的を明確にし、方法&方向を考えて決める。すべからく、実践しデータ(論拠)を整理整頓。最後にその過程とけ結論を振り返り確認し、将来への展望に繋げる。

      うーん、そう考えると、やはり私はまだまだチグハグです。
      方法&方向を定めて邁進できるよう、諦めず少しずつでも精進いたしましょう(`・ω・´)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。