2014年夜スク開講

 今週の月曜日、22日より夜スクは開講しておりますが、私の講義は木曜日ですので、昨日25日がワタシ的夜スクの開講日となりました。本年度の履修科目は、社会思想史(哲学特殊)です。

 何故この講義を履修したのか、というと、シラバスに「異なった考えを、既成概念や自分の先入観を通さずに学ぶことで、私たちはそれまで信じてきた判断基準や世界観を客観的に見ることができるようになります」、「・・・やがて自分や社会が直面する問題について、公平な立場から熟考するための素地を自らの内に育むことができるようになるでしょう」と書いてあったからです。

客観的視点&問題熟考のための素地!?
なにそれ、欲しい!!!

、となったわけです。

 初日の講義は、社会思想とは何か、社会思想史とは何か、の簡単な説明と、先生のご専門についての話を拝聴いたしました。
 夏スクで学んだ、生活史の手法と、倫理学、そして国際政治論、3つすべてがチラリチラリと頭の中に翻るような時間でした。先生の、社会思想という学問の分野には、哲学、社会科学、社会思想、政治思想があるという解説を聞いて、なるほど夏スクの内容が閃くわけだ、と合点。
 シラバスの甘い言葉(?)に釣られて履修を決めた科目が、まんまと夏スク3科目で得た知識の再確認の場を提供してくれそうですw^^

 今回はA4版A欄40枚のノートを用意しました。これなら、講義内容を復習するときに、たくさん書き込みができるはずです♪

12月18日までの約3ヶ月、どんな講義になるのかな???
とっても楽しみです!

10件のコメント

  1. ん? 私も欲しいです、それ。
    私の教室は斜め前ですから…、よくアメリカで赤ちゃんが泣いた時に駆けつけられるよう部屋に置いておくベビーモニターを買ってcimicoさんにお渡ししたら傍受できますね♪

    冗談はさておき、夏から夜へつながる知識。素晴らしい!
    楽しい三ヵ月となりますように。

    1. catsrusさん、こんばんは。

      やっぱり、欲しいですよね、これ!
      客観的視点とか、問題解決力とか、そういうものがあると、どーしてもっと早く教えてくれなかったの??? と、天に向かって恨み言を言いたくなるほど、欲しいです・・・
      ベビーモニターは出費ですから、いっその事、それぞれの教室の前方右手の壁を壊してしまうのがよいのではないでしょうか。こちらはヨーロッパの思想史らしいですから、両方の先生の講義がよく混ざって素敵さ倍増かも♪

      と、こちらも冗談はさておき。
      夏から夜への流れは、我ながら上出来かと、ほくそ笑んでおります。
      きちんと夏を生かせるかどうかは、自分の記憶力との戦いとなりますが・・・、まぁ、なんとかなるかな、と^^;

      昨年はお隣、今年ははす向かいの教室とか、嬉しい偶然ですねっ♪
      来週は、私がご挨拶に伺わせていただきます(`◇´)ゞ

      1. cimicoさんたら… 壁をぶち抜いた方がお高くつくのではありませぬか?
        現実的には携帯を通話中にしておき、片耳イヤホンで両方の授業を聴く♪
        いかがでしょう?  (お目汚し、失礼致しました)

        1. 我々が穴あけ犯だとバレなければ、タダです(^-^)。
          問題は、如何に人に悟られぬように壁に穴を開けるか、ですよね。ふふふ。

          ・・・まぁ、一番現実的なのは、ボイスレコーダーで講義を録音する、というものですが、これじゃぁcatsrusさんに笑ってもらえないから、考えないことにします♪

  2. cimico様

    こんばんは。
    客観的視点について、個人的には実生活で常に忘れぬ努力をしています。
    しかし、それは決してアカデミックなものではありません。
    アカデミックな客観的視点と問題熟考についての素地を学べるなんて羨ましい限りです。
    わたしは、学部変更の都合で今回の夜スクは受講できませんが、もし来年も同じ内容で開講されるのなら、是非受けてみたいですね。
    お身体に気を付けて頑張ってくださいね!

