マリーゴールド開花のお作法

 24日に、花を選定するという粗治療を行ったウチのマリーゴールドが咲きました! 25日から本日までの写真を観察記録としてここに残しておきます。
 写真をよく見ると分かるのですが、新たな課題も出て来ております・・・

 とりあえず、もうLovely極まりない私のマリーゴールドたちを見てやってください♪

 

↓これは剪定から2日後、26日の写真です。
 クルクルと巻かれた花びらが蕾の中にキッチリと収納されています。マリーゴールドのこんな姿を見るのは初めてで、ちょっと興奮してしまいました。素晴らしい。

↓27日です。
クルクルが外側から解けてきました。1日でここまで解けました。健気です。

↓28日です。
花の黄色が外光を反射し、オートモード撮影だとハレーションを起こしてしまうようになりました。それで手動モードで撮影したのですが…
 まぁ、花の開いているのは十分に観察できるので許してください。真ん中にクルクルを数本残しつつ、ほぼ見慣れたマリーゴールドの花の形になりました。生きた黄色の反射力、すごいwww

↓29日です。
The full bloom! 文句なし。綺麗です♡

↓同じく29日です。
黄色いマリーゴールドと朱色のマリーゴールドを一緒に撮影。ただの緑の草と化してしまった決意の剪定から5日目の姿です。やるべきことをやれば、咲くのだと分かって一安心。嬉しいです。

↓30日です。

 新たな課題、噴出中~ それは、葉の健康問題であります。数日前に緑の芋虫さんがもりもり葉を食べているのを発見して、割箸でつまんで家の裏の雑草にリリースしました。この芋虫さん、結構大きく育っていて、いったいいつから潜んでいたのかと訝しんでおります。
 最近朝になると、小鳥がベランダに来ている気配を感じておりましたが…、もしかしたら、あの芋虫の兄弟たちを捕食していたのかも。。。 
 昨日も、ドーンバレーに茶色い草の枯れたような部分があったので取り除こうとしたら、それも芋虫さん。小さくて、本当に細やかな草の枯れ枝そのものでした。その擬態力に脱帽です。
 うーん、赤いダニは最近見ないけど、ホント油断できません。

 なんだか心配になって、虫の卵のありそうな葉をむしっていたら、黄色のマリーゴールドさんの姿が貧弱になってしまいました(写真の通りです)

 化学薬品は使いたくないのです。家にあった青森ヒバオイルやラベンダーオイル&蒸留水を試しているのですが・・・

とっても難しい。

マリーゴールド開花のお作法” への2件のフィードバック

  1. cimicoさん こんにちは ご無沙汰しています。

    マリーゴールドきれいに咲いていますね。クルクル巻いている姿が可愛い!愛情をたっぷり注がれてマリーゴールドさんも幸せな人生?花生?だと思います。
    我が家もプランターにマリーゴールドを植えています。同じく鮮やかな黄色とオレンジ色の2種類です。黄色の方はなんとか育っていますが、オレンジ色の方はだんだんと小さくなってきている様子。だいたい毎年買ってきて植えるのですが、なぜだか上手く育ってくれないんですよね。いい香りがして可愛いのですが、私には難しい花です。っていうか、cimicoさんほど手をかけていないので、愛情が足りんのか・・・
    マリーゴールドのほか、この季節インパチェンスやペチュニア、アメリカンブルーなんかも植えてます。
    花っていいですよね。心が和みます。

    花を愛でつつお勉強もぼちぼち頑張りましょうね。(^^)/
    夏スクでお会いできたら嬉しいです♪

    1. おさんぽさん

      お久しぶりです♪
      ウチのマリーゴールド、何とか盛り返してくれましたが、、、この先、大切な光合成工場である葉っぱをいかに健康に保つか、が大きな課題になっています。指南の書には「花が古びたらすぐに剪定、葉っぱもマメに刈り込むように」とあったのですが、如何せん初めてのことで、写真のマリーゴールドさんたちにはおっかなびっくり接しております。

      そうそう、うちの朱色のマリーゴールドも、最初に連れてきたときよりも花が小ぶりになってます。しかし、蕾の付き方が黄色のよりも旺盛なので、恐らく栄養が分散されてしまっているのだろうと考えています。これはこれでカワユイ♡ので、いいかと、敢えて蕾の剪定はしないで見守っているところです。

      植物を育てながらその様子をじーーーっと観察するのなんて、大人になってからはなかったことだったので、すごく面白いです。あーでもない、こーでもないとお世話に集中していると、世間の喧騒を忘れられますね。あはは。

      また夏スクでランチいたしましょう。
      今年も楽しみにしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。