Polysemy or homonym? (訂正版

 『ロイヤル英文法』をチマチマと読んでいて、うっかり忘れていたことを思い出しました。それは、大学で履修した英語学概論でサクッと出会ってさーーっと通り過ぎてしまっていた ‘polysemy(多義語)’ と ‘homonym(同音異義語)’ のことです。

 英会話の先生に、動詞の ‘last’ の使い方を教えて頂いたことがあります。形容詞、副詞、名詞としての ‘last’ の意味は知っていたのですが、動詞の ‘last’ の意味を押さえていなかったため、先生にはちょっと驚かれてしまったものでした。「動詞の ‘last’ というのは自然な英会話の中でよく使われる語だよ」と教えていただき、相変わらず私の英語は穴ぼこたらけで迂闊だなぁ、、、、 と自分に呆れて終了。その時は、何の疑問も持たず、‘last’には動詞としての意味もあるのだ(すなわち多義語)と思ってしまったのです。

 しかし、形容詞・副詞・名詞として働く’last’ と動詞の ‘last’ は 多義語ではなくて、語源の違う同音異義語だったんです。それに、まったくもって本日オメデタく、気がづきました。『ロイヤル英文法』さんの、同じ形で複数の品詞として使われる語の説明がある55頁に、形容詞・副詞・名詞として働く’last’ が取り上げられていたのです。「あれ、動詞はどうした!?」と思いながら、最初は読み流しました。
 本日はお休みで、読み飛ばした疑問点をノートに書き出しておこうと、折り目をつけた55頁を開きました。そこで、もしかしたら語源が違うんじゃないのかな、という点に気付いたのでした。調べてみると、古英語時代、今は同じ姿と響きの ‘last’ が昔は似てはいるけど違う綴りの単語だったということが分かりました。

形容詞・副詞・名詞の’last’ は古英語で、‘latost’
動詞の’last’ は古英語で ‘lǣstan’
“Oxford living dictionary” の ‘last’ 参照

 ここまで来て、ようやっと大学のテキストでさくっと読み流した同音異義語 ‘bank’ のことを思い出したのであります(オメデタイ!)。久しぶりにテキストを開いて確認してみますとちゃんと、「本来は違う語だった」というようなことが書いてありました。

 はっはーーーん、と思い、‘bank’ の語源を調べるとやっぱり違う。‘last’ 同様に怪しんでいた ‘long’ もまんまと動詞として使うヤツは古英語時代に違う綴りの違う語なのでした。

 手元の『プログレッシブ英和中辞典』の辞書説明を確認してみると、見出し語‘long,1’ ‘long,2’ というルールで扱われている語は多義語であるという(スミマセン、初めて確認しました)。この多義語に、語源の違う同音異義語が含まれている可能性があるのだと、いまさら気付いた迂闊な英語学習者が、パソコンの前に座ってこの駄文を叩き出しております(トホホホホ)。

 なんて面白いんでしょうねっ、言語って!!!(半分は強がり)

(※以下の記述は駄文中の駄文でありました。同音異義語の ‘bank’ の片方の意味がフランスからやって来ていたところに誘発されてしまったのですが、多義語&同音異義語とは無関係なうえに根拠薄弱。これがレポートであれば目出度く不合格、試験であればD落第を頂戴する根拠となる記述だと思います。ダメですね。猛省の上、削除記号を入れさせて頂きます。申し訳ありません。)
何処で読んだのか忘れましたが(たぶんツイッター)、「フランス語は王様のトップダウンで語彙の整理がされたから、音と綴りが理路整然としている。しかし、イギリスでは時の学者たちが喧々諤々と語彙の整理をしたがために今のような事態になっている」とかなんとかという情報を小耳にはさんで、はっはーーー、なるほどですねっ!!!! 深く腑に落ちたことがありました。
 でも、そんな英語が私は大好きです(これは丸ごと本気)。本来のゲルマン一筋に統一しようとせず、ローマとギリシャ由来の音をを尊重したその姿勢が、なんだか、イギリスだなぁと思えるのです。
そこはかとなーく、なんとなく。

 おかげさまで、私の英語道は終わりが見えません。ああ、でもそうか、そもそも、言語は社会と一緒に生きているんだから、終ることなんてないのですね。あはははははは。こりゃーうっかりと大変なことに気付いてしまったwwww

 

・・・ま、いっか。
面白いし。

 久しぶりに大学のテキストを読んで、他の英語学関連科目に着手したい気持ちが芽生えておりますが、しかーし、それは時機尚早。とりあえず今は「読んで書いて&聞いて話して」通じる&分かるレベルを目指して精進を続けるべき時である、と判断いたしております次第です。

(・・・何故って、夏のスクーリングで希望の英語Wが取れてしまったら・・・・、現状のままでは・・・・・・・、大惨事は免れません・・・・・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。