    M

    1. Meisterstuckさん、こんばんは。

       客観的視点って、難しいです。。。
      科学的客観性というのは、水は加熱すると沸騰する、とか、マッチを擦ると着火する、とか、人は酸素がないと死ぬ、とか、、、そういうものですよね。いわば、当たり前の事実。

      しかし、文系的学問で追求される客観性というのは、最終的には主観を切り離せないところにあるようです・・・ 
      もし興味がおありなら、史学概論のテキストを開いてみてください。恐らく、学部変更されたのであれば、配本されるテキストなのではと思います。そこに、「何を持って客観的事実とするか」ということが書いてあります。歴史学のテキストですが、哲学にも社会学にも通じる内容なのではなかったかなぁと、今になって痛感しております。

       季節の変わり目です。Meisterstuckさんも、くれぐれもご自愛のうえ、学習をお勧め下さいませ。

      1. cimico様

        おおおおお~~~!!
        史学概論のテキスト早速開いてみます~~!!!
        開いた途端閉じるかも…。笑

        科学的客観性は確かに非常にわかりやすいです。
        ただ、卒論や修論では、実験はあくまでも何故そのような結果になるか仮説を立てて証明するための作業となるため、自分の仮説に固執してしまって客観性を失うこともよくあるのです。

        しかし、問題は文系的な客観性。わたしには、どこからが主観でどこからが客観的となるのかが恐ろしく難しく感じるのではないかと予測しています。今からドキドキです。汗

        M

        1. Meisterstuckさん、おはようございます。

           史学概論の神山先生の筆致は、すらすら読める、という感じではなく、ちょっと引っかかるようなところがあるかもしれません。しかし、そこは広い心で読み流してくださいませ。

          ご健闘をお祈り申し上げております。

  3. cimicoさん、こんにちは♪

    他の科目同士が結びつく瞬間の快感ってないですよね( ´ ▽ ` )ノ
    しかも、それが夏スクで講義を受けてきたものらと結びつくとなれば、すっごく充実した夜スクになりそうですね!
    でも、こんな難しそうな科目でそれを成し得るのはいつもcimicoさんが深く深くまで講義の内容をとらえて、いろいろな方向から眺めて見られている賜物と思います。
    倫理学が全然進まないのです~ cimicoさんに講義してもらいたい…(T_T)

    1. 楼蘭さん、こんにちは!

       今年の夜スクは、夏にまかれた種を育て収穫する3ヶ月ししたいなぁと思っております。うふふ♪
       夏スク直前にレポートの書き方オリエンテーションで伝授された「他者の論理を理解しようとする姿勢」を忘れず心がけるようになったのですが、恐らく、これが奏功しているのだと思うんです。

       あ、、、今、楼蘭さんのコメントを拝見して思いついたのですが、私には常に自分の少ない持ち駒に新しく出会う何かを引きつけようとする癖があるんじゃなかろうか??? ならば、危ないですよね・・・
      いろいろな方面から眺めるには、いろいろな方面を知っていなくちゃなりません。それほど自分に広い視野があるとは、思えないんですよね。きょうもきょうとて、上に紹介した本を読んで「歴史を描き出す思考力と知識力」というものに激しく脱帽し、自分の足りなさを痛感しておりますとろこです^^;

      倫理学!?
      いまちょっとテキストを開いてみましたが、これは、、、講義なんて無理ですやうぅ。夏スクで触れた倫理学は、テキストの内容にあるごくごく一部だったのだと、目次をみて息をのんでおります。これは改めて取り組まなくては・・・
      楼蘭さんがんばってっ!!!
      そして、今回も私の前にテキス倫理学への道を切り開いてくださいませっ
      (他力本願)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。