秋の残照 in三田

SAMSUNG三田秋残照之図、慶應義塾大学・南館裏のテラスより

 きょう木曜は、夜スク哲学特殊(社会思想史)の日でした。
少し早めに家を出て、区立三田図書館に借りていた本を返却し、大学図書館で講義の予習用文献(水田洋『社会思想小史』)を読もうと、てくてくと大学に向かって歩いていると、ふと見上げたビルの谷間の空に黄金に縁取りされた積乱雲の成りそこないのような雲があるではあーりませんか!?

 チラリチラリと雲を確認しながら校舎へ急ぎます。三田の山の上にある大学の敷地内ならば、ビルに邪魔されないひらけた空にあの雲を眺めることができるポイントがあるのではなかろうか!? という希望を胸に、ズンズンズンンズン歩きます。

 演説館あたりかな、と思いながら先を急いでいた私の視界に飛び込んできたのが、南館の向かって左手にある階段。学生さんが(一応私も学生さんですがw)が座り込んで話をしていたのでほんの少し躊躇しましたが、えーい、夕焼け空は刻一刻と表情を変えるのだ、イザ参らん!、とズンズンズンズン階段を登って、西の空に向かってひらけたテラスに上り詰め、目当ての積乱雲モドキを、スマホのカメラでとらえた次第です。

 最初に見た、くっきりとした黄金の縁取りは雲の輪郭が緩んで滲んでしまっておりましたが(残念無念っ)、この秋に見た夕暮れの中でも一ニを争う「いとをかし」(小野小町語録で)な秋の空でありました。
(メデタシメデタシ)

 

 ちなみに、試験勉強はチットモ捗っておりません・・・
テキスト内の英単語&英語の例文は全部書き出して説明できるようにしようと思っていたのに、空き時間チョコチョコ読み(2順目)しかできていない始末。

合格アヤウシ。。。

12件のコメント

  1. おはようございます。
    綺麗な空ですねえ。空を見るのは私も大好きです。子どもの頃は空を見ながら歩いていたせいで、田んぼの用水路に落ちました(笑)

    今日は試験ですね!私も12時半からフランス文学概説です。
    cimicoさんも同じ日に受験をしていると思うと励みになります。
    お互い、頑張りましょう♪

    1. coraraさん、こんにちは!

       最初にビルの隙間から見つけた、くっきりと黄金で縁取られた雲を、この空間でお見せしたかったし、私自身も見たかったです。残念ながら、ココに辿り着いたときには、この状況。見ごたえは十分あったのですが、最初に見つけたヤツがオモシロすぎました。

       ・・・というふうに、私も空や雲を見るのが大好きです!私の郷里は四方を山に囲まれておりまして、空はとっても狭かったんですよ。平野部に降りると、空が広くてびっくりしたものです。私は警戒心が強い(ただの人見知りともw)ビビリな子どもだったので、何かを観察するときは立ち止まっていたかなぁ(苦笑)。

       今回の試験は、後で猛省記事を書きますが、試験対策からグダグダでした。まったく何もしなかったワケではないのですが・・・
      一応試験中は、必死に冷や汗をかきながら頑張りましたので、一緒に頑張れたことには変わりありませんよね???
      恐らく、結果はツキとスッポンになると思いますが、この点を励みに、次は論理学でご一緒しましょう!!!

  2. 美しい夕焼けですね〜。手前の葉とのコントラストが素敵です。
    お日様がさよならを言う一番美しい、でもわずかなひと時を、
    バッチリファインダーに納められると嬉しくなっちゃうますよね!

    こういう美しい自然を見ると、人間の悩みごとなんて小さいものに感じられるから不思議です。

    ようやく試験が終わり、ほっと一息。美しい写真で憩ってます(笑)

    1. Uikaさん、こんにちは!

      ここは、山食のある5号館のお隣の、きれいな南館の裏です。西の空に向かって開けた、絶好の夕焼けスポットですよ!
      まんまと紅葉も植えられておりましたv(^.^)。

      惜しむらくは、カメラです。
      これはスマホでの一枚です。3年以上前のギャラクシーですあから、あまり性能は良くありません。今回の撮影も一か八かで、思った以上によく撮れてたかなぁという写真をトリミングして(色やトーン補正はしておりません)載せております。

      こういう空を見ると、カメラ購入意欲が膨れ上がってしまって、困ります。。。

      なにはともあれ、試験後の憩いのひと時のお供にしていただき、嬉しいです♪

  3. cimicoさん こんばんは。

    素敵な写真ですね。
    きれいな秋空、とくに秋の夕暮れ時の空を見てると
    胸がきゅい~んとしてきますね。
    中学生のころのことですが、
    友達とおしゃべりしながら歩いて帰っていたときのこと
    ちょうど橋の真ん中あたりに差しかかった時、見知らぬおばさんが
    「きれいな空だね~。ひとりで見るのがもったいなくて~!」と
    私たちに話しかけてこられました。確かに、とてもとてもきれいな夕焼けで
    しばし3人で眺めていました。今でもその時のことがありありと目に浮かびます。
    もう、うん十年も前のことなのに!笑
    空って、心惹かれますね。

    今回の英語の試験は、私は反省点がいっぱいでした。
    次へ向かって前進したいと思います。
    勉強の季節、頑張りましょうね。

    1. おさんぽさん、こんにちは!

