芋を掘る


 郷里の我が家の裏、父の畑のある風景です。サツマイモ、トウモロコシ、トウガラシ、ナス、モロヘイヤ、オクラ、サトイモが植えられています。これからホウレンソウとハクサイを植える準備をするため畝を作っていた父の周囲をウロウロしていたら、父が「まだ少し早いんやが、サトイモを一株掘ってみい。早採りもうまいで」と申します。で、私は元気よく「掘る!」と返事を致しました。

 これがサトイモです。父の指示通り、小屋から鎌と備中を持ち出してきたところの写真です。このあと一番大きな株を選び出しました。

 これまた父の指示に従い、根元付近から茎をバッサリ鎌で切り落としましたの図。切りたてホヤホヤの断面は淡い薄緑色だったのですが、空気に触れるとみるみる赤くなって行くんですね。鎌を入れて引いたときの手応えは、スパッと軽くて、気持ちいいくらいでした。
 この後、残った茎近辺の適当なところに備中をグサッと打ち込んで根っこをガバッと掘り返します。これはけっこう力を必要とする作業でした。
(うっかり、備中で掘り起こした根っこを素手で畑から引き抜いたため、土で手が汚れてしまったので、ここから土を洗い流すまでの写真はありません)
 そして、掘り起こした大人の頭っくらいの大きさの根っこの塊を父の近くに運んで、何処が食べられるのかを教えてもらいつつ、根っこの解体作業に勤しみました。


 これが、根を解体して取り出したサトイモを水路の水で洗ったあとの図です。一株でこんなに収穫できました。しかし、まだこの状態では食べることはできません。これを台所に持ち込んで、母の指示に従いながら皮を剥きました。金網の笊に芋を擦りつけて皮を剥くというこの作業、芋を掘ったときほどの力は要らないのですが、いやはやこれが一番大変な工程でした。手袋をして作業をしていたのに、隙間から水が入ったのをうっかり放置していたら、手が痒くて痒くて、それはそれは痒くって、でも夕ご飯には絶対に食べたいからと頑張ったんんですが、皮を剥き終えて下茹でをするために大鍋に放り込んだあと、石鹸で丹念に手を洗っても洗っても洗っても痒みは止まず、痒い痒いと騒いでいたら父が痒み止めの軟膏を出してくれて、それを塗り込んでようやく落ち着くという、なんとも物凄い痒さを体験いたしました。
 下茹でしたあとゴマ醤油をまぶして焼いた早採りのサトイモは、とっても美味しかった!!! 、ので、苦労の甲斐は十二分にありましたけど♪
(あ、食べるのに夢中で、写真を撮るのを忘れていました。。。)

 もうもうと茂っていたモロヘイヤの採り方も教えてもらい、実家滞在中は、食事の支度を始める前に鎌を片手に畑に出て、モロヘヤを食べる分だけ刈り取って、さっと茹でて辛子醤油で頂いておりました。思いついて豆腐を混ぜ込んで見たのですが、これがとっても美味しかったです。
(食べるのに夢中でしたので、これも写真はありません。あは)

 今回の帰郷は10~13日の朝まで実家で過ごしました。どこかで福井の永平寺へ行こうと思っていたのですが、、、母の膝の状態が私が思っていた以上に悪くて、畑&台所仕事と、母の買い物の足になることで、実家滞在時間をすべて費やしました。
 まぁ、永平寺へ行って修行するお坊さんを観ているよりも、私を育ててくれた実家の台所を磨く方が功徳は高いでしょうし、作業中は懐かしい風景の中で空気や音を感じることができたので、ヨシとします。

 姪っ子たちと父の畑を手伝って、みんなで収穫したものを食卓にあげてわいわい言いながら食べるという、とっても楽しい時間もありました。
(・・・食後に姪っ子とオセロをやってコテンパンにされたのはナイショです)

 10日以外は平日で郷里の家族はみんなあれやこれや忙しく、私も母の手伝いで忙しくしていたため、祖父の日記は開くこともできませんでしたが・・・

 「また帰ってくればええんや。お前はもうちょっとマメに帰ってこい」という兄の一刺しに「そうやそうや」とみんなが乗っかって、私は肩身を狭くして「善処します」と応じたところで、今回の郡上への帰郷はお開きとなりました。

 

いやぁー
ホント、サトイモ掘りは楽しかったなァ~

チャンチャン♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。