西洋史概説Ⅱの試験勉強

 前回のⅣ期試験では、その存在をすっかり忘れていた過去問集であるところの『科目試験問題』。今回はちゃんと書架から降ろして開きました。在籍年数が増えれば、問題集も比例して増えていくわけで、私の手元には現在3冊の過去問集がございます。

 とりあえず、E群の西洋史概説Ⅱのところにある問題を全部、ノートに書きとりました。この時点で、かなり怯んでおります。「あゝ、西洋って広かったんだなァ・・・」と。
 なんとなーく、この辺は最低限押さえておいた方がいいだろうなぁ的、歴史的事件は確認できましたので(見当違いの分析間違い、の可能性は十分あります。怖いので、私が検討を付けたトコロをここに書くのはよしておきますw^^;)、こそに留意しながら、まずはテキストを通読します。
 でもって、頭が飽きないように、別の西洋史概説系の本を図書館から借り出して読んで、同じ史実を見るときに別の視点があるならば、それがどのようなものなのかを、軽く探してみます。
(もし見つかれば、それが刺激になって、記憶のフックがかかるに違いない!、と希望しつつ・・・)

 あとは、どれだけ手を使えるか、になりそうです。。。
なんと、あろうことかこの科目「ペン書き必須」だったんですよ!

・・・先が思いやられますが、以上のことを粛々と進めねば。
うーん。論理学(L)の再レポはどうしよう。次の科目の東洋史概説Ⅱの文献にも着手しないと。つい手が勝手にポチってしまった宮崎市定本(古本)3冊が明日届いちゃうんだよなぁ。へへへ(^.^)。

(・・・あっ、もう気が散ってるっ)

とにかく、試験に合格しないとE群が片付かないんだから、どんなに難しくても合格をもぎ取る覚悟でおります。

がんばりますっ(`・ω・´)。

8件のコメント

  1. cimicoさん、おはようございます。
    西洋史概説Ⅱは、とても大事な、基本的なところが出題されるんだなあ、と思った覚えがありますが、今も傾向は変わっていないでしょうか。
    私も久しぶりに歴史系の科目を楽しみたくて、オリエント史か東洋史特殊を狙っているのですが、哀しいことにその2つ、自分的必須科目の心理学Ⅱおよび心理・教育統計学と群がかぶってるんですよね~(T_T)
    心理・教育統計学を合格できたら、ご褒美にオリエント史行こうかな~、と考え中です。
    そうそう、gaccoの統計学Ⅰ、再開講されるみたいですね。私、また申し込んじゃいました♪

    1. coraraさん、こんばんわ~

      gacco統計学Ⅰの再開講情報、ありがとうございました! 私も早速、登録しておきました。前回は、修了証書は頂けたものの、最後までギリギリの低空飛行だったので、次こそは高度を上げて、原因を推論できる力を養いたいと思います(*´-`)。

      西洋史概説Ⅱの試験の傾向は、coraraさんのおっしゃる通りだと私も思います。しかし、西洋史の中世末~近代には大切なことがてんこ盛りで、基本を押さえるだけでも、かなり大変そうですよね(*_*)。

      私の群かぶり現象発生群は、この西洋史概説ⅡのE群なので、頑張らないといけないのです。
      群かぶり群をやっつけることが出来た暁には、お楽しみ専攻類外科目で癒されましょうねっ(*´∇`*)。

      歴史系科目といえば、gaccoで大航海時代関連の科目が始まりますよね。西洋史概説Ⅱのはじめのあたりなので、チョッと申し込んでみました♪

  2. こんにちは
    しっかりと広い視点で先を見据えていらっしゃいますね。
    叔母は目を細めつつ、同様のことを考えておりました。
    私の場合は考えるだけなところが問題です、実に…
    一つ気になるのは新年度には傾向が変わる可能性があるというところです。
    そういう意味でも守備を広げる必要を感じる第一回目の試験ですね。
    がんばりましょう。