      きれいな空に纏わる素敵なお話をご紹介していただき、ありがとうございます。
      自然の美しさを前にすると、見知らぬ人同士でも共感を分かち合いたくなるものなのですね。
      なんでしょう、、、人工物の美しさに対する共感と、自然の美しさに対する共感は、少し違う気がしてきました。人工物には、歴史や文明の主観が現れるからか。うーん、でもこの夕日にも、もみじという日本の秋の風物詩を混ぜ込むという私の主観が・・・

      はて。
      こんなことを考えてしまうと、美術史まで手を伸ばさなくてはならなくなりそうです^^;

      なにはともあれ、美しい空を見知らぬ人が微笑みあってみあげられる、そんな世界であることが嬉しいなぁと思います。

      世知辛い話題に取り巻かれ、戸惑ってばかりの今日この頃でした。心の清涼剤を、ありがとうございました♪
      よーし、私も勉強、頑張らなくちゃ!!!

  4. cimicoさん こんばんは

    東京の空とは思えないです!
    とっても素敵な構図ですね!

    ところでいつから東京の空は青くなりましたか?
    最近の空は当方で見える青空と変わらない・・・

    智恵子抄の、東京の空 灰色の空・・・・が東京の空だったのでは・・・

    それにしても美しいお写真ですね!
    おさんぽさんが書かれておられるように・・・一人で見るのはもったいなかったですね!
    ロマンティックな出来事がプラスされれば♪♪

    1. ひみ子さん、こんにちは!

      東京の空がいつから青くなったのか、というご質問ですね。
      上手く答えられるかどうか分かりませんが、、、

      うーん。東京の空はですね、いつも青いわけではないんです。
      風の強い日や、台風一過、さらに盆暮れ正月などの、東京から人と車が地方へ移動する期間、東京には素晴らしく青い空が、外縁の山地の眺めを伴って、出現すると、私の経験からは、言えるのではないかなぁ。以前住んでいた近所の、東京都千葉県の境にある江戸川の土手から、条件のそろったときには青い空と富士山が見えました。

      気温の上がる夏は、風があればいいのですが、風が止まると光化学スモッグが発生して、空は濁ります。今住んでいるのは神奈川の川崎と横浜の堺あたりなのですが、この夏には光化学スモッグ注意報が、川崎市側から聞こえてきました^^;

       智恵子(1886年5月20日~1938年10月5日)の見ていた空は、日本の高度経済成長期(1954年~1973年)以前の空ですから、青い日には結構青かったと思いますが、山の上の空の青さと比べてしまえば、そりゃー青くなかったかもしれないなぁと思います。

       私が過去に見た、最も青い空は、森林限界を超えた山の上にありましたよ~。

      最後に、ロマンティックな出来事について・・・
      えー、この件に関しては、私はある意味、難しいお年頃かな、と思います。
      あははw^^;

  5. cimicoさん、こんばんは~
    試験、お疲れ様でした。
    私はほぼ全滅の手応えでした(笑)
    でも、倫理学には今かなりハマってきているので(倫理学系を2科目受けました)再試上等です。もっとお勉強したい感じ。

    そんな全滅な試験が(私だけですが・笑)繰り広げられた三田の校舎でこんな素敵な空が見られるなんて考えたことなかったな~ だって東京ですし。
    あんなにビルの乱立する中でこの空を見付けられるcimicoさんの感性は素敵です。
    今度、それをネタにお酒飲みましょう(笑) ぜひぜひ年内に♪

    1. 楼蘭さん、こんにちは!

      今回の試験は、私も一点集中玉砕ムードでございます(悲)。
      敗因については、記事にして自分に猛省を促そうと思っております。

      私は引越しの度に、近所や通勤途中に空ポイントを探すようにしておりまして、だいたいそれは、橋の上だったり、小高い山の上だったりするのです。大学が三田の山の上にあってくれたお蔭で、この空をキャッチできました♪

      私は楼蘭さんに、家事について、お話をお伺いしたいです!
      仕事と勉強と合気道、そして家事! さらにまるちゃんの散歩!!!
      どうやって家事を成立させているのか・・・・

      レポート締切を乗り越えたら、ぜひぜひぜひ慰労&忘年会を致しましょう!

  6. cimicoさん お返事ありがとう~

    三田で眺めた空はいつも青かったので、いつからかな~と想いましたが、今でも、まだまだ青くない時もあるのですね!
    わたくしの青春時代の頃の東京の空はいつも灰色でした。
    ですからもう智恵子抄の頃(わたくしは生まれてませんでしたが!)から灰色のままだと想いこんでました。
    そっか・・・智恵子は安達太良山のすぐ上部の深い青空と比べていたのですね・・・・
    鋭い考察に舌を巻く想い!!!!
    しかし、最後の部分は納得しかねます(笑)こればかりは理屈ではないです(*^_^*)

    なお玉砕・・・わたくしもです・・・1月試験でリベンジです(国文学ほか)

    1. ひみ子さん、こんにちは!

       智恵子の見た東京の空を調べるの、面白いかもしれませんね♪
      まず先行研究(あるのかな?)を探し、必要ならば同じ時代を生きた作家や学者の日記、随筆などの空の色に関する言及を拾い上げる、とか・・・

       お褒め頂き嬉しいのですが、私のは考察といっても、とっても簡単に智恵子の生きていたときと、高度成長期とのずれを指摘した程度です。そういえば、もくもくと黒煙を吐く蒸気機関車や、舗装されてない土埃の立つ道の影響など、あったかもしれないと、、、

      気軽に書いてしまいましたが、掘り下げようと思うと深いですね、”智恵子の青空”^^;

      最後の部分はごにょごにょごにょ(´・ω・`)でお許し頂いて、、、

      1月の試験にむけて、精進して参りましょう~(`◇´)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。