夏スク国際政治論の、私に対する作用を考えてみる。

 いま夏スクで取り組んだ国際政治論について振り返えるときソラで頭に浮かぶのは、「世界の秩序とは何か」です。秩序はどうして必要なのか、秩序はどのようにして保たれてきたのか、そしていまどのように保たれているのか、そしてそしてこれからどう保たれていくべきなのか・・・
 夏スク以前の履修科目選択時に国際政治論を履修しようと思った理由は、日韓中の問題をはじめ、中東に台頭してきたイスラーム国をどう判断すればいいのかとか、ウクライナの西と東のこととか、イスラームやインドの女性の幸せのあり方とか、今の自分では図りきれないコトが、巷のニュースとして溢れていたし、それは今も変わらず溢れ返っているのですが、とにかく考えるヨスガが欲しかったからなのでした。
 分からないから知りたいという履修動機が、今は「秩序とは何か」を考える方向に向かっているのは、山本信人教授の国際政治論を履修した成果であるはず。今回はその点を、夏スクの講義を振り返りつつ考えてみたいと思います。

                   ◇

 講義要綱にあった授業の前提は「政治学の基礎は修得していること」、でした。そして初日に先生が宣言された講義の狙いは国際政治論について、「基本のちょっと上の話」をしながら、「どういう考えがあるのか、どう考えられているのかを知ること」でした。講義道中でも「国際政治に対する感覚と認識の獲得を最優先している」という講義方法についての言及がありました。

 話題は多岐にわたり、「日本から見た北朝鮮」、「アメリカの冷戦期とその後の国際政治」、「国際系論の歴史~マキャベリからWWⅡまで~」、「米国目線の国際関係論」、「シャーロックホームズは英語学習教材として重宝されている」、「欧米秩序以外の秩序をもった社会について」、「アメリカ的秩序と中国的秩序が東南アジアで擦れて煙が上がっている状況の分析」、「南スーダン、シリア、コソボを比較しつつ主権国家がどうやってできているのかを分析」、「安全保障の国際化、軍隊の役割の変遷」、「グローバル化の推移と変化、それが世界秩序にどう影響しているか」、「ナショナリスムの作り方~イスラームに対するステレオタイプを例に~」、「人権を守るため、国家の暴走を国際社会が止める、という理想と困難」・・・、ザッとこんな感じでした。
※ひとつだけ、国際政治論に関係のない話題が潜んでいますw

 この話題と議論を、腱鞘炎の危機に直面しながらノートを取りつつ聴き終えた私の中に残ったキーワードが「秩序」なのでした。この「秩序」は突き詰めれば倫理学で学んだ「秩序」になるんですよね。倫理学の講義の最後に奈良教授が取り上げた「何故ルールを守らなくてはならないのか」という問題が、国際政治論の講義の最終日に頭の中で閃きました。書きたくないけれども書いてしまうと「何故人を殺してはいけないのか」という問題です。これは、「何故戦争をしてはいけないのか」という問題を分解していった末に辿り着く一番基本的な問題ではないかな、と思います。そして、人類が経験から演繹してきた「人を殺してはいけない」というルールは何のためにあるのか、というと「秩序」を保つため。じゃ、「秩序」って何となると「人と人が相互の命を保障しあいながら生きるためのルール」だと私は理解しています。
(・・・倫理学ではこの先に、もっと書きたくないけれども書いちゃうもんねという問題「じゃなんで生きなくてはいけないの」というのが出てきちゃって、頭をグルグルグルグルかきまぜられたのですが、国際政治論ではそこまで思考を分解せずに済むんじゃないかな、というのは希望的観測です^^;)

 問題は、地球という惑星にある社会は多様で、秩序もまた一つではない、ということ。これはEスク英語学で触れた社会言語学の、言語の多様性と理解に類似しているように私には思えます。言語は社会の鏡のようなものだから、かな???

