夏と英語のWriting

 先日、大学から届いた振込用紙にて受講料を支払いました。これで履修はほぼ確定です。夏真っ盛りの8月の真ん中は、私の思惑通りに英語と仕事に明け暮れる日々になるはずです。

 そして、なかなか思惑通りに行かないのが、スクーリング本番を迎えるための予習。。。 大学と職場と自宅をグルグル廻ることとなる夏期スクーリングでは、いつも履修中に十分な予習&復習時間が取れなくて苦労しています。
 もちろん、苦行を承知で履修しておりましたので、履修1カ月前には予習に着手していました。んが、これまでに満足のいく予習が出来たタメシがありません。参考文献を探すだけで満足してしまったり、読み始めてもタイムアウトで中途半端になってしまったり、明後日の方向に暴走してしまってマッタクモッテ役に立たなかったり、、、

 しかし、今年は、、、下手は打てません。効果的な予習を消化できなければチョットまずいことになるぞ、という危機感をヒシヒシと感じます。だって、今の私耳はとっても優しい英会話教室の先生の話す英語でさえ、ちゃんと聴き取れないンですから。。。
 このまま、普通に英語で行われる講義を受けたら・・・、ロクなことにならないのは火を見るよりも明らかです。

・・・・なんとかせねば(-_-;)

 『ロイヤル英文法』通読トライアルは、まだ一度目の通読が終わっていません。ただいま形容詞を過ぎて数詞に入り副詞に向かう300頁付近を徐行中です。300頁読んでも、まだ半分に満たない。この本ったら付録と索引を覗いても802頁あるのです。日本語部分を読み飛ばせばとっくに読み終わっていると思いますが、それでは意味がない。できる限り例文を口に出して読んでおりますので、どうしても徐行運転になってしまふのです(例文をもっと速く理解できれば、こんなことにはなってない)。

・・・・これも、なんとかせねば(;一_一)

 ところで、「英語を聴き取りたいときには、その英語を発音できないとダメ」というのは、英語上達指南でチラホラと聞くことですよね。 、、、それでですね、英語Writingの講義を履修するにあたって、私が触れるべき英語は、英語Writingの講義のものなのではないか!? と昨日、閃きました。英語で行われるアカデミックライティングの映像を丹念に見て理解すれば、この夏の講義で使われる英語に役立つのではないかと思うのです。アカデミックライティンングの方法論は、これまでに一通り日本語で伝授されておりますから、英語オンリーの映像でも、ある程度は理解できるはずです。
 と、いうワケで。登録だけして放置していたFree Online Courses『Future Learn』を使ってみることにしました。

 夏の英語のWriting、開講まであとひと月とちょっとです。『ロイヤル英文法』を読み『新・英作文ノート』で英作文の練習をし、『Future Learn』にあるWriting関連のコースで英語に耳を慣らす。今回の予習は、この3本柱で取り組んでみようと思います。

 週に一度の英会話は、生の英語を使う実地訓練です。週一回の力試しと心得て、先生の優しさに甘えてしまわないよう、気を引き締めて取り組みますっ

 

エイエイオーーーーーーー(; ・`ω・´)ノッ
(An old learner will go on trying! )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。