引用について、猛省

 昨日届いたニューズレター2月号に、「ブログやSNS等への投稿について」というお知らせがありました。このブログを始めるとき、ひと通り著作権についての確認を行いましたし、ブライバシーの侵害についても、私の撮影した写真への映り込みや氏名表記などによって個人の特定に繋がるようなことのないように配慮してきたつもりでしたが、、、うーん、こうやって改めて、大学の刊行物によって注意を喚起され再確認してみますと、どんどん不安が膨れ上がって参ります。
 そこで、Google先生に「著作権 引用」についてお伺いいたしましたところ、私の行っていた引用に対する姿勢に、これはアカンやろと思われる部分がありましたので、猛省と確認の意味を込めて、ここで記事にしておきたいと思います。

 これまで私が行ってきた引用方法は、以下の5項目として挙げられます。
1:引用部分を明確にする(このブログでは文中のグレーゾーンに引用文を入れる仕様)
2:出所をを明記する
3:丸ごと禁止、長さにも配慮
4:引用部分は正確に写し、手を加えた所は補足で明確にする
5:前後に必ず自分のオリジナルな文章がある

 レポート、引いては卒論執筆も視野に入れ、練習の意味も込めて、「できる引用はする」ことを心がけておりました。以上の5項目に挙げた方法は、これまで読んだ学術書やWEBで公開されている論文やレポート、大学教員のホームページやブログの記事などを参照しつつ真似しつつ、行ってきたものです。
 方法としては、間違っていないと思うんですが、、、上記項目の5つ目に現れている引用を行う態度に問題があったと、今回、気が付きました。何がダメって、「このルールを守っていればいいんでしょ」と安易に考えていたところです。そうではありませんでした。引用部分を自分のオリジナルの文章で挟んだだけのサンドイッチ的方法はダメ。あくまでも自分の文章が主体となっていて、引用部分はそれを補足する論拠になっていなくてはいけないのです。

 それを教えてくれたのは、文化庁のHPにある「著作権なるほど質問箱」でした。六法で確認しましたところ、著作権法の(権利の目的とならない著作物)第13条に、「国若しくは地方公共団体の機関が作成するもの」は著作権を有しない、すなわち自由に利用してよい(・・・という理解でいいんですよね? ちょっと不安^^;)という旨、記載がありますので、転載します。

Q:引用が認められる条件として、著作権法では「公正な慣行に合致」することと、「引用の目的上正当な範囲内」で行われることとの2つが挙げられていますが、「公正な慣行」や「正当な範囲」とは、具体的にはどのようなものですか。

A:「引用」とは、例えば自説を補強するために自分の論文の中に他人の文章を掲載しそれを解説する場合のことをいいますが、法律に定められた要件を満たしていれば著作権者の了解なしに利用することができます(第32条)。
 この法律の要件の中に、「公正な慣行に合致」や「引用の目的上正当な範囲内」のような要件があるのですが、最高裁判決(写真パロディ事件第1次上告審 昭和55.3.28)を含む多数の判例によって、広く受け入れられている実務的な判断基準が示されています。例えば、[1]主従関係:引用する側とされる側の双方は、質的量的に主従の関係であること [2]明瞭区分性:両者が明確に区分されていること [3]必然性:なぜ、それを引用しなければならないのかの必然性が該当します。
※http://chosakuken.bunka.go.jp/naruhodo/answer.asp?Q_ID=0000304

 以上の内容から、安易なサンドイッチ方式はアウトであることが分かります。あくまでも自分の文章が主体で、引用は論拠として主体を補足するものでなくてはいけない。レポートを書くときは論拠論拠と唱えていたのに、ここでは気が緩んでしまっていたようで・・・これじゃ、引用の練習になってないし、、、
あゝ残念すぎる…orz

 これから、自分の記事を読み直し、今回注意喚起された内容に合致するもの、ならびに引用不適切であるものは非公開処理といたします。コメントを付けて頂いた記事もありますが、悪しからずご了承くださいm(__)m

 これからも、自分の記述の趣旨を補足する著作物からの引用は行って行きたいと思っています。正しく引用できるよう、精進して参る所存です。

※ちなみに、twitterやyoutubeのコンテンツは、コピペやダウンロードではなく、共有タグを利用して貼り付けるのであれば大丈夫であると、Google先生に教えて頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。