An ordinary days report ― about my tiny tries

 本日は、平凡な日常の中の、私の小さな試みを幾つかリポートいたします。

 まずは、ぼちぼち歩き始めたへっぽこガーディナーのその後です。余りにも、春植えパクチー栽培に失敗した2つの鉢が余りにも寂しかったので、この秋にリトライするパクチー栽培を視野に入れてコンパニオンプランツを導入しました。虫よけ効果を期待できるマリーゴールドと、タイムの仲間・ドーンバレータイムです。
 チェリーセージ狙いで以前土を購入した街の花屋さんへ行ったのですが、お目当ては見当たらず、でも他の店に行く気にはならないし、さりとて手ぶらで帰るのもなんだなぁと、適当にこの2種類を選んで購入しました。マリーゴールドを2株とドーンバレー1株で500円ポッキリのお買い物です。
 お気付きの方もいらっしゃるかも知れませんが、2つの鉢に1号と2号はおりません。当初は残すつもりでいたのですが、、、、鉢の土を掘りほぐしてみたら、さすがは雑草系1号&2号です、結構広く土の中に根を張っていて、作業の過程でうっかり根を引っ張って1号を引き倒してしまったのですwww
 マリーゴールドを植えてみたら思っていた以上に大きくて場所をとったコトもあり、1号&2号とはサヨウナラをすることにいたしました。。。
 それにしても、私ったら、どんだけぎゅうぎゅうに土を押し込んでいたんでしょうねぇ。食事用スプーンの古いのをシャベル代わりにおろして、鉢の土を掘ってみたら、その固いこと固いこと。これじゃーパクチーさんたちが芽を出せなかったワケです。。。
 そんなこんなで、再びパクチー栽培に挑戦する秋まで、マリーゴールドとドーンバレータイムを観察&お世話しながら過ごそうと思います♪

 もう一つの小さな試みは、減量です。転職猶予期間がびよーんと伸びて、私の気持ちもびよよーんと緩み、なななーんと、4キロも太ってしまいました!
(オーーーーゥ ノーーーーォッ <(`^´)>)
関東は7日に梅雨入りし、ここ数日は涼しいですけれども、しかし油断はできません、夏本番は目前なのです。元気よくこの夏を乗り切るために、身に付いた4キロの贅肉さんとはサヨウナラをしておきたいところです。

 トリは英語。ただいま『ロイヤル英文法』3回読破トライアルを実施中です。とにかく1度通読を済ませるまでは他の本は読まない、という覚悟をもって臨んでおります。
・・・覚悟をもって臨んでおりますが、まだ60頁。うーーーん、なんだか例文を読むのにやたらと時間がかかるのです。以前はすとんと頭に入ってこなかった英文もかなり理解できるようになっている、という感じはします。んが、どうしてこーなるの、というヤツに出くわすと、どうしても、どうしてそうなるのかウンウンと考えてしまいます。これは過去最高の遅読となるかも。。。
 しかーし、とにかく、読みます。1日1頁でも、読めば先に進むのです。当たり前のことですが、読まなければ先には進まない。先が見えなくても、疲れ果てていても、右足を前に出したら、次は左足を前に出す。それを繰り返していれば自ずと前進できるのだと自分に言い聞かせながら、とにかく前に前に読み進めたいと思います。

2件のコメント

  1. こんばんは
    おー、パクチーの不発から立ち直られて次のステップを踏み出されたのですね。ご立派です!
    私はまだ時折ベランダのケースを覗きこんでは「あの子帰ってないかな? 元気にしているかな?」と淋しい気持ちになることがあります。 短期間の付き合いながら、すっかり母性が芽生えてしまったようです。

    読書の件、私も今日同じことを思っていました。
    「現時点で腑に落ちなくても、まずは一頁ずつ着実に読み進めればきっと新しい世界が広がるからね!」と自分に言い聞かせ、東洋史特殊の試験勉強をしています。

    1. catsrusさん

      おはようございまーす

      種から育てて咲いた花ではないのですが、十分眼福です。緑と花がある生活って癒されますね。
      ただ、植えてから本格的にその品種について調べたものですから、アーすればよかったコーすべきだった、という小さな後悔がゴロゴロと転がり出て来ております。育てるからには、枯らさないようにお世話をしなくては(早起きをして、お水の有無をマリーゴールドとドーンバレータイムに伺うことが主かな?)、と身も引き締まる(←早起きの習慣が付けば、減量にも効果があるかも!?)思いです。

      勉強のための読書に関しては、本当に、着実に1頁1頁を読み進めるというのは大切ですよね。読んだそのときには今ひとつ理解できなくても、後でカチッときて「ああ、こないだ読んだアレですねっ!!!」となる快感が用意されているハズです。我々の世界に対する理解が深まる未来を信じて、精進いたしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。