My silent coriander…


 沈黙のプランターです。9月19日に種を撒いたパクチーの種は、まだ土の中で眠っているようです。いったい何時になったら目覚めてくれるのでしょう、、、(T_T)。

 『ロイヤル英文法』の1回目の通読を終えたあと、とりあえず1冊英語の本をしっかり読んで、文法がどんなふうに物語の中で生きているのか確認しようと思い立ちました。で、“The Little Prince” を本棚から抜きだしました。2013年に大学で履修した夜のスクーリング、英語Readingの宿題のため雑に読み飛ばしたことのある、原著は仏語の邦題『星の王子様』です。今回は、読み飛ばさす、ちゃんと意味を取りながら、分からない単語は全部覚えるくらいの覚悟で読んでいます。

 ところで、この “The Little Prince” の中にこんな一節がありました。

 But, the seeds are invisible. They sleep in the secrecy of the ground until one of them decides to wake up. Then it stretches and begins to sprout, quite timidly at first, a charming, harmless little twig reaching toward the sun.

 ちょっと訳を試みますと、「でも、その種は見えない。彼らは眠っている、大地に隠れて、そのうちのひとつが目覚める決心をするまでね。それから、伸びをして芽を出し始めるんだ、最初はかなり臆病に、愛らしい無害な小さな枝を太陽に向けて。」と、こんな感じでしょうか。

 この部分を引用して、何が言いたいかってーとですね、目下絶賛睡眠中の私のパクチーたちのことです。毎朝ポットの様子をうかがうたびに、この一節を思い出すのです。種まきをしてからずっと、繰り返し繰り返し思い出すのです。

・・・いつになった目を覚まして、太陽の下に愛らしい双葉を広げて見せてくれるの?
(How long days you will need to take to wake up??? When can I see your lovely cotyledon in the sunshine? I long to see you.)

 もし来週になってもこのパクチーさんたちの芽が出て来なかったら、、、今度は土を新しくして三度の挑戦に臨んでみます。

 さて、ハナシは飛びますが、今朝布団の中でTwitterを読み流していて、こんな記事を拾いました。『第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本の英語学習』(ニューズウィーク日本版)。本文中に、学校で得た文法・語彙の知識は無駄ではないという主張があったので、タイトルにある「間違いだらけ」というのは、衆目を集めるための強調語(?)なのだと思われますが、英語学習者として、これまでの自分の学習方法を確認・点検する意味で、ざくっと読んでおいて損のない記事だと思いました。
 で、自分が、前から後戻りすることなくザクザクと読み進める「チャンク読み」の訓練を怠っていたことに気付きました。いやはや、チャンクを教えてくれた夜スク英語Rの先生、ごめんなさい、すっかり忘れておりました。。。 

 “The little prince” の読み方にチャンクリーディングも加えねばなりません。読んで、分からない単語と文法を確認して、音読チャンクをやってみます。
 最近、インプットが足りないと感じていたところでした。まんまと記事中に「インプットは重要」と書いてありましたので、読む&聞くの充実を図りたいと思います。特に英語の本を読む訓練に力を入れたいところです。

 

パクチーの芽も出ないけど、
私も、まだ英語で聴いてすとんと英語で理解するところに芽を出せていません。

ホント、一体全体何時になったら芽が出るのだろう???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。