For flowering

 花屋さんから家に連れて帰って来た時からずっと咲いていたマリーゴールドの花を、エイヤッっと、剪定しました、へっぽこ俄かガーデナーでございます。枯れ始めた花3つを全部切ってしまったので、こんな風に、ただ緑の茂っている鉢と化してしまいました。まぁ、これはこれで嫌いではないですが、、、 やはり少し寂しいです。。。

 なぜこんな風になってしまったのか、というと、新しく膨らんだ蕾が一向に開く気配がなかったからです。それで、Mr. Googleに「マリーゴールド 花 咲かない」とお伺いを立てたのです。
 紹介されたページを幾つか流し読みし、『トリビアの花』様のご指導を仰ぐことに。「マリーゴールドの花が咲かない!考えられる7つの原因と対策!」という記事を拝見しますと、枯れ始めた古い花は新しい花の開花のために剪定する由、ご教授がありました。
 種を取るなら、一年草のマリーゴールドが生涯を終えるころがよさそうです。葉も茂りっ放しにしておくと、ジメジメ空気になりがちな梅雨の時期はよろしくないようです。そこで、枯れ始めた3つの花を切り、葉も不健康そうなものや、根元近くのものを刈り込みました。

 新しい花のために古い花を切るという作業も、マリーゴールドに一年草の一生を健やかに生きてもらうために必要な作業なのだと知り、「なるほどなぁ」と感心しきりです。
(もちろん、不適切に、花を摘み葉を刈り込んだがために枯れる、という可能性はゼロではありません(;一_一)

 そして、「人が何かを学ぶ」という時にも、同じような刈り込みが必要になるコトもあるだろうな、と考えました。植物もそれぞれなら、人もそれぞれです。刈り込みの必要がなく、グングンと成長して綺麗な花を次々に咲かせていく人もいるでしょう。一方、私の鉢植えのマリーゴールドのように、新しい花のために、古い花に見切りを付けなければならず、秋の収穫を視野に花や葉を調整し続けなければならない人もいるでしょう。
 私は、たぶんマリーゴールドです。好奇心という名の蕾は次々に出てくるけれども、どうも咲く力に欠けている、というのがウチのマリーゴールドのようではありませんか。古い花や混雑している葉をエイヤッと切り落として、目当ての蕾に栄養を回さねばなりません。

ですから、今は、、、秋の収穫を目指して英語に栄養を回しましょう。
(上手くやらないと、ウチのマリーゴールドと一緒に立ち枯れてしまふかも・・・)

 ちなみに、マリーゴールドの黄色と朱色の間にいるドーンバレータイムさんは、地味に元気です。葉の端が黄色くなったりして、とても可愛らしい。ちょっぴり葉を摘んで匂いを確かめてみたら、驚くほど力強くて鮮明なレモンの香りがしました。順調なら小さな花が咲くらしいのですが、、、この子の役目はその葉の香りで虫さんたちを遠ざけるコトですので、このまま野放しにしておこうと思います。
(こんもりと茂ったら、刈り込んで食べちゃいますけどw)

 

さて、今日はお休みです。
長めの英文日記を書き、こないだの英会話レッスンから持ち帰った宿題を片付けて、後はひたすら『ロイヤル英文法』読んで過ごします。

読書に倦んだら、、、
“SHERLOCK 4” を見ちゃいましょう♪
フフフッ(^-^)フフフフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。