 国際政治論が提供する基本的な知識は、現代の国民国家の構成員ならば知っておくべきものなんじゃないかな、と、いま私は考えています。いかに世界の秩序が保たれているのか、これから保たれようとしているのかを知ることは、自分や自分の最も身近で大切な家族や仲間が生きるための秩序をいかに保つかに繋がっている、大切なものですから。

                    ◇

 以上、2014年の夏の終わりに、夏スク国際政治論が私に与えた作用について、考えてみました。まだまだ勉強不足の認識はありますが、これが私の現状で精いっぱいです。すみません。あと、どこに何がどう作用しているんだ、というタイトルに関わる重要な論理があいまいな気がしないでもないのですが、これも私の未熟の現れです。ご容赦下さい。
 ・・・考えるのに疲れてしまったので、本日はこの辺で店じまいです。

御免下さいませ。。。
_ノ乙(、ン、)_

夏スク国際政治論の、私に対する作用を考えてみる。” への10件のフィードバック

  1. cimicoさん、こんばんは!
    今回の記事には簡単にああだこうだと自分の意見は書けないかなと思いますが、いろいろな人の主張や方向性に素直に反応し吸収するcimicoさんの感性にはいつも朗らかな気持ちにさせられます。

    私は同じような問題を違う側面、例えばイスラームやユダヤ・キリスト教の側面から考えさせられる夏だったかも。これらを同じ時期にたまたま勉強することになったのもまた面白きかなと思います。

    • 楼蘭さん

       こういう記事だからこそ、思う存分あーだこーだ書いて頂いていいのです。というか、むしろ楼蘭さんのように、イスラームの歴史をしっかり学ばれている方に思うところを書いて頂けると助かるのです。
       先生は、たくさんの話題と議論をして下さいましたが、”答え”は敢えて出さずに講義を展開されておりました。だから、考えなくてはならないのですが、どうも根性なしで、はっきりとこうすべきであるという答えを、出せないでおります。。。
       どちらかというとビビリなので、自分の意見を表明とか、考えただけでも怖気づいてしまいます・・・。そんなんじゃ卒論書けないですもんねw^^;

       ここは公共の電波にのっかっちゃうブログですから、今度お会いしたときにでも、忌憚のない楼蘭さんのご意見をお聞かせくださいませ!

  2. フーテンのドラ

    cimico さま
    いつも頭がクルクルと回転しますね。感心します。
    国際政治論を歴史的に把握して原則性を見つける、cimicoさんではないでしょうか。期待してます。
    >アメリカ的秩序と中国的秩序
    分析してみると、この二つの命題が出るということは、同一ではないことです。
    アメリカ的秩序≠中国的秩序、そして、秩序=(アメリカ的≠中国的)となります。
    それは秩序の絶対性がないことを意味しているのじゃないでしょうか。むしろ秩序が自己の内面に向ける保存性というか、自己主張というか、自己正当化というかのベクトルは同じだ、といえるかも知れません。
    世界は「バラバラ (が) 一緒」の状態から「バラバラ (で) 一緒」という思考に向かうことが大切じゃないかと思います。前者が国連であり、後者が倫理・道徳・宗教などではないかと。
    ぁ、朝早く目覚めてろくに頭が回ってないかもしれません。再びおやすみなさい!

    • ドラさん、おはようございます。

       クルクルというよりもグルグルと堂々巡りしている、というほうが実態に近い気がいたします・・・
       国際政治論の講義で、先生は本を読むときにはその本の書かれた時代背景を把握なければならない、とおっしゃいました。史学概論で読んだ『歴史とはなにか』の中で著者のカー先生も、同じようなことを論じていたと思います。そもそも、ある社会にある歴史的背景を考慮せずに、政治を考えることのほうがナンセンスなような気がするのですが、しかし、歴史だけで国際政治を把握することも危険ではないでしょうか。

       うーん、普遍的な原則はすでにあるのでは? それがなければ、とっくに人類は死闘に明け暮れて滅びているようが気がします。
      ただ原則には例外がつきもので、例外というやつにはだいたい社会的な主観性があるから、ある社会の例外と別の社会の例外とは食い違う・・・

       完全な客観的事実は「人は空気がなければ死ぬ」とかいう類のものだから、普遍的な原則であっても人類社会が生んだ主観であると言えなくはないから、困るんですよね・・・  はっ( ´Д`)っ、まずい、これは倫理学のあの問題になってしまう。

      きょうはこの辺でご勘弁下さいませ(; ・`ω・´)ノ

  3. cimicoさんが国際政治論を受講されようと思われた動機、そうそう!と頷きながら拝読しました。
    世界のパワーバランスが変化しつつある昨今、国際政治に無関心ではいられないと思う一方、考えるヨスガが圧倒的に足りないな~、とヒシヒシ感じる今日この頃です。

