“R and L” 発音練習用、チョットアブナイQuote

v for

Remember, remember, the fifth of November,
The Gunpowder Treason and plot.
I know of no reason why the Gunpowder Treason
Should ever be forgot.

As quoted by Alan Moore in V for Vendetta.
※Wikiquoteより

 引用したのは、職場の先輩とドラマだか映画の話をしていたときに「面白いよ」と紹介してもらった映画 “V for Vendetta” で使われていた詩です。ヒロインEvey:Natalie Portman とヒーロー“V”:Hugo Weaving が劇中でこの詩を読むのですが、“V” がこれを読む声に私はすっかり惚れてしまいました。

 「教えて!google先生」であれこれ検索して、この映画のscriptを掘り出し、英語字幕付きのDVDを購入し、何度もこの詩の出てくるシーンを見て覚えました。抑揚をつけてゆっくりと謳いあげるようなセリフですから、“Treason and plot” のところなんて、RとLの発音の練習になるんじゃなかろうか、と、日々練習を繰り返しております。

 しかしこれ、英国王ジェームスⅠ世に対する反逆&陰謀の議会爆破未遂事件(1605年)に由来する詩なんですよね。それで「全体主義化したイギリス」を舞台とするフィクション映画の、裁判所爆破というシーンで引用されているわけです。
 この台詞を、仕事帰りの夜道を歩きながらブツブツと呟くオバサーンとか、近所のスーパー帰りの道すがら買い物袋を提げて歩きながら口遊むオバサーンとか、、、ちょっとアブナイかも・・・

 うーん、この詩でRとLの練習をするときは、前後左右に人影がないかをチャント確かめてからにしないとなw(^_^.)

10件のコメント

  1. こんばんは

    再レポートでも、試験勉強でもなく英語の発音練習とは!
    叔母は目を細めております。

    しかし!例文にtreasonとかplot、gunpowderなどという単語が入っていたら外で呟くのは危険です。
    でもせっかく練習をなさったらアメリカの街角で連呼し、警官に”I need you to come to the precinct.” と言われたら合格♪ という、半ば命がけの発音テストに臨むというのはいかがでしょう?

    1. catsrusさん、こんばんはー

      映画とは便利なもので、秘密警察に捕まったときの対応もちゃんと用意されてました!
      えっと、“I need you to come to the precinct.” と言われたら、“Oh, God, no. Please don’t do this. I’ll go home.”(←この台詞は映画の中でNatalie Portmanが言ってるから練習できます!) で応じて、勢いよく駆け出す、というのはダメでしょうか? ・・・あ、そうだ、これを言ってもヒロインは解放されなくて、そこにヒーローが登場するんだった。

      もしかして、現実で逃走行動をとったら、the precinct → the prison の流れになっちゃいませんか(^^;)?

      うーん、叔母様提案の発音テストは、ちょっとスリルがありすぎます。これを実行するときは、他の映画でちゃんと警官の職務質問から解放されたシーンを掘り出して十分練習してからにしなくちゃ!

      1. 度々お邪魔致します。
        職質こそ発音もさることながら、英語力の集大成を披露する絶好の場なのですよ。(経験はありませんけど、海外での喧嘩は何度か…♪)

        いかに言葉で身の潔白を相手に伝えるか? 
        考えただけでワクワクしませんか?
        私はワクワクを通り越してゾクゾクします… なぜ?

        1. もー、叔母様ったら、「スリル熱望症」ではありませんか!?

          ・・・あ、でも、そういえば、一昨年の夜スク英語Rで一緒になった友人と、ゲストとして参加してくださった元国際機関の職員の方が言ってました「日本語よりも英語の方が喧嘩はしやすい」と。。。
          叔母様がゾクゾクしてしまうポイントは、この辺にあるのかもしれませんね。

          言葉を濁して結論まで濁すような日本的喧嘩よりも、会話の主題を明確にし的確に相手の弱点を指摘しながら展開するような英語的な喧嘩が楽しい! と感じていらっしゃるのではありませんか!?
          (職質は喧嘩ではありませんが、スリルは喧嘩と同様に十分ありそうですもんね)

