桜が咲いておりまして、

mamushi-dani1
 あゝ暖かくなってきたなぁ、、、とボンヤリ歩いていたら、こんな風に桜が咲いておりました。この地域に引っ越してきてちょうど1年になります。昨年は散歩どころではなく、近くにこんな場所があるなんて、ちっとも知りませんでした。
いやー、眼福です。
春ですねぇ( ´ー`)

 ところで、昨年引っ越してきたときは枝を茂らせ花を咲かせていた桜並木さん(参考記事:『2014年、初めましての桜が満開♪』)ですが、惜しくも冬季剪定の憂き目に会いました。
rikou-zaka
 なんだか花の咲いた鹿の角みたいになっちゃっいました。残念至極。
・・・ですけれど、枝を打たれたのを見た昨年の冬には、あまり寒々しく痛々しい木々の姿に次のシーズンこの並木は花を咲かせることができるだろうか、、、と大いに危惧をしておりましたので、この短期間で細い枝を伸ばして咲いた桜を誉めてあげるべきでしょう。

 京都の“桜守”佐野藤右衛門さんの『桜のいのち庭のこころ』(思想社)という本がありまして、桜への愛に溢れるとってもいい本で、私はこの本が大好きだったはずなのに、、、今、紹介しようと探しましたところ、何故か本棚にない。

 うーん。どうやら昨年の引っ越しの時にうっかり剪定しちゃったみたいです。
あーらーまーーーーっ(-“-)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。