読了

 昨日深夜、すなわち今日の午前1半頃だったと思います、『ロイヤル英文法』通読トライアル第1ターンを終えました。もう、本当に、ようやっとです。気が付けば、6月9日更新の当ブログ記事にて「これを読み終えるまで他の本は読まない!」と宣言してから、まるっと2ヶ月が飛び去っております。「他の本は読まない」という誓いに、「終わるまでブログも書かない(どうせ愚痴しか出ないンだから、とりあえず1行でも読んどけ)」という悲壮な決意を加えて、802頁。とりあえず、読み切りました。

 肝心の内容を、どれだけ使用歴四十五年のこのポンコツ頭に詰め込むことができたのか、これについては「かなりあやしい」としか申しあげることはできません。ンが、それでも、「ああ、そういうことか!」という発見がテンコ盛りでしたし、何が分かっていて、何が分かっていないのか、という自分の弱点をきちんと点検することが出来ましたから、1回目の通読としてはマァマァだったんじゃないかなと思っています。

 ・・・しかし、ちょっと時間をかけ過ぎました。私が6月に立てた夏の英語計画は「1ヶ月凸凹で『ロイヤル英文法』1度目の通読を終え、7月は2度目の通読を進めつつ、他に用意したテキストを消化、隙間に音源や映像つきのコンテンツを利用し英語耳を鍛える」というドリームプランだったのですが、これは、まさに夢に終わってしまいました。。。
 文法書というヤツは、チョット普通の本とは違いますねぇ、、、たぶん情報量がべらぼうに多いンだと思います。辞書のように使うのは容易くとも、普通の本のように読もうとすると、数ページで頭がヘトヘト、いやはや、もう手強いのなんの。正直、通読道中で何度も挫けそうになりましたから。。。

 そんなときには、大好きな”The Best Exotic Marigold Hotel” の出番でした。ノートに書き留めた、映画の終わりの方にある台詞を音読して自分を奮い立たせました。
どんな台詞かというと、、、、

 “The only real failure is the failure to try. And the measure of success is how we cop with disappointment.”

(あれこれあって、最後の最後に、)

 “And if it’s not all right, then trust me—-
It’s not yet the end.”

 そう、私の兆戦はまだ終わっていません。どんなに予定通りに準備が進まなかったとしても、ダメダメな英語耳にチットモ進歩を感じられず不安が火だるまか雪だるまのように膨れ上がっていたとしても、「ダメなら潔く退場もあり(その方が他の人に迷惑をかけないわよね)」という優しい笑顔の黒い天使の囁きが既に聞こえていたとしても、とにかく前に踏み出だそうとするこの1歩を引込めることだけは、、、それだけは、、、

(Marigold:“The only real failure is the failure to try!”)

そう、それだけは、

(黒い天使:「その方が他の人に迷惑をかけないわ」)

・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。