          以上、就寝前の姪の寝言でした_ノ乙(、ン、)_zzzz

  2. 発音の練習は、私も思い出したようにやってます。リスニングにも良いようです。
    リス squirrel って難しいですよね。
    Carly Rae Jepsen(この名前自体発音しにくい)のI really really like youの
    歌がR Lの練習になるかなと歌ってます。
    write, light, right やrice,liceなどきちんと発音したいですが、難しい。
    超低速メソッドという本が面白くてお勧めです。
    またアメリカの発音の本には、日本人の苦手な音のページがありました。

    1. siさん、こんばんはー

      ご紹介頂いた難しい例アレコレに比べて、私がいま練習している “Treason and plot”は、発音しやすい例文かもしれません。文の中にRとLを使った別々の単語が出てくるのは分かりやすいですが、一つの単語の中にR&Lがあるのは難しいですね!

      (参考までに、映画の中でどのようにこの詩が読まれているかは、ここを見て頂ければ分かると思います。
      https://www.youtube.com/watch?v=yMH1AimA72w)

       どこかで「通じること」だけを念頭に置けば、日本のローマ字読みは結構イケテル論を拝聴したことがありますが、身の程知らずにも、どうせなら好きな言葉っくらいは再現してみたいなぁと思ってしまふんですよねぇ^^;

       折角英語を勉強しているのですから、思う存分ワルアガキをしてみようと思います。我が野望への御加担、ありがとうございまーす(`◇´)ゞ

  3. おはようございま~す。
    John&Sherlockコンビも引用してましたね。
    S:But he won’t be there. Not tonight. Not the fifth of November.
    J:”Remember, remenber.”
    S:”Gunpowder treason and plot.”
    シーズン3の1回目、国会議事堂へのテロだ!と2人が気づく場面です♪

    1. coraraさん、あそこですねっ!?

      ふたりでPCモニターを覗きこんでるシーン!!!!!
      そうか! そうだったのか!
      いやー、なるほど、そうだったんだーーーっ♪
      あのシーンを見た時は、まだGuy Fawkes Nightの詩を知らなくて、なんかありそうだけど何だろう、と思って流していたんです。うわー、そういうことだったんですね!?
      スッキリ♪

      V for vendetta は最後に国会議事堂の爆破シーンがあるんです。それが、SHERLOCKにあった、Sherlockのイメージのなかの爆破シーンと似ているなぁと思っていたのです。爆弾満載の地下鉄車両のシーンもありますしね。どちらも “Guy Fawkes Night” を題材にしていることは分かっていたのですが、肝心の詩を知らなかったんですよね^^;

      いやー、ほんとうにスッキリしました。
      フフフフフ、あとでSHERLOCKのシーンも確認して、発音練習の糧にします(^.^)。
      ありがとうございました♪

  4. おはようございます。
    門外漢が参入です。

    映画で語学のお勉強は素敵ですね♪
    わたくしなど洋画はただ友ボーイフレンドに触発されて、自分が生まれてないころの映画ばかり見てきました(>_<)
    カサブランカ、めぐり合い、シャレード、誰がために鐘はなる・・・・・というような古めかしいDVDを沢山持ってます。
    それで語学のお勉強と思いきや・・・こちらすでに日本語のヒヤリングもままならない世代に近づいているのです(*^_^*)

    ですから、お若い皆様!!
    ぜひ!海外でケンカ!否自己主張出来るような語学力を身につけてくださいね!
    そして、ぜひ日本の素晴らしい文化を世界に発信されてください。

    偽妹さん、日本には「謙譲の美徳」という素晴らしい心づかいもあることを発信されてください♪
    でも、身の潔白の証明はしっかりされてくださいねっ(いったい、なんの潔白???)

    1. ひみ子おたーさま、こんにちは!

       おおおお、そうだ、これは「異文化コミュニケーション」の問題だ!!!
      (、と強く膝を叩いております)

      思い起こせば一昨年の、夜スク英語Rのテキストのテーマが、「異文化コミュニケーション」でした。そして昨年のEスク英語学も社会言語学で、似たようなことを学んだのです。

      「謙譲の美徳」とは何か。
      まずそれを自分自身&自国の文化に問わねばなりません。難しい問題です。言語とか文化とか、そういう難問です。

      私も頑張って、これを英語で説明できる日本人になりたいな♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。