そもそも、二葉だったのか?


 今朝の1号です。第4の葉が第3の葉を超え一番大きくなりました。…第4&第3の葉の下を見ると、私が二葉であると主張していた2枚の葉が、今や別々の葉であるかのように見えます。一番下の一番小さな葉と、次にある全4枚中3番目の大きさの葉は、二葉ではなかったのではないか疑惑が浮上しました。
 発芽時に二葉を出すのが双子葉植物で、単葉で出て来るのが単子葉植物です。Webで見つけた参考ページ(クリックすると該当ページに飛びます)を見ると、双子葉植物と単子葉植物の葉脈の違いについて知ることができました。しっかり葉脈まで観察していなかったけど、なんとなく1号の葉は単子葉植物のような葉脈だったような、なかったような・・・
 明日の朝、明るくなったら、しげしげと観察してみることにします。。。


 2号が1号と同じ種類の植物であることは、疑いようがないと思います。小さいながら、同じ成長過程を追っておりますので。ただ、2号の方が小さくて病弱かな。今朝の写真をみると、向かって右側の最初に出て来た一番小さな葉が枯れて欠けたようになっています。。。
ナメクジかなぁ?
今からナメクジが大嫌いだというラベンダーの蒸留水をスプレーしに行ってきます。。。

しかし。

うーーーーーーーん。
やっぱり、1号も2号もパクチーじゃないのかなァ、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。