多治見で落語

 久しぶりに、柳家小三治師匠の落語を岐阜県は多治見で聴いて参りました。ちょっと泣きました、大いに笑いました、そして、深い感慨を覚えました。
 まず、この多治見詣でには「この落語を足掛かりにして田舎に顔を出しに行く」という目論みがありました。郷里の岐阜には3年ほど足を踏み入れていなかったンですよね。あははは。あれこれごちゃごちゃしている間に3年という歳月がまったくもって情も容赦もなくさっさと私の傍らを通り過ぎて行った、というのが主な要因だったのですが、、、とにかく、帰郷するためには何か切っ掛けが必要なほど、私の足腰は重くなっていたのです。
 古い知人に誘われて横浜にぎわい座にさん喬師匠の落語を見に行ったのは、4月の始めのことでした。これ勢いを得て返す刀で、次は以前追っかけていた三三さんの落語を見に行こうとチケットを探したのです。しかし柳家三三は人気者、なかなか直近ではチケットを確保できません。ふらりと寄席にでも行こうかなァと思いながら更にチケットを物色していると、岐阜は多治見で親子会があるといふ。そういえば3年ほど郷里の郡上に帰ってなかった。岐阜で三三さんだけでなく小三治師匠の高座も見ることができるなら、こんなにいいことはないだろう、とこの落語会の先行予約抽選に臨んだのでございます。

 小三治師匠ほどではありませんが、長い枕になりました。昔落語ブログを書いていた頃を思い出し、久しぶりにあれやこれや書いてみることにいたしましょう。


▽柳家小かじ『狸の札』
▽柳家三三『転宅』
~仲入り~
▽柳家そのじ『端唄』←演目は、たぶんこれ。
▽柳家小三治『粗忽長屋』

【バロー文化ホールin多治見、2017年9月14日、19時~ 】

 まず、びっくりしました。入口で頂戴したチラシの一等上にあった、ちっちゃなメモ用紙の添えられた白い紙、丁寧な手書きの文字のいっぱいに書かれていたのを読んで、心の中で「えーーーー~????」と素っ頓狂な声を上げました。た、たぶん、声にはなっていなかったと思うのですが、もしかしたら、ちょっと出ていたかも知れません。
 とにかく驚いたのです。なななーんと、小三治師匠が手術のために高座をお休みなさっていらしたとは! もうずいぶんと長い間、過去のブログを調べてみると最後の落語記事は2010年の8月の三三さんの独演会だった、というっくらい長いこと、落語からきれいさっぱり遠ざかっておりました。大学生に返り咲いて、こちらに仕事以外の時間を集中させておりましたし、学費やら何やらでお金はないし、、、とにかく「時間も金もない」という、世のなかで一番スタンダードでマスタード、辛い辛~い理由のあるがために、落語に関するあれやこれやは私の頭の奥の奥の倉庫の中に仕舞いこまれていたのです。春にさん喬師匠がちょっとそこを開いてくれて、夏は英語漬けになり、さぁお楽しみの秋ですよ、と多治見に行ってみるたら、これです。そりゃー驚きます。
 そして、今回の高座が師匠の手術明け最初の高座なんですとっ!? と驚きに輪がかかりました。「師匠お帰りなさいサプライズにご協力ください」という趣旨の白い紙を読み終えて、メッセージ用の小さなメモを前にして思い出したのが、『千早振る』の師匠の「えーーー~???」です。落語でおなじみの熊さんだか八っつァんだかが、これまだお馴染みの横丁の隠居あれやこれや吹き込まれ、ご隠居の説明のあんまりにもヘンテコなのに「えー?」と言った場面のちょっと高め調子の、あの「えー?」です。ちょっと引いた間のあとの素っ頓狂な様子に、ドッと沸いた客の声。あれは新宿の末廣亭で、2008年の6月下席・夜でした。まだ私が落語初心者だった頃に聴いた、師匠の「えー?」でしたが、あの声と場面は今でも鮮明に思い出すことができます。たぶん、卵から孵った雛が最初に見たものを親と思う『刷り込み』のようなものだったのかもしれません。あの「えー」が私の中では最高峰の「えー」になっています。

あ、噺がマクラに戻ってしまった。。。
そろそろ開演にいたしましょうw

 ▽申し訳ございません、「小」の字のある小かじさんだったので、小三治師匠のお弟子さんかと思ったら、なーんと、小三治師匠のお弟子さんの三三師匠のお弟子さんでしたっ(落語協会HP『芸人紹介』ページ)。つまりは孫弟子さん。で、噺は、狸の恩返しのあれやこれやが可愛らしい『狸の札』でした。少し展開が高回転気味だなと感じたのは、たぶん「早く小三治師の顔が見たい」という自分の心境のせいもあったかな。そもそも落語を聴くのが久しぶりだということがあったンだと思います。しかし、子狸の可愛らしさは十分だったし、楽しい一席でした。アリガタヤ、アリガタヤ。