    1. Catsrus叔母さま、こんばんは~

      早めにやるべき事を確認したまでは良かったのですが、やるべきことが3つあるために、朝の短い勉強時間になると「今この時間にやるべきなのはどれだろう」と考えて、結局英語Rのテキストを眺めて終わりとか、、、何だかヘンテコリンなことになってますf(^_^;)

      もう少し計画を煮詰めていかないと、ダメかも。論理学の再レポは次の休みに片付けて、それが終わったら新しい科目の文献を読み始め、科目試験用の手の訓練は15日前から、という感じでやってみます。

      守備範囲拡大のための準備は、日々の電車読書でアタリをつけられるように(ヤマではなく、アタリです。ヤマ張り解禁は試験の3日前くらいでしょうか)、心がけてみます。
      はてさて、巧くいきますかどうか(^^;

      叔母ちゃまに見守られているという緊張感をもって、背筋を伸ばして頑張ります♪

      あ、英語もちゃんとやらなくちゃ。こっこちはお年玉が...(*´-`)

  3. 入学して2年ぐらいニューズレター未開封の不真面目な学生だった私は、
    英語3だったかな?のペン書き必須を知らずに受験しました。
    解答用紙を提出して、退出するときに「みんな、ペンで書いている」ことに
    気がつき後の祭りですが、青くなりました。
    (結局合格していました)
    薄い字だと読みにくいので、濃く書け、とにかく読めなければ加点の
    しようがない、と夏スクのときに力説していたS先生の声が蘇ります。
    西洋史概説Iの過去問を全て書き出し、法則性を見出そうとした結果、網羅的に勉強するほうが得策であることに気がついたりもしました。

    1. siさん、こんばんは。

       そういえば、私の夏スク担当の某先生で、試験をペン書き必須にしていらっしゃった方がいました。先生のおっしゃったペン書きである理由は「鉛筆だと薄くて読めない」というもので、「もう私も年だから、視力が落ちている」からと、笑顔で言われ、さらに「科目試験でペン書き必須になっているのは、私と同じ理由が多い」と続けられたような、続けられなかったような・・・

       ・・・はい、今回の西洋史概説Ⅱも、粛々と、ペン書きで答案を作成させていただくことにいたします。

       西洋史概説Ⅰの受験の時、私は、時間がなくて(←もちろん紛うことなき自業自得)、試験勉強の範疇をシャルルマーニュ以前のみに限定して勉強すると言う暴挙に出ました。幸い、2問中1問で山が当たって試験は何とかなりましたが、、、 やはり、あれはダメダメな試験勉強で、西洋史概説Ⅱに取り掛かるときに西洋史概説Ⅰの試験で捨てた中世界隈を読み直す事態に陥ってしまったのでした。
       ・・・はい、今回の西洋史概説Ⅱは、全体像を頭に叩き込んで臨もうと思います。

       しっかし、siさん、それにしても、ニューズレターの2年間放置は豪儀すぎますですよ。
      もうすぐ入学の新入生には内緒にしておきましょう(^_^;)。

  4. そのときに苦手意識や時間がないなどの理由で、向き合うことを回避した勉強って必ず再度とりくまなくてはいけない羽目になるんですよね。
    ニューズレター未開封学生は、当然テキスト科目を自分で選べることも知らなかったので事務局チョイスの科目テキストを受け取りました(笑)
    歴史の勉強はすべての学問に通じますね。

    1. Siさん、こんばんはー

      最後の配本の20単位を、事務局チョイスとか、これまた豪気ですのう。
      ま、でもあれは気合を入れて選ぼうとすればするほどドツボに嵌まって、結局最後は「ええええーい、面倒なっ 追加履修すりゃーいいんだから、もうこれでいいやっ、トゥ!!!」となって、ブツがとどいてから、「ああ、やっぱりあの科目はムニャムニャ」となる(そんなのは私だけかもしれませんが)イベントなので、3類さんはこれね的事務局チョイスのほうがいいかも知れません(ケチらず全部貰えるなら、猶良いでせう)。

      歴史の知識は、あって損はないと私もおもいます。本を読むとか、旅行にいくとかいう遊びにも、趣を添えてくれるでしょうし。

      丸儲けする心構えで、前向きに取り組みたいと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。