遥かなる英語道…


 斎藤兆史『英語達人塾 ―極めるための独習法指南―』(中公新書、2003年)を読みました。そして、自分の本気が余りにも足らないと、思い知らされました。この本で紹介される“真の達人”レベルに自分が辿り着けるとは、とうてい思えません。しかし、だからって、「やっぱり無理だからやーめたっ」と投げ出すこともできません。せっかく始めたんだし、行けるところまで行ってみようと思うのです。

 やるべきことは決まりました。まず、辞書のように使っていた『ロイヤル英文法』を読みます。3回以上、とにかく読みます。最近、英会話の宿題でA5のノート1頁分っくらいの英文を書いています。2人目の先生にチョット文章を誉めて頂いて、それがとっても嬉しくて、すこーーーし、いい気になっておりました。たはははは。自分らしさの追求なんぞしているつもりはありませんでしたが、分かりやすさよりも内容の面白さを優先させていた嫌いがあります。まずは、しっかりとした文法を土台にした正確で分かりやすい自然な英語をアウトプットすることが先決でした。

 著者がこの本の中で触れていた、「見たことのない英語」を使う邪道に嵌まらぬように、しっかりと正道を踏みしめて行かなくてはなりません。文法書をしっかり読んで、正道を保ちながら、間違いのない自然な表現を集める作業をしなくてはなりません。
 自然な英語表現の蒐集は、これまでもやってきたつもりでおりましたが、、、ツイッターで海外のメディアの呟きを拾い集めることが主でした。しかし、「独特の文章術を使うニュース記事よりも、しっかりとした本を読む方がよい」というようなことが、本著に書いてありました。。。

 「名文を書きたかったら名著を読め」というのは、日本で出版されている日本語の為の文章読本(私が読んだのは4冊で、谷崎潤一郎、中村真一郎、丸谷才一、井上ひさし、です)でも必ず主張されている作文術の極意です。本著にも「英語の達人になりたければ英語の名文を読むベシ」という主張があります。もう、ぐうの音も出ません。

 まだ私の英語は、原著をすらすらと読めるレベルにはないのですが、、、めんどくさがっていないで、トツトツとでも辞書を片手に本を読む修行に入らなくてはならないようです。内容の分かっている本を読み飛ばしたことは何度かありますし、薄い本なら何冊か読んだことがあるんですが、最近はもっぱらニュースとエッセイばかり読んでいました。悔い改め、本を読もうと思います。幸い我が家には、ミルトンの『失楽園』の英語版と翻訳本とが揃っております。近世英文学史のレポート絡みで用意した参考文献ですから一石二鳥です。

 そうそう、近世英文学史です。私が読んだこの大学のテキストの著者・西脇順三郎が、英語の達人として登場していました。第8章『丸暗記』―西脇順三郎に学ぶという所でドーンとご登場になっています。いやーーー、勉強不足って怖いですね。テキストを読んでいて表現が楽しくて笑ってしまうこと幾たびか、これは只ものじゃぁーないなと思っておりましたが、まさか「大詩人エズラ・バウンドをもうならせるほどの英詩を書いた」(105頁)ほどの英語力を称えられる方だったとは、驚き桃の木山椒の木でした。あはははは。
※勉強不足もここに至れりで、「大詩人エズラ・バウンド」さえ知らなかった…

あゝ遥かなる英語道です。
先達の知性に照らされた正道を、
ぼちぼち歩いて参りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。