8月の英語Writingさん江

 昨日のこと。大学からメールがあって、夏のスクーリングの受講科目許可・不許可のお知らせがあるといふ。Webサイトを覗きに行ってみると、申し込んでいたネイティヴ先生の英語ライティンングで「許可」を頂戴していた。

 嬉しい。嬉しいのだけれど、やっぱりちょっと「身の程知らすの体現をやっちゃったかな… 」という恐れが胸をしかめっ面で過っていく。まぁ、これは、入学以来決まって8月前に患うことになっている “夏スクブルー” というヤツ。「夏」という語の勢いと暑さのためかしらん、夏のスクーリングでは入学以来いつも許可を頂いては直後に怖気づく、という科目を1つは選択してしまう。初年度の英語Wと哲学史、2年目は国際政治論、3年目は日本経済史、そして4年目の昨年の中国語が、これまでの私の夏の冒険科目だった。。。

 初年度の哲学史でD落第を頂戴て、どこか開き直ってしまった。落第しても命を取られるわけではない。それどころか、案外こそで得た、「落第」に伴う傷心の疼きや、必死で考えた引っ掻き傷の跡、そこで拾ったキラキラした知識の欠片が(、、、あれ? ひと夏の恋に似てる?)、ひょんなところで蘇って、意外なところで息づいていたりする。これが、病み付きになってしまったのかも知れない。

 しっかしなァ・・・、でもなァ・・・・、この夏のネイティヴ先生の英語Wを前にしての不安の大きさったら、どうだらう。

 あと1ヶ月とちょっとで、どこまで自分の英語筋を鍛えられるかが勝負になる。不安を拭い去る最高の薬は、筋力強化の手応えだと思う。これは努力なしには手に入らない。毎日200段弱の石段を登り続けて息が乱れなくなった身体のように、自分の英語筋を鍛えてみようと思う。

 この2冊は、本番1カ月前トレーニング用に購入した。今行っている『ロイヤル英文法』3度通読の行が終わったら、『新・英作文ノート』繰り返しの行に入ろうと思う。
 “Oxford Picture Dictionary” は、既に一度ツツツーーーッと目を通した。これは、子どもの頃に繰り返し読んでいた図鑑を思い出させる代物で、「そうだ、私はこうやって物の名前を覚えていたんだ」と実感させてくれる。こちらはお楽しみアイテム♪

 あと、昨夜帰宅すると 英国の密林に注文していた “SHERLOCK 4” のDVDが届いていた。これは、英語字幕しかついてないやつ。日本語字幕なしでどこまで理解できるか、挑戦してみようと思う。

 

今年の夏の冒険科目は、
きっと過去にあったような“ひと夏の恋” 科目にはしないからっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。