英語Writing、あす開始デス。

 いよいよ明日の朝より、英語で漬物になる6日間がスタートします。きょうはお休みでしたので、最後の準備に勤しみました。
 最初の4日間は、午前中に日吉キャンパスで英語漬けになってから、速やかに職場へ移動し繁忙期のお仕事を「イエヤットーーーゥ、コレデモカッ、、、 フッ、キョウハコノヘンニシトイタルw」とやっつけ、帰宅は午前様というスケジュール。なんとなーーーく、チョット高濃度に過酷かも知れない日々になるかもしれないなぁという霞のように不明瞭な予感がふんわりと漂っている気がそこはかとなくしますが、、、まぁこれも1年365日あるうちのたったの4日間だと思い込めば、たいしたことはないはずです。幸い天気予報は雲と傘のマークでこの日々を涼しく彩ってくれています。ラスト2日間はまんまと休日になっておりますから、思う存分英語だらけになれそうです。
 ですから、とにかく、気合と根性を絞り出して何とか最初の4日間を凌ぎ切れれば、後の2日は時間がたっぷりとれますから、とりあえず6日間を完走することは夢ではないのではないかなぁと妄想しています。

 というわけで、最初の4日間は家事をしなくて済むように、掃除&洗濯(大物を含む)を入念に行いました。洗濯に関しては、お天道様が泣きっ面になりそうで、晴れているのに洗濯をしないときに感じる罪悪感も感じなくて済みそうです(Good,good♪)。

 リスニングに関しては、もうジタバタしてもしょうがないので、先生の英語が聞き取れなくても、最大限の推測を働かすことで授業にしがみついて行けるよう、講義のシラバスを再確認しました。与えられるハズの題材に関する話題をあらかじめ用意しておくという予習行動は、かねてより考えていたことでした。ので、先週の休日に軽く当たりを付けて寝かしてから、本日それを適当に掘り出しました。取り出した話題は、シラバスにあるキーワードに照らして、ゆる~く整理整頓してあります。
 これに関しては、講義要綱にあるシラバスに、非常に分かりやすく「何について書くのか」が明示されていたので助かりました。過去に「講義要綱にあるのは、非常(識)に速い時期に、とりあえず出せと言われるので出したシラバスです。この通りに進まなくても当然と思って下さいね」という雰囲気の発言を幾人かの担当教員の口から幾度となく聴いていますが、、、まぁ、今回の英語Wで取り上げられる題材に関しては、75%以上の確立で(perhapsレベル)で変更はないんじゃないかなと、考えております。

 ・・・しっかし、話題、資料もしくは素材の掘り出し作業というのは、やればやるほど不十分な点が明らかになるもんですねぇ。初めて芽生えた興味を十分に育てられないというのも、悶々としますが、、、如何せんもう時間がありません、最初の4日間は今日掘り出した得物で勝負するしかありません。がんばります。
(ちなみに、私には「大的外れ」という不名誉な得意技がございます。ええもう、これ昨年もカマしました、真の得意技です)

 

 さて、最後の準備として、もう一度だけ、2013年夏に履修した英語Wのテキストに目を通しておこうかな。アカデミックライディング関連の単語だけでもしっかり聞き取れるように。。。

明日からの6日間を、
何とか完走できますように(-人-)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。