私もマリーゴールドを見習って、

 きょうは6月最後の30日です。そう、最後なのです。6月が終わるのです。なんと、6月には31日がないのです! やるべきことをしっかり見定め、集中力を奪う煩悩や好奇心には蓋をして、秋の収穫期を目指します。
 秋の収穫期の前には、一つのピークがやってきます。それが先日許可を頂戴した夏スク英語Wです。

 7月早々に、大学の科目試験なるものがあります。一応、唯一のレポ貯金科目である法学概論を申し込んでおりますが、、、 夏スク英語Wの抽選結果を見た時に、8月まで英語以外の科目には手を出すまい、と決心しました。

 現時点の、英会話教室での私の聞き取り度は50%凸凹だろうと思います。冷静にジャッジしているつもりですが(人は自分の能力の高さを判断するとき、盛り気味になるといいますからそれを割り引いているツモリ)、もしかしたらもっとダメかも。
 ニュースや映画、登録している英語の公開講座の講義などなどを見聞きしたとき、きちんと意味を持って耳に引っかかってくれる単語は増えているという手応えはあるのです。しかし、文法が弱いのです。文脈が掴めずに、何度も聞き返さないと文のフォームを認識できません。
 で、そんな私の今の学習状況はと申しますと、『ロイヤル英文法』をチマチマと読み進めつつ、会話では省略させる「S+V」とか、代名詞の主格と目的格のあれこれとか、句動詞の使い方とか、「あっ、そういうことだったのか!」という驚きや発見をテンコ盛りにしているところです。「文法書を3回通読せよ」という『英語達人塾 ―極めるための独習法指南―』(斎藤兆史、中公新書、2003年)のご指導は本当である、と実感しております。

 こんなンですから、一か月半後の英語Wに向けて、全力を傾けるべきだと判断しました。法学概論は、この度もまたレポ貯金としてそっと仕舞いこみました。とにかく『ロイヤル英文法』の通読を済ませ、次に用意してあるトレーニングに移行せねばなりません。

 そして週1回の英会話教室は、ネイティブ先生の英語に直に触れることのできる貴重な機会です。どんな話題でも、どんな流れになっても、必ずそこにある先生の英語フィーリングをまるっと頂戴できればいいなと思っています。

I should try to make the most of every opportunity.
Yes, I can!

Probably!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。