南部魂!

n-tettki
 こちらは、最近、私の台所にご入城頂いた、強者・南部鉄器パン(直径24cm、1.7kg)です。

hosyou-hyo
 ご覧のとおり、本物の南部魂によって象られた、正統派鉄器のフライパンなのであります。

 最初はくず野菜を炒めて油を馴染ませ、次に普通の野菜炒め、そして野菜卵炒め(塩味)さらに、野菜卵炒め(醤油味)、ベーコンエッグと、調理焦げ付きレベルを上げてゆき、昨日の夕食ではとうとう、焼きそば(もちろん中濃ソース!)に臨みました。
 このフライパンの前に使っていたダイアモンド加工パンでも下手をすると(私はいつもつい油をケチってしまうので^^;)ソースが焦げ付き麺がパン底にこびり付いてしまふ危険な料理ですが、さすがは南部魂なのです、お茶の子さいさいでシャキシャキ野菜の焼きそば(もちろん麺のこびり付きはナシ!)に仕上がりました。

なんて素晴らしい♪

 ・・・しかし、1.7kgという重量は、私の左腕で自由に扱えるギリギリの重さです。フライパンを片手で持って料理をお皿に移すときにちょっと手首が辛くてフルフルっとします。しばらくは油断できませんが、まぁ、そのうち筋力もついて楽に扱えるようになるでしょう(楽天家w)。

 さて次は、焦げ付きレベル上級の調味料・味噌に漬け込まれたお肉とか、焼いてみましょうかね。うふふふふ。我が郷里には“ケイチャン”なる鶏肉各部位をオリジナル味噌ダレに漬け込んで鉄板で焼く郷土料理がありましてね。母が自家製のものを時折大量生産して冷凍で送ってくれるのですが、これが、テフロンやダイヤモンドやらのフライパンでは今一つ本来の焼き物らしい香ばしさに欠けるような気がしていたのです。ケイチャンは、炒め物ではなく焼き物、それも鉄板焼きでこそ本領を発揮する料理なのではなかろうか、と最近思うようになりました。

 それを検証するときが、近づいております。鉄器に込められた南部魂に、美濃料理のココロを引き出してもらう作戦です。

でも、やっぱり時期尚早かなぁ。
もう少しアレコレ炒めてからの方がいいかなぁ。
過去に一度鉄のフライパンを育て損なった経験が、私に「今度こそちゃんと育てるんだぞっ」と慎重さを要求します・・・

うーん、やっぱり、もう少しフライパンと私の経験値を上げてからにしよっと(^_^.)

6件のコメント

  1. こんばんは

    おぉー、こちらが「南部パン」さんですか!
    想像していたお姿と少し異なりました(取っ手も鉄かと)が、
    さすがの重厚感。良いですね。
    私も益々鉄瓶が欲しくなりました。

    張り切って鍋を振って腱鞘炎になりませんように。

    1. catsrusさん、お早うございます。

      鉄だけでできたゴッツイ形の、南部鉄器としての存在感の濃いフライパンもあったのですが、在庫切れで入手に時間がかかりそうだったので、少しソフトなイメージの木の取っ手タイプにしました。

      此方の方が、300グラム軽く少し値段も安かったのも決め手になりました。あはは。

      本当に素敵なヒントを頂戴しました。ありがとうございます♪
      catsrusさんにも、この黄金週間中に心に叶う南部魂との出会いが訪れますように!!!

  2. 突然ですが…

     『南部鉄器音頭』

     パンを 使うなら
     ちょいと南部鉄器
     ヨ~イ ヨイ

     (以下省略)

    ということで、南部鉄器パン(直径24cm、重さ1.7kg、推定年齢0.5歳)オーナーのcimicoさん、こんにちは。

    やはり、本場盛岡の正統派南部鉄器フライパンはいいですね。
    コンロに鎮座されているその姿からは、本物だけが持つ気品と風格が伝わってきます。

    個人的には、取っ手取付け部分からフライパン本体へ繋がる部分の、その「クビレの曲線」が優美かつ色っぽくて堪りません。
    女優に例えると、そう、”岩下志麻”という感じでしょうか?(今、たまたま思いついたのが岩下志麻でした…)。

