快哉、快哉♪

柳瀬尚紀『翻訳はいかにすべきか』岩波書店、初版2000年1月

 一昨日の夜は赤ワイン2杯で強烈な睡魔がやって来た。これはいけないと、夜の9時前に布団に撤退、目覚めたのは、翌朝の7時45分だった。この起床時間は、先日完走した英語Wの道中6日間に設定していたもので、もうこの設定は必要なかったのだけど、体が勝手に起動したようだった。さもありなん、近年稀にみる厳しい日々だったから。

 起き出して溜まった家事を一通り済ませて、机に向かってみた。けれども、どうも我慢が効かない。じっと座っていられない。すぐに背筋がくたっとなる。これは自分で思っていた以上に疲れている証拠だろうと、日中の勉強は諦めて、かねてより読みたいと思って積読山に放り込んであった本を抜き出して、背もたれ用のクッションをひっつかみ、体を寝室の畳の上に投げ出した。

 ごろごろごろごろと、畳の上を気ままに転がりながら読んでいたら、この本ったらやたらと面白いから、ころころころと笑う羽目になった。ごろごろころころ、ごろごろころころ。夕食を済ませた頃にはさすがに背筋もシャンとしてきたので、炬燵の座椅子に座って、一気に読了してしまった。

 実は今、この本にとっても痛い引用を見つけてしまって、ちょっと決心のようなものをしようとしている。どんな引用だったかというと、孫引きになって恐縮だが、ちょっと引かせて頂く。

 むだ口。拙き筆とわざわざ断らでもの事なり、蛙が蛙と名乗りたるに何の妙かあるべき。(66頁)
※体裁を再現できず。表記も現代のものに改めました。
※出典は『三人冗語』『雲中語』の翻訳批判

・・・・これには、大笑いしちゃたけど、、、同時にやたらと痛かった。私はよく自分で書いたものを駄文駄文と断わっている。この逃げ口上の首根っこをエイッと押さえ込まれた気がした。駄文なんだからしょうがないダロウとか言うのはよすべきなのかも。結果駄文になったとしても、しっかり書くべき努力は怠るべきではない、のだろうなァ・・・(斜め後ろに目線とため息を一つ、落とす)。

 翻訳とはいかにすべきか。英語の勉強を始めて、英語を読むようになって、英作文もするようになって、翻訳ってどうすればいいのかなぁ、と少し考えていたところだった。著者は「翻訳は日本語の問題である」(2頁)と断言してくれた。

これは、まんまと考えるヨスガが手に入ったぞ。
快哉、快哉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。