第Ⅱ期学習計画、のようなもの。

第Ⅱ期科目試験に向けての学習計画を立てました。
立てたと言っても、旧校舎時代に作った計画の大筋に変更ないのですが、一応区切りのよいところで、計画を確認&見直そうというのが、この記事の目的です。

 まず、第Ⅰ期からずれ込んできた『英語学概論』とEスク『英語学』をどうするのか、です。Eスクの講義はすでに3回分配信されております。そのうちの第1回を昨夜と今朝にかけて視聴しました。概論を少し先行させてさっさとレポートを書き、Eスクにはじっくり取り組む感じでいいかな、と思います。概論のテキストは網羅型ですが、Eスクの方は社会言語学が軸になるようですので、俯瞰から詳細へというイメージです。

 そして、論理学。これは野矢茂樹著『入門! 論理学』を読了しております。この本の内容をもう少し考えてから、テキストに取り組んでレポートへと移行、、、、しようかなw どうしようかなw うーん。。。 論理学では読みたい本が多すぎて、迷います。しかーし、第Ⅱ期で試験は受けたい。とにかくレポートは書かなくては、と考えております。

 最後に、これは間に合わない公算が大なのですが、一応・・・、西洋史概説Ⅱにも着手したいんですよね。西洋史概説Ⅰは、中世入口までは結構頭に入っているのですが、それ以降がスカスカ状態。これは試験の時に前半と後半を分けて前半にヤマを張ったために起こった弊害です。これを解消するためにも西洋史概説Ⅱを履修したいのです。したいのですが、時間、あるかなぁ。

 レポート締め切りまであと40日とか。
優先順位は、1が英語学概論&英語学、2つめに論理学、3つめが西洋史概説と決めて、粛々と取り組みたいと思います。

2件のコメント

  1. こんにちは。
    そうそう、論理学は私も履修したいのですが、読みたい本が多すぎて、いつ履修しようか迷っています。テキストだけをじっくりやればいい、と確かどこか(履修要綱?)に書いてあったのですが、テキストだけ眺めていても、私にはサッパリ(’▽’)だったので…。

    西洋史概説Ⅱも、テキストだけじゃなく、どうしても参考文献の量が多くならざるを得ない、もしくは参考文献もきっちり読み込まざるを得ない科目だったように思います。私はこの科目を大事だと思っていたわりに、あんまりちゃんと踏み込んで勉強できず、試験でCをとってしまい、やり直したい~~~!と思っています。

    1. coraraさん、こんにちは。

       それぞれの科目の難易度もさることながら、「勉強をする」という行為そのものが難しいなァと思うきょうこの頃です^^;

       大事だと思う科目を満足のいくまで勉強するのって、すごーーーーく難しくないですか? 社会生活にある時間の制約と学生生活にある学習期限があり、でも1日は24時間しかないし・・・
      もう、1教科ごとに反省&批判を繰り返し、次の教科でアレコレ試しながら良い方向を見つけていくしかないように思います。。。

      あきらめず精進いたしましょう(`・ω・´)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。