    ある特定の地域、文化、経済の仕組みが決める「秩序」に対して、それじゃあおれたちはワリをくってるぜ!こっちにはこっちの「秩序」があるんだ!と別の地域が声を上げるのは当然だと思います。
    都市社会学的に言えば、現行の秩序を決めるのは「都会」で、声を上げるのは「地方」でしょう。
    でも、その「地方」が性急に現状を打破しようと武力で「都会」を滅ぼし、武力で秩序を保とうとするとき、何が起きるかは、古代ローマの終焉から、ポル・ポト政権まで、歴史が見せている通りだと思います。
    また、武力で保たれる秩序の中で、一番被害をこうむるのは、女性であり、子どもだと思うのです。

    この流れに対抗できるのは「教育」や「学び」の力しかない、と思っているのですが…。

    • coraraさん、こんにちは!

       お祝いにとアレコレ考えたのですが、講義を丸ごと記事にするのは無理でした。なんとか、エッセンスをと絞り込んだのが「秩序」について、だったのです。

      「教育」と「学び」は私も重要だと思います。ただ、問題は、何を教育し学ぶのかですよね。客観的な算数とか科学とか物理などの理系部門なら問題ないと思いますが、社会的な主観を反映する文系部門はどうなんでしょうか。。。
      政治とか哲学、思想、歴史・・・こういう学問って、どこかにその学問のある社会の主観が反映されていますよね。だから、受け入れられない人々がいるわけで・・・

       秩序を如何に維持するかはとっても難しい問題です。
      世界にある国のすべてで、国内でしっかりと統治機能が働いていて秩序が保たれていれば、国際政治による世界秩序の安定も図りやすいのかもしれません。世界中どこへ行っても、衣食住が安定的に供給されているならば、ルールの違う秩序を持った複数の社会が地球上で平和に同居することができるのではないか、と考えますが、世界にはどうしようもない貧富の差があります。
       この貧富の差を、富の平和的な再分配によって解消しようというのがロールズの正義論ですよね。1971年の『正義論』刊行から43年たった今、その理想に近づいているという実感を世界中のどれだけの人が持っているのでしょうか・・・

       衣食足りて礼節を知る、というのは格言だと思います。
      貧乏でも教育がなくても、怯えや飢えのない生活が保障されていれば人は満足に生きて死ぬことができるけれども、怯えず飢えずに生活するためにはそれを保障してくれる権力が必要で、それは昔々は狼や熊、地震や水害などの自然の驚異に対して有効に機能していたものが、より豊かな富の蓄積を望み始めたら、隣の社会とぶつかって、権力は隣の社会すなわち人間から人間を守る構造に変わり、あれこれいろいろあって現在に至っているんですよね・・・・
       司馬遷(or談)は、史記のなかで経済によって人とその社会がどう変わるのかということを、観察して記録しています。倫理学と国際政治論との講義をこの順番で履修したのは、計画性のない偶然の配置だったのですが、すごく関連性があって、そのどちらでも、頭の中に浮かんだのは、古代中国の史記にある世界でした。「衣食足りて礼節を知る」というのは『管子』がネタ元ですが、史記にある列伝の二、晏管列列伝でも言及されていました。司馬遷(or談)は、もう経済を批判しつつでもショウガナイという立場だったんじゃないかな。経済は抑制されなければ、どこまでも広がって、それを利す人は富を蓄積し、利される人は富を提供し続ける構図になってしまうのかなぁ。

       日銭暮らしでも怯えと飢えさえなければ満足できる人だらけの世の中だったら、平和だったろうなぁ。平和だけれども、いまある西洋文明は育たなかったことでしょう。仮定法過去。

      はてさて、ずいぶん考え込んでしまいしたが、やっぱり答えは出てきません。
      まずは我々が、教育と学びをアレヤコレヤと実践しつつ、なにが有効かを考えないといけないのかな?

      いざ、試みに学ぶっ(`・ω・´)!

  4. こんばんは。
    国際政治論は深いですよね。(^_^;)

    国際政治は力が正義。
    秩序は力がなければ保たれません。
    力を維持するにはお金がかかります。

    けっきょくお金が正義?Σ(゚д゚lll)

    国際政治はお金持ちの理屈でしか動かない。
    本当にイヤな世の中ですね。

    • たっちんさん、おはようございます!

