チョット道草な読書(今更ですが、昨年の夜スク絡みで!)

SAMSUNG中島隆信『経済学ではこう考える』(慶應義塾大学出版会)

 寒い冬空の下、慶應通信で粛々と学んでいる皆様、第Ⅳ期科目試験お疲れ様でした!
私は論理学Lを受験しました。肝心要の真理表がキチント書けませんでした。OUTです。あれがC抜けとかしてしまったら、かえって「なぜアレが合格なのか?」という悩みを深くせねばならなくなることでしょう。今度こそ、ひと思いに”D”を食らわせて頂きたいと思っております(-人-)

 さて、試験後は気分転換(←してる場合じゃなかろう、と思いつつ)に道草的読書をしておりました。冒頭の写真の本は、今、我々が暮らしている日本社会の中に、どのようにして経済学があるのかを、とても分かりやすく教えてくれます。経済学とは、ただ単に銭勘定をするためだけの学問ではないんですね。我々が我知らずに行っている生活のための合理的思考を炙り出しちゃうんですね。

 昨年の夜スクで私は社会思想史を履修し、「ザーーーーッと経済学が生まれるまで」という社会思想の流れを教えて頂きました。この科目、文学部では哲学特殊という科目名になっておりましたが、経済学部の科目として開講されておりましたので、担当の鈴木先生は「経済学部の社会思想史」というのを意識して講義を展開されておりました。
 講義で学んだ社会思想は、「ルネサンス&宗教改革」~「社会契約論」~「啓蒙思想」という流れの中から、アダム・スミスが登場するまで、です。
経済学はスミスの死後100年くらいで生じる学問であること。そのベースとなるのが主著『国富論』で、これによりスミスは”経済学の父”と呼ばれること。しかし、生前のスミスは、道徳哲学の教授で、『道徳感情論』は倫理学の本、スミスの講義をまとめた『法学講義』は法学の本。スミスの取り組んでいた道徳哲学は、社会学全般を網羅していた、という説明を興味深く拝聴しました。
 夜スクの最終日には、スペシャルゲストとし経済学部の坂本教授の特別講義があり、そこで改めてスミスの研究対象が道徳哲学であったことの意義についての解説を頂きました。経済思想と政治思想、そして哲学・倫理という3分野の関係は切っても切り離せないものなのであるという坂本先生の主張は、夏スクで倫理学と国際政治論を経た私の頭にスルリと入ってきて、大いに納得したものです。

 えーっ、何が言いたいか、というと、経済学とは、銭勘定のハナシだけではなくて、政治や哲学倫理とも絡み合った、”世界の今”を知る上でとても大切な学問であるということです。国際政治論と社会思想史でぼんやりと、その大切さを感じておりましたが、『経済学ではこう考える』を読んで、今現在の身近な問題に引きつけて考える方法というものがあるのだ、と知りました。

 今ある、地球上の秩序の問題を考えるために。
こういう学問も出来る限り吸収していきたいな、と思うのです。

————————————–
オマケ
経済&国際政治論系の記事の読み比べ。興味のある方はどうぞ!

◆2015年1月3日、日経新聞
『歴史は本当に終わったのか フランシス・フクヤマ氏』
◆2014年12月31日、朝日新聞
『失われた平等を求めて 経済学者、トマ・ピケティ教授』

註)『』内のタイトルをクリックすると飛びます。しばらくたつとリンクが消えるかも。有料かも。

6件のコメント

  1. 試験お疲れさまでした。
    日曜日の試験の時に論理学Lの問題を見た記憶がありますので、同じ123教室にいらしたのですよね。なぜあの時に気付かなかったのでしょう…
    それで問題を見て「なんじゃ、この世界!」と思っておりました。

    そして今は気分転換の経済学とは! しかも復習ですか? 
    ますます同じ文学部3類でいらっしゃるとは思えませんし、cimicoさんのご興味の幅の広さに頭が下がります。

  2. catsrusさん、おはようございます!

     日曜日は、私は窓際の比較的前方に座っておりました。同じ教室だと知って始まる前と終わってから、キョロキョロしていたのです(幾人かの方に、ナニコノヒト的な視線を頂きましたが、私なりにがんばっていました)。しかし、catsrusさん発見には至りませんでした。鮮やかな色の人を探せば見つかると思っていたのですが・・・
    残念!

     私の興味は、いつも広げすぎて浅すぎる傾向になりがちで、これではイカンと思ってはいるのですが、心はいつも千々に乱れて集中力を欠いてしまうのです。

    どうか、誉めないで、「やるべきことをやってからにしなさい」と叱って下さい。。。

  3. おぉ〜、危うく誉めてしまうところでした。
    では、そろそろ文3らしい科目も取って下さいよ!!
    これで如何でしょうか?

    日曜日はせっかくのキョロキョロ信号をキャッチ出来ず、l大変失礼致しました。ん? 鮮やかな色… それは秋までで、次は春までオアズケです。

    1. catsrusさん、こんばんは~

      あっ、そこですか!?
      あはははは。そーですか、3類科目ですか。そーですよね・・・
      えへ。何でだろう、まだ準備が出来てないっていうか、その、まず歴史とか世の中の出来上がり方とかをまるっと呑みこんでからおもむろに、文学の海へ飛び込もうと考えているんですが・・・
      予定ではもう取り組んでいるハズだったんですが・・・・

      論理学を終えたら、西洋史概説Ⅱと東洋史概説Ⅱと、日本史概説Ⅰ、そして西洋哲学史Ⅰ&Ⅱ・・・(゜_゜)

      (グズグズ)
      ああっ!
      いま履修表を眺めていたら、F群が空いてました♪
      近世英文学史のテキストをパラパラしてみまーす(`◇´)ゞ

  4. おお!道草といえども、経済学の本ですね!(@_@)
    私も昨日図書館へ行って、どっさりと借りてきたものの
    すべて娯楽本。参考文献一冊もなしです(汗)

    早く返して、学問の本を借りてこなきゃー(>_<)

  5. おさんぽさん、こんばんは。

     経済学とはいっても、写真の本は、抽象概念だらけのガチガチ学術書ではなくて、身近な具体例を取り上げて易しい口調で説明してくれる、初心者向けのとっても読みやすい本なんです(^^)。

     いま取り組んでいる論理学や西洋史概説Ⅱの参考文献になってくれる本ではないですし、文学部の科目からも遠いですから、これも娯楽と同じ息抜きの道草なのです。

    ・・・私の場合、目の前に図書館で借りた参考文献がすでにあるのにコレを読んじゃっている、という部分が罪深いかも(´・_・‘)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。