 ▽次は、本来お目当てだったハズの三三師匠。白い紙のお蔭さまですっかりオマケになってしまっけれども、今回はショウガナイでしょう。何しろ小三治師匠の復帰の日だったんですから。枕で「枕の長い噺家はァ○○○」みたいな憎まれ口が出て来るのも、そこに小三治師匠がいるからこそで、私も遠慮なく大笑いさせて頂きました。落語ってやっぱり面白い。
 噺は、妙齢の義太夫美人が、家に上がり込んだ泥棒さんをその語りで丸めこんでやり込んちゃう『転宅』です。さすがは三三さん、安心してコロコロと笑っていられました。
 そーいえば、この方の落語が私の落語の始まりで、あの時は鈴本で『ねずみ穴』という落語を聴いたのですが、2010年以来となった三三さんには程よい軽さを感じました。気のせいかもしれません。何しろ7年ぶりでしたから。自分の頭の方が軽くなっていた疑惑は拭い去れません。これは検証に行かねばならんでしょうね。
 はてさて、ものすごく行きたいけど、、、再び「時間も金もない」生活に戻らねばならないし・・・
うーーーん(´・_・`)。

~仲入り~

 ▽久しぶりに三味線の細棹の音を堪能しました。そのじさん、落語家さんの出囃子をたっぷりと聴かせてくださいました。客席からのリクエストで「立川談志!」という声があって「小三治師匠の会なんですけど」と受けたあたりは、さすが寄席のお囃子さんです。しかし、柔らかくていい声でしたねぇ。
 ちょっと、浄瑠璃の太棹の音も聴きたいような心持。。。

 ▽さぁトリです。「とにかく俺は小三治でよかった」が、あのチョット長めのマクラの結論だったと思います。ほんと、師匠が「大三治」(あはは)じゃなくてよかった。噺はのんびり粗忽とそそっかし粗忽の二人組の尽きぬ抜けた粗忽っぷりが抱腹絶倒の『粗忽長屋』。さすがに「頸椎を手術して並び替えた」(当人談)後でしたから、あれなんですけど、そこは粗忽長屋だし、落語が完璧だなんてつまらないし、ちょっとした咳があってもそれを一部としてこの日にしか聴けない噺になったんだから、それでいいんだと思いました。あくまでも一人の客の立場で思っただけです。
 以前、歌舞伎であるハプニングに遭遇したことがあります。花道で染五郎丈がグルグルグルグ回るシーンがあったのですが、その腰から刀がスポーンと客席に飛んで行ってしまったんです。「ひえぇー」と思ってハラハラしていると、染五郎丈はぴょーんと身軽に客席に飛び降りて「たかじけないっ」(←たぶん)と言って刀を受け取り一礼してぴょんと飛び上がって舞台に戻って行ったのです。あれは素晴らしかった。一人の客として、そう思いました。あの舞台は私の中で特別な舞台になってます。
 何が言いたいかっていうと、、、うーん、なんでしょう。。。 噺や芝居の筋から外れても自然に、それを一部として、筋に戻っていくその芸の自由闊達さ、創造力がなんとも凄いなぁと、思ったんです。これは、その場にいてこそ分かる。だから、出会いたいならそこに行かなくちゃならない。

 

なぜ1日は24時間しかないのだろう?
仕事と勉強が今の私の生活の中心にあります。落語漬けになっていた日々は懐かしいけれど、まだあそこに戻ることはできません。

・・・でも、年に4回っくらいは、季節の変わり目を言い訳にして、落語に行ってもいいかな?

 

  ~~ 追伸 ~~
 この度、小三治師匠の復帰高座に立ち会いまして、ちょっと昔にゑ文というハンドルネームで書いていた落語ブログ記事への窓を少し開いてみることにしました。当時からずっと工事中のページですが、、、私が落語バカだった頃に書いたブログ記事が収まっています。
 幕引き後に客席を眺めていると、ひょろながい高校生っくらいの男子ふたり連れが、実に幸せそうな微笑みを浮かべて静かに話しながら会場を後にする場面に出合いました。ふたりの表情が余りにも穏やかで満ち足りていて嬉しそうで、「ああ、今という時代でも、こうやって噺は広がっていくのかな」と、何となーーーーーーく、感じた次第でございます。
 今よりちょっと若かった時の私のへんな情熱が、落語に目覚めようとしている誰かを後押しできる可能性が、ゴマ粒の中でも極小のゴマ粒ほどでもあるのなら、と思いましたので。。。
 まだ、2009~10年までの記事を加えてなかったり、手を加えなくてはならないところがたくさんあるのですが、とりあえず上げられるときに上げてしまえというコトで、公開に踏み切りました。
 興味のある方はコチラからどうぞ(; ・`ω・´)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。