言えん単語は覚わらん

 先日の “Lost my cilantro”(…Er, from the very first, my cilantro was not it.)ショックの余韻覚めやらぬなか、悲しい事実から目を逸らすように、ブツブツと [r] の発音練習に精を出しております。

 何故か、字面はぼんやり出て来るのに、どうしても口に出来ない単語がありました。 Lyric(←Oxford living dictionaries へリンクを貼ってあります)です。英会話教室で、「英語の歌の歌詞」と言おうとして、どうしても言えなかったンですよこれ。とほほほほ。

 何度も見ているし、読めば分かる単語なのですが、口に出して使おうと思うと、使えない。原因はこの単語の[r]の音がきちんと出せなくて、’r’の存在を忘れてしまうことにあったようです。オロオロモゴモゴしていたところを、先生に助けて頂いて、何とかたどたどしくですが、音を出せるようになりまして、今なら、まったくもってたどたどしくはありますが、’Lyric’ と口から出て来てくれます。

 ついでに、以前発音が難しいと嘆いた”La isla bonita” にある ‘lyric’
“Ring through my ears…” も矯正して頂きました♪
 [th]で舌を歯に引っ掛けて[r]へ移行する難所(←私にとっては、ですがw)でしたが、繰り返し繰り返し練習しているうちに、以前よりもスルリとこの難所を歌いぬけることができるようになっております(たぶん)。

 今更ながらつくづく実感いたしました。「言えん単語は覚わらんなァ・・・」(郷里訛です)と。これは、あくまでも、語学音痴な私の場合ですが、新しい単語に出会ったら、目で見て手で書いて、出来るだけ正確に発音できるように練習を繰り返す。これが肝要なのだと、難敵の [r] に出会って痛感した次第であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。