      本当にお金は難しいです^^;
      私は池波正太郎の『鬼平犯科帳』が大好きなのですが、たまに主人公の長谷川平蔵が「金が金を生むようなことはあってはならぬ」と言うんですよね。池波正太郎が、若いというか10代の頃丁稚として株式を扱うお店に働きに入っていたからでしょうか、、、その点は、調べたことがないのですが、ものすごく深いなぁと感心しきりでしたw

      で、投機マネーってなんなんだっ!?
      と思っていたころに、中北徹『通貨を考える』(ちくま新書)に出会いました。
      これで通貨に対する下地を作っておいたので、今回の授業では大助かりでした♪

      お金がお金を生む仕組み、本当に怖いです(-“-)。

  5. cimicoさん こんばんは

    国際政治論の記事、とても興味深く拝読しました。
    実は私、これまでの人生を振り返ると、政治にはなるべくかかわらないように、意図的に避けてきたところがあったりします。理由はいろいろですが、問題は山積みだけど、私なんかが考えても解決するはずもないし、とか、辛くなることの方が多いのであえて見ないようにしていたのかも。

    でも慶應通信で学でいく中で思ったことは、結局、歴史も哲学も倫理学も文学も政治に帰結するということです。アリストテレスも徳についての自らの考えを倫理学とは呼んでおらず、『ニコマコス倫理学』では、エウダイモニアは本来、国家の中で目指されるべき共通善であり、これを探求するのは政治学の仕事だと述べています。

    私が今まで学んできた先人たち、ウェーバーも、フーコーもアーレントも、そして『都市の論理』の藤田先生も、結局同じことを示唆しておられる気がします。つまり、社会が進歩するというのは、新しい世界観(秩序)が打ち立てられ、それが古い世界観(秩序)を乗り越えていくことで、じゃぁ、その新しい世界観はどうしたらつくられるかって言ったら、既存の制度に疑問を持ち、世の中を変えなくてはならないと切望する人々の強い意思からしか生まれないと。そのためには、自分の信じる道徳を内在させていることと、思考という営みが不可欠なんだと。

    このような営みを実現するにはcoraraさんがおっしゃるように、アカデミックな学びと教育が絶対必要だと思うし、その一方で、人々が他者の真理を自分の真理としてすべてを他者に委ねていたり、事なかれ主義で現状に無関心であったりしている限り、心から幸福を感じる社会なんてつくれないとも言えます。自分で書いていて耳が痛くて、いや、目が痛くて、これまでの自分を大いに反省しております(^^; 「国際政治論」 機会があったら履修したいです。

  6. Uikaさん、ありがとうございます!

     私も以前、政治を遠ざけておりました。投票して税金を払っていればいいでしょう的無関心でした・・・
     慶應通信に入学をしようと決めたとき、読んだ福沢諭吉『文明論之概略』と『学問のすゝめ』にグイッと誘われ、まず歴史から始めて今年はこの国際政治論を履修してみたのです。本当に履修してよかったし、山本先生に当たったのもラッキーでした。

    講義でご紹介された、E・H・カー『危機の二十年』という本がありまして、これ三田の図書館で借りたんですけど、最初に「来たるべき平和の創造者たちへ」というメッセージがあるんです。これ、グッっときました。

    以前も書きましたが、『ヨーロッパ思想入門』にあった、ソクラテスとプラトンが、敢えて政治家にならずに目指した政治がありました。実際に政治のかじ取りをする人以外の、我々その他大勢の主権者が政治に無関心であってはならないし、とくに曲がりなりにもアカデミアの片隅にいるわけですから、やはり、考えることをあきらめてはだめですよね。

    大事なことは、思考停止をしないことじゃないでしょうか。
    実社会では、今のところ私は思考停止をしなければやっていられない状況によく遭遇しちゃってますが、慶應通信で頭を鍛えて卒論も書いて無事卒業できた暁には、実社会でも思考停止することなく回る頭になっているよう、願っております。

    通信大学制度というのは、本当にありがたいですね。
    心から、慶應通信を選んでよかったと思っています。
    ブログも(^^)。

     社会の進歩にどれだけ貢献できるかは、大いに未知数ですが、でも、社会が新たな局面に向かう瞬間は、見てみたいですよね。我々が生きている間に達成されるかどうかは分かりませんが、いまが過渡期にあるのは間違いないのではと思います。

    日本を含めた世界で何が起こっているのか、
    捉える耳目と頭が欲しいですっ(`・ω・´)!

    ・・・今は、私も痛いばかりですが(;一_一)

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト