TPPお化け噺

 先日、とっても勉強になるものをTwitterで拾いました。情報通信学会のHPの、情報知財研究会の活動状況報告ページ(http://www.jsicr.jp/operation/study/chizai.html)にある、玉井克哉東京大学教授報告書です。

 この報告書を読んで、ニュースで〝TPP、TPP” とよく聞くけれど、“TPP” って一体全体どういうものなのか、私はチットモ分かっていなかったなぁ、と実感しました。
 著作権法について、先日大学からの注意喚起があった折に確認していましたが、「親告罪」というものの効用が重要なものであることに、私はまったく気づいておりませんでした。さらに、玉井教授の「TPPホラーストーリー」に対する論述を読み、この協定の実態を知るための勉強をカケラもしないで、ネガティヴなイメージを抱いていた自分に気が付きました。

 こんなことではイケマセン。ちゃんと勉強しなくては。国際政治や経済の実際のあり方、その中での日本の現実を知り考えることって、大切だなぁと思うのです。
 この報告書を読んで、幾つものボーダーを越えた広範囲に有効な経済的な協定が、広範囲に及ぶ普遍的な秩序構築への手掛かりになる可能性を、私は少しだけ考えました。まだまだ勉強不足でぼんやりと遠くに光を見たような頼りなーーーーーーい考えですが・・・

 

はてさて
学び舎に返り咲いて4年、一体全体私はどこへ行きたいんだろう?

 
謎ですw
しかし、この謎が解明されるとき、きっと私は卒論を書きたくなるんだろうな、と思います。

 

イツニナルコトヤラ….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。