うちのローズマリーです


 先週パクチーの種を撒くための準備の段階に訪れた花屋さんから連れて帰って来たのが、このローズマリーです。マリーゴールドに使っていた古い土に、パクチーを撒くために購入した野菜用の培養土の余りを混ぜ込んで、一番小さい鉢に植え替えました。
 雨の少ない地中海出身の香草ですから、「土は乾燥気味にし決して水をあげすぎないように」、そして「植え替えは得意ではないから根を傷つけないように注意すべし」とガーデニング指南系のサイトには必ず書かれています。
 私なりに、優しく扱ったつもりだったんですが、水やりも最小限にしていたのですが、、、なんだか根元あたりの茎が茶色く変色し始めて、土に近い細い茎に至っては葉が一枚二枚黒く変色し始めたのです。これは、まさか作業中に根を痛めてしまったのではなかろうかという疑惑が一気に浮上して参りました。
 それで、Google先生にお願いしてあれやこれや調べてみたのです。うちのローズマリーさん、太い茎の葉っぱはとても元気に見えます。根腐れを起こしているローズマリーであれば、もう少し葉先が病弱に色あせてくるのではと思いました。ですから、これは土に近い細い茎のもじゃもじゃしている辺りが蒸れているせいかもしれないと考えたのです。

 それで、1ヶ月は苗を安定させるために切るつもりはなかったのですが、、、思い切って、根元近くから出ている細い茎を3本、剪定してみました。それが昨日、12日のことでした。

 この写真(↑)は本日13日に撮影したものです。風通しが良くなるように根元周辺を刈り込んだため、先週拙宅に連れてきたときよりもヒョロンとして寂しげになってしまいました。しかし、たぶん、恐らく、不健康そうな茎を残し蒸れる原因を放置するよりは良いのではと思うのです。。。
 ところで、きょうからしばらく冷たい秋雨の降り続く天気予報が出ています。乾いた太陽がまぶしい地中海からやって来たローズマリーさんの苦手とする天気です。苗が幼いうえに、植え替えから僅か1週間、通気性に優れた素焼きの鉢ではなくて水を保ってしまうプラスチック製の鉢で、中の土も水持ちが良すぎる疑惑が・・・
 なんか、不安しかない状況です。これ以上過酷な条件にならないよう、冷たい雨の降る夜は、和室の出窓のところへ避難させておきましょう。

 

 さて、剪定した茎をどうしたか、と申しますと。捨てるのはもったいないので、食べました。はいw 緑の柔らかそうな部分だ料理に使って、根元近くの硬くて茶色い部分は小さな笊に入れて乾燥させています。

 作ったのは、これ。サツマイモとローズマリーの黒コショウ焼き、長ネギ&鶏モモ肉に、ニンニク&ローズマリーで香りを付けた炒め物です。どちらもオリーブオイルで調理しました。
 チキン料理の方は、まぁ普通に美味しかったです。不味くはなかった。思っていた以上に美味しかったのは、サツマイモです。味付けは黒コショウと塩だけだったのですが、これがサツマイモの甘みを十分に引き出してくれたようです。いけそうだとは思っていましたが、これほどサツマイモにバージンオイルとローズマリーの香りが合うとは!
 このサツマイモ、郷里の畑で姪っ子たちと掘った芋だったので、一際美味しく感じたのかもしれません(^^)。

 ローズマリーを料理に使うのは、これが初めてでした。なんとなく和食系の茶色い煮物ばかりを作ってしまうのです。使う油もごま油かサラダ油ばかり。オリーブオイルはパスタを作るときにちょっと使うだけで、いつも賞味期限に使い切れないでいたのですが、ローズマリーさんがいてくれれば、クレイジーソルトと一緒に軽快に消費できそうです。

 ですから、ぜひぜひローズマリーさんには、拙宅できちんと根を張って頂きたいのです。太陽が出てこないこの秋雨の続く数日を、無事に乗り切ってくれますように。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。