夏と英語

 私が慶應通信入学を決めたのは、2012年の初夏でした。
願書の作成&提出を済ませたあと、取り組んだのが中学校レベルからの英語の学び直しです。大学の教養課程での単位取得(レベルは高くなかったハズなのに成績はすべて”可”)後約20年、英語のEの字もない環境で生きて参りました。苦手だった英語の力は錆びつくどころか、風化しすり減り影も形もないくらい・・・
「このままではマズイ・・・」、という危機感でいっぱいの夏。私は凡そ20年間の放置を経て英語の学習を再開したのでございます。
SAMSUNG 当時テキストとして使っていたのはコレ↑です。ノートに例文を写し、分からない単語を調べ(情けないことに、驚くほど分からない単語ばかりだった)、ゆっくりと最後までやり切りました。これを終えたころには、合格通知を頂き、配本もされていたと思います。
下準備を済ませ、おもむろに慶應通信のテキスト英語Ⅱを手に取りました。
(※Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅶと4つのテキストがありますが、この中で一番易しいのはⅠではなくⅡ)

 2013年の夏は、といいいますと、スク英語Wの予習で冷や汗をかいておりました。取り組んでいたテキストは、

 English-W-text↑コレです。

 1年前に中学レベルの英語をお浚いしていたんですよ。それで一番簡単なハズの英語ⅡをC抜けとか、とにかく英語力は抜群に怪しいのに、、、夏スクのひと月ほど前だったかなぁ。自宅に届いた指定のテキストが、まさか全部英語とか、本当にもうビックリでした。。。
 昨年の今頃は、とにかく必死にこのテキストを読んで、Exerciseにそれこそガムシャラに取り組んでおりました。
「アツかったね、昨年の夏」(稲村ジェーン風で)です。

 さて、問題はですね「それでは2014年、すなわち今年の、夏であるいま私は何をしているのだ」、というコトです。ツイッターで英字新聞のツイートを眺め、興味のある記事を気まぐれにプリントアウトして、適当に読み流す。プリントには分からない単語を書き込んでいるけれども、それだけでオシマイ。気が向けばゴガクル、時間があればニュースで英会話、時々English Centlar・・・すべてダラダラと適当。
オイコラッ、こんなんではせっかく昨年鍛えたわずかばかりの英語力が、この暑さで溶けちゃうんじゃないのか!? 

 この記事は、一昨年や昨年の、あの危機感と憔悴の日々を、懐かしむだけで終わりなのか?
(;一_一)








アッ( ´Д`)!
PCから目を逸らした私の目線の先にあったのが、

SAMSUNG↑コレです。

 本棚に燦然と輝く黄色いお姿!
(買ったのをすっかり忘れていたっ!)
この参考書には確認問題がありますので、この夏は、これに取り組むことにしました。
夏の自由課題は、脱皮以来姿を見せないヤモリは諦め、メリーポピンズ(これは確か1年以上前の丸善洋書セールで500円だったヤツ)を読むことに。

よしッ、2014年夏の英語は、これで決まりです(`◇´)ゞ

13件のコメント

  1. 向学心は好学心に変換され、向上心は恒常心と変換されるソフトもあるかもしれません。いつも感心してます。メリーポピンズは楽しそうですね。流れがわかるだけ、読みやすそうかな。
    脱皮のヤモリ、Yamori → Yimori になったのかもしれません。またご帰宅になられることを念じます。
    向暑、夏スクに向けてご自愛ください。

    1. ドラさん、ありがとうございます。

       向学心と向上心、思うにこれは瞬発力的な心ですよね。そして、好学と恒常は、継続的イメージ。私には明らかに後者が不足しております。どんなに良いアイディアや計画を思いついても、それらを実現させるためには、継続力が不可欠なのに、、、、orz

       欠点が把握できたのであれば、あとは克服。
      そう思い極め、匍匐でも前進を目指す所存ですっ(`◇´)ゞ

      Yamoriが Yimoriになったら、お腹には赤い南無阿弥陀仏です。
      有難さは増しますけれども、生息地は水辺。やはり戻ってこないのでしょう。。。
      会者定離でございます。

  2. いつもながらcimicoさんの計画的学習姿勢には脱帽です。
    ヤモリさんはその後現れないのですね。
    ヤモリさんへの想いを英語で綴ってみてはいかがでしょうか?

