このBlogの名前

 いま表示されているヤツに決めました。理由は「来し方を振り返れば道草は日常茶飯事だし、そもそもブログを書くという行為自体が日常の中の道草のようなものだし、私は道端の草木を立ち止まって眺めるのが大好きだし、何かに取り組んでいるとき立ち止まって考えるコトは大切なことのように思えるし、もうこれでいいんじゃない? “道草” という文字の持つ適当感はかなりいい感じだしさ」です。

 演目は5文字か7文字というのは浄瑠璃にある決め事です。例えば、日本三大浄瑠璃の『仮名手本忠臣蔵』、『義経千本桜』、『菅原伝授手習鑑』。ちゃんと5文字か7文字になってます。今回はこれも踏襲しています。『道・草・d・i・a・r・y』で7文字です♪
 
 漢字とアルファベットの混合業は、加藤郁乎の詩に倣いました。先日読んだ柳瀬尚紀『翻訳はいかにすべきか』で「読むベシ」と推奨されていた3者のうちのひとりで、図書館から本を借り出してあったのです。
 大好きな与謝野蕪村の、なかでも一番好きな、

春の海ひねもすのたりのたりかな

という歌が頭にこびりついて離れず、『のたりのたり帖』とか『ひねもす蔵』とか、この歌の言葉を拝借することからなかなか離れられませんでした。しかし、言葉の響きは良くても意味がそぐわないンじゃしょうがない。しょうがないから、この響きから頭を切り替えるために、近くに積んであった『加藤郁乎詩集』を手に取って畳の上にダイブしたのでした。そして、間もなく一発感化されました。

例えば、詩集の中の『麦酒篇』、

麦酒地にユウレカ絶ゆる吹きながし
麦酒かの長江下るおもひでや
頬なゝめ麦酒ななめのネガディーフ
麦酒日に一回性の花を降らし
旅人手を手にへんぽんと麦酒なる
nostalgia ZERO
(以下略)

とか、『こっくり』の中にある、

(前略)

間道、似非うぐいすの Allegory

(以下略)

、、、とか、久しぶりに文字で頭を殴られたような衝撃的を言葉から受けました。一体全体何なんでしょうね、これは。詩って何なのでしょう? どこに向かって言葉を紡いでいるんでしょう? この言葉たちのリズムと意味の迫力を心底理解するためには・・・これは、相当な教養がなくては無理なんじゃなかろうか。とか、ぐるぐるぐるぐると考えました。

 考えて、そこまでは無理と観念し、いっそのこと平素&安易でよかろうと、このタイトルに決めたわけでございます。適当さ加減が命です。これなら何を書いても大丈夫なんじゃないかなと、ビール片手にほくそそ笑みつつ、今これを書いています。

 

夏が背中を見せ始めたようです。
振り向けば、遠くに秋の気配がある9月になりました。

道は平たんではないけれど、
そのぶん道端の自然は興味深く、
道草のし甲斐もあろうというもの。

キャンパスで収穫したこの夏の成果を盛り込んで、

再出発です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。