    ステーキとかも、この南部鉄器パンだと、相当美味しく焼けそうですね。外国産ビーフがA5ランク黒毛和牛に変身するぐらいになるかも…(食べたことないですけど)

    南部鉄器フライパンも素晴らしいんですが、このお写真で、私がもうひとつ気になったのが、お使いのコンロの五徳の下に設置されている銀色に光るものです。
    これもはもしかして南部鉄器と並び称されている「北部亜留美」のものではないでしょうか…?

    cimicoさんがお使いものですから、そんじょそこらのアルミ素材ではないはず。本物の正真正銘の北部魂によって製造された亜留美ですよね?(きっとそうに違いない!)

    ということで、五月もお元気でお過ごしください。

    ヨ~イ、ヨイ!

    1. ♪/~ ステンレスのなぁ~、ア
      ガステーブルーぅーもぉ、オオ
      今じゃ珍ぁーしーイ、アソンデンセー ♪
      (ネタ元:日本三大民謡の郡上踊り「かわさき」)

      チントンテン、で、PAKA先輩兄ちゃん、こんにちは♪

      富山魂を練り込んだアルミ製品や、燕舞う越後魂を帯びたキッチン用品は、美濃(油売り、蝮の道三生誕の地)の風土に育まれた私の大好物です。駅やデパートの玄関で、金物市なんで開かれたときにゃー、電車に乗り遅れること必定です(; ・`ω・´)

      そんな私の元に訪れた南部鉄器ですから、もうそれはそれは大切に(今のところはw)、育てているのでございます。
      それにしても、さすがは兄さんです。愛嬌としなやかさを兼ね備えた私の鉄器パンの魅力をしっかりと見抜いていらっしゃる!
      象印(あれ? 虎でしたっけ???)で睨みを利かせている大物女優・岩下志麻は、その魅力の比喩としては最良の人物ですねっ。
      うーん、マンダム( ´ー`)

      本日の東京は好天に恵まれました。
      これぞ五月晴れというヤツでしょうか。
      在学中の身としては、「うそっ、もー5月なんですかっ!? 聞いてないヨッ(>_<)」という気分ですが・・・ 兄さんにおかれましては、黄金週間後に“そういえば卒業しちゃってたんだ病”など発症しないよう、英語で気を紛らわすなどして、細心の注意を払ってお過ごしください♪

  3. 鋳物の調理器具は、だんだん味が出てきて良いですよね。
    鉄分も取れるし(笑)筋トレもできるし良いこと多し、
    南部鉄器の鉄瓶、キャンプ用のダッチオーブン、カナダのホームセンター?で
    買ってキャンプで使っていた中国製フライパンを使っています。
    新しい調理器具があると気分があがり、料理もさらに楽しくなりますね。

    1. siさん、こんにちはー

      鉄瓶、ダッチオーブン、キャンプ用のフライパン・・・・
      これらの調理器具からどのような料理が繰り出されるのか、非常に興味があります。
      そういえば、私も15年っくらい前は、先輩に譲ってもらった、キャンプ用のアルミ鍋(中・小)とフライパンを使っておりました。どれも軽くてとっても楽ちんでした。

      軽さを追求したキャンプ用調理器具と、重厚な鉄器調理器具では方向性がアッチとコッチっくらい違いますけれど、家に引きこもりがちな通信大学生ならば、野外に出ずとも手軽に筋トレが出来る鉄器こそ理想的な調理器具だったのではないか!?

      (大学に通う若人ならば、黄金週間の今頃はみんなで野山に繰り出して、わいわいとキャンプやらバーベキューやらしながら、ちょっと甘酸っぱい失敗なんかもしたりしながら、交友を深め、足腰を鍛えていることでせう。タブン)

      ふむ。そうか、そういうことだったのか。
      なるほどですね!
      (開眼の瞬間)

      キッチンに鎮座まします鉄器パンの姿を盗み見て、密かに頼もしさを感じずにはいられない今日なのであります。

      ナンチャッテ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。