デモクラシーという問題

 本日、昼食を食べながら、見逃していた『戦後史証言PROJECT 日本人は何をめざしてきたのか 知の巨人たち』というシリーズの第3話、丸山真男の回をNHKオンデマンドで視聴いたしました。戦後民主主義を日本に根付かせようとした知の巨人・丸山真男の話題でした。
『ヨーロッパ思想入門』で古代ギリシアのデモクラシーについて読んだばかりの私の脳裏に浮かんだのは、ソクラテスとプラトンです。そして、番組にも触れられていた福沢諭吉先生も、慶應通信入学前の2012年夏に『文明論之概略』と『学問のすゝめ』を読んでおりましたので、閃きました。

 この問題について、私はまだ自分の考えを明確にする段にありません。ここは『ヨーロッパ思想入門』の長めの引用で凌がせて頂きます^^;

 アテナイの民主政治はソクラテスを死刑に処した。師のこの運命のうちに、プラトンはアテナイ政治の腐敗を見た。しかし、政治のこの腐敗は国家の体制を変革することのみによっては、癒されない。それは、二十一世紀の私たちが依然として現に見ていることだ。この腐敗は、国家の実質である市民各自の精神の浄化によってしか、癒されないのである。
 政治の世界において、このような考えはなんと非現実的な、そして迂遠な道であろうか。だが、ソクラテスのはじめた仕事はこの道を歩むことだったのであり、彼に出会って政界に乗り出すことを放棄したプラトンの見定めたものは、師の跡を追ってこの道を歩み続けること以外に、真の政治を実現する方途はない、ということであった。「ソクラテスだけがたった一人のほんとうの政治家だった」(『ゴルギアス』五二一D)というプラトンの言葉は、このことを言っている。

 そして、福沢先生は、『文明論之概略』と『学問のすゝめ』で、「愚民であってはならない、独立自尊の精神を持ち国民になるべし」と主張されています(私の理解が間違ってなければ、ですが)。

 「精神の浄化」とか「愚民」とかいうコトバの文字面を見ると、骨髄反射的に目前の現実に当てはめて考えることに抵抗を覚え反発したくなるのですが、それじゃーだめでしょう、と自分を戒めるコト幾たびか。。 とりあえず当てはめてみて観察し考察するための精神力と思考力がちっともなくて、溜息をつくコト幾々たびか。。。

 丸山真男ドキュメンタリーを見て、プラトンとソクラテスと福沢先生が閃いた、という表面的な話題だけで今のところはお茶を濁させていただきます。観察と考察と行い結論を表明するのは、きっといつか、きちんと考えられるようになるその日まで、お預けです。

※参考までにNHKオンデマンド『戦後史証言PROJECT 日本人は何をめざしてきたのか 知の巨人たち 第3回 民主主義を求めて~政治学者 丸山真男~』のURLを以下に貼っておきます。
http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2014057177SC000/

デモクラシーという問題” への2件のフィードバック

  1. cimicoさん、こんにちは~!

    西洋思想史はもっと勉強しなければといつも焦っている辺りですが、未だ全くのちんぷんかんぷんです(゜.゜;) 
    丸山真男のドキュメントを観てソクラテスとプラトンに結び付けて考えられるなんて素晴らしい~ 丸山真男もちんぷんかんぷんなのですが…(2類のくせに・汗)

    でもでも、この「戦後史証言~」という番組はときどきマニアックなものをやってくれるのでたまに観ています。3日(日)に大本教について放送があるようですが、これ結構面白いんですよ~ ちょっと怖いけれど(笑) 

    1. 楼蘭さん、こんにちはっ!

       丸山真男とソクラテス&ブラトン、これは「考えた」というよりも「思いついた」というレベルで、もう少しマシな記事は書けないものかとアレコレ考えたのですが、力及ばず・・・というのが実態なのです^^;
       この実態を少しでも改善していかねばと思うのですが、思想や哲学、過去の歴史的事実などを勉強しようとすると、かなり胆力を振り絞らないとキビシイなという手応えを感じております。

      NHKがこの時期に作る戦争関連の番組をちゃんと見るのも、かなり胆力が要りますよねぇ・・・(゜-゜)。

      (ここでチョイと検索・・・)
      「日本人は何を考えてきたのか 第9回「大本教 民衆は何を求めたのか」
      これですねっ!
      3日は仕事なので、後日オンデマンドで、胆力を振り絞って拝見します。番組情報、ありがとうございました(`・ω・´)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。