“Shall we find out?”

It’s time to identify them…..

この記事を書こうと思って、私が最初に思いついた動詞は ‘identify’ だったのですが、なんとなく固い気がして、DVD”Bridget Jones’s Baby” の最後の方に出て来るシーンより拝借したのが、タイトルの

“Shall we find out?”

ブリジットが無事に出産を終えた直後、担当の女医さんが、父親候補のマークとジャックに告げた台詞です。ちなみに、この台詞の続きはこうです。

“Come on, you two. Time for a little test. So exciting, isn’t it? The X Factor or something. Dial 0-1 if you want it to be Mark and 0-2 if you want it to be Jack!”

さぁ、我らが1号&2号が何であるかを、見極める時が来ました。

学生らしく結論から参りましょう。恐らく1号&2号は、「笹」です。そして、彼らの親御さんたちは、私の家のベランダの正面にある藪の構成員なのではと考えています。上の写真は、先程撮影した、拙宅ベランダから正面にある藪です。
たぶん、ここから私の鉢に遊びに来たんでしょうねぇ、1号&2号は。出てこないパクチーの芽を待ち望んでいる私の姿をみて、憐れんでくれたのかもしれませんね♪
(ンなわきゃねーダロw)


これは、1号の発芽当時の写真。
愛に盲目だった私は、これを2番目の葉が出て来るのを見て無邪気に「二葉が出た♡」と申しておりましたね。
はい。違います。これは典型的な単子葉植物の発芽直後の姿でした。
大日本図書『おおきくなあれ』というコンテンツの「ススキの発芽」というページを見てみますと、私の1号の発芽当時と、ススキの発芽の画像が、そっくりなのが分かります。

 「単子葉植物の発芽は、どれもみな同じようで区別がつきません。」という解説がありましたので、ススキとササの発芽時の姿がそっくりなのであろうことも、ここで分かります。
 この「ススキの発芽」の次にある画像が、いまの1号と同じ姿。これはもう疑いようもありません。。。

さらに、こちらの『発芽のしかたで分類 | クリップ | NHK for School』
を見ますと、双子葉植物と単子葉植物の見分け方がバッチリ分かります。

・・・というわけで、結論です。
「私の1号&2号は、ベランダの正面にある藪からやってきた笹の子孫である」
、と’identify’してもよさそうです。
(At last, they seem to be identified….)

 

あゝ パクチーの正体見たり、庭の笹
(本歌取り、「幽霊の正体見たり 枯れ尾花」)

(I can’t help it!!!
I, I longed to see coriander。゚(゚´Д`゚)゚。))))))

あんまり怖がっていると、風に揺れる枯れ尾花が幽霊に見える、という警句みたいなものですね。
Webにあった『故事ことわざ辞典』によると横井也有の俳文集『鶉衣』にある「化け物の正体見たり 枯れ尾花」が出典のようです)

恐怖が枯れ尾花を幽霊にし、盲目な愛情が笹をパクチーにしたというわけですな。アハハハハハハ、、、、
はぁ(´・_・`)。

チッ こいつらァ、くえねぇやつらだ!

お後がよろしいようで、、、
m(__)m

 
~ 追伸 ~
私の幻のパクチー日記に、長らくお付き合い、ありがとうございました。

ちなみに、パクチーの栽培には、「秋植え」というのがあるらしいです。春植えよりも、虫の被害に遭いにくいんだとか。
きっと、この秋に、本当の「パクチー日記」が書けるよう、リトライしたいと思います!

2件のコメント

  1. そうでしたか…
    実は以前我が家のベランダで起こっていたこととはかなり様子が違っていたので「?」と思ってはおりました。
    でもまぁ結果としては互いに収穫なしだったわけですね。とほほ、ですね…
    cimicoさんが次に何に挑戦なさるのか楽しみにしております。
    我が家には現在アボカド、柿、金柑、朝顔が元気に育っています。
    朝顔は実家から種を持って来たのですが、他はどれも食後の再利用です。
    楽しいです。

    ちなみに我が家のベランダでも今日の午後にちょっとしたサプライズがありました。
    是非ブログをご訪問下さい。(コメントを強要するものではありません)

    1. catsrusさん、こんばんは。

      先にそちらのブログを拝見しておりました。お互いに想定外の地点に着地した由、それはそれで楽しい経験になったのではと、前向きに受け止めております。

      さて、ウチの1号&2号、今後どうしたものかと思案の結果、しばらくそのまま育てておくことにしました。笹ではなくススキかもしれません。ススキであれば、秋まで育てて穂が出たら、お月見のお供をお願いできます♪

      秋に再びパクチーの種を撒くまで、1号&2号の成長過程を眺めて過ごそうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。