    1. Oh…o,o,ok. I will try to write it(>_< )! I miss you... When I met you, Yamori(is Japanese gecko), in my room, you was hiding in the gap between ceiling and wall. However, I discover your skin you shed, which it allowed me to uncover you. “You are so cute!”, I said in small voice despite oneself. I was very glad to see you. Now, I can’t find you in my room. I think so it is good because you are a wild gecko. So I think but I miss you... This is the best writing I can now!<(`^´)>
      I worry about if you can understand my poor writing…(´・ω・`)

      1. cimicoさん

        まさか本当にお書きになるとは…
        今夜の私は悲しみの中にいるせいもあるかもしれませんが、cimicoさんの文を拝読し、とても切ない気分になりました。
        ヤモリさんにもcimicoさんのお気持ちは十分に伝わったことでしょう。
        多少の間違いはあっても、英文で人の心を動かせるのですから、cimicoさんの英語力はしっかりと体温を持って生きていますね。

        1. catsrusさん

          偶然とはいえ、過ぎ去った存在についての寂しさで共鳴してしまいましたね。しかし、寂しさ大きさは、私の比ではないでしょう。悲しみに達する、You miss her.ではなかろうかとお察しいたします。

          千の風になるのは、人間だけではないと私は信じます。生きていたものが命を失う時、きっと千にも億にもの風になるのです。
          御母堂猫さんが、軽やかで優しいそよ風になって、娘ネコさんとcatsrusさんを訪れますように!

  3. catsrusさんのコメントを読んで、ドラはcimicoさんが2時間ばかりで書かれた英文での心中暴露への驚き(若干の安心を含めて?)よりも、「今夜の私は悲しみの中にいるせいもあるかも」の方にも心が騒ぎます。
    Take it easy, please.

  4. 続きです。
    catsrusさま
    私はブロガーの方々を詳しいわけではないし、若い時から注意散漫なたちなので、「悲しみ」のブログがわかりませんでした。でもいろいろなブログを確かめてみてわかりました。
    心の底に染み透るブログを読ませていただきました。
    23年、素晴らしい猫生でしたね。親子の写真を拝見させていただくと、やはり、母というか、女王的気品が感じられますね。
    cimicoさまのブログコメント欄をお借りして、悲しみのおすそわけの一端を…。

    1. ドラさん

      此方を借りている場合ではありませんっ
      ドラさんのコメントを、catsrusさんが、読まれるかどうか不確実にも程があります。

      どうかあちらへ、御母堂猫さんへのお悔やみコメントをお届け下さいませ。

      ・・・かく言うわたしは、少々お酒に酔ってます。
      御母堂猫さんのブルーアイズが胸に刺さっての献杯です。
      発言に行き過ぎがありましたならば、容赦を!

      1. cimicoさん、ドラさん おはようございます。
        朝の葉山にてお二人のコメントを拝読し、心をとても熱くしております。これは湘南の陽射しに負けない位の熱さです。
        そして同時にお二人の掛け合いが少し可笑しくて泣き笑い中…
        お二人の優しいお気持ちに感謝申し上げます。
        どうぞ健やかな日曜日をお過ごしください。

        1. catsrusさん、おはようございます。

           きょうはまた夏が磨きをかけたようで、暑いですね。
          気象庁のホームページで確認しますと、関東には赤い数字がたくさんありました。これは溶けます。

          葉山は都心近辺よりは涼しいようです。数字がオレンジ色でした。湘南の風と日差しと海は、きっと涙を乾かしてくれます。
          ごゆるりと、素敵な休日をお過ごしくださいませ。

          1. こんにちは
            度々失礼致します。
            昨夜cimicoさんとドラさんに悲しみのおすそ分けをしてしまったお詫びに、今日は喜びのおすそ分けをさせて下さい。
            昨日旅立った母猫の飼主宅で今日の午後、雨でびしょ濡れだった仔猫を保護し、家族として迎えたそうです。
            ぜひ「さようなら お母さん猫」への一番上のコメントのブロガーさんの記事へお飛び下さい。
            心なしか、ふわっふわな感じがお母さん猫を思わせますし、巡り合わせの不思議さを感じて頂けるでしょう。

            ※cimicoさんのせっかくの英語学習の決意記事を猫記事に変えてしまいましたこと、お詫び申し上げます。

  5. catsrusさん

    ふわふわの子猫、見てまりました♪
    か、かわゆらしいーーーーー・・・
    (触ってみたい・・・)

    そして何より、不思議。
    ほんわりとする、不思議です。
    お知らせいただき、ありがとうございました☆

    そして、
    ものすごーく久しぶりにSentenceではなく、Paragrphを捻り出しました。昨年の夏スクでは、4 Paragrph Essay を課題と試験で必死に書いておりました。決意を記事にした後に、さらに背中を押して頂いた、と思っております。
    それが御母堂猫さまの追悼に繋がって、ふわふわ子猫ちゃんにまでご登場いただけたわけで、お詫びも何もありません。お気になさることはありませんよ。すべて、脱皮以来顔を見せないウチのヤモリのせいだと思っておりますし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。