当ブログの看板に偽りありっ※訂正版

 問題は、“Diary” でした。これって「日記」です。日記は毎日書くものでした。うっかりしてました。ブログを毎日更新するというマメさは、私という人間の中には見当たりませんでした。正に「看板に偽りあり」です。

 、、、というわけで、本日より『道草diary』改め『道草ノート』『道草のnote』となりました。今度こそ、これで決まりです。「道草」という言葉の適当さと、「ノート」 “note” という単語の許容範囲の広さを頼みとし、生涯学習のあれやこれやをここに私なりの言葉で書き綴って参りたいと思います。
(※漢字とアルファベットのコラボレーションは諦めました…orz)
(そして、復活。…スミマセンf(^^;)

 せっかくですから近況を少しノートしておきます。学習は相変わらず英語が中心なっておりまして、ちょうど今私は “Would” の壁にブチ当たっているところです。たぶん、柔らかさや曖昧さを文に与える語ですよね、これ。柔らかくて曖昧なものって、硬くて明確なものよりもずっと掴み辛いんだといういうことを痛感させていただいている今日この頃です。
 ・・・実は、適当にしかし毎日毎日英語に触れ続けていればそのウチこの言葉の感覚を体得できるんじゃなかろうか、と甘ーい期待を抱いておりました、、、 しかし、先日、うっかり英会話教室でドンと分厚い壁にぶち当たってしまいまして。ぬるぬると鰻のように掴めない意味に頭がフリーズするという事案が発生しちゃったのです。私の英語力では時期尚早だったのだと、克服の試みを後回しにして逃げることはできますが、、、できますが、、、でも、せっかくです。きっと、これは好機の到来だったのだと思い込むことにしました。
 曖昧さを鷲掴みにするために、とりあえず“would” を使っている例文や映像の英会話のシーンを貪ることを始めてみます。

 あと、すっかり忘れていたのですが、大学からのお知らせメールを見て思い出しました。私、放送授業というヤツで、ドイツ語とフランス語を履修していたのです。大学からのお知らせは、この科目の試験日とレポートの締切り日をしっかり確認せよという注意勧告でした。

 

うーん、、、
これも、せっかくだから再開しちゃおうかな、英語以外のお勉強。
これこそ時期尚早か。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。