消える “ h ”

 “gacoo” のTOEIC講座を視聴して、私が盛大に目から鱗を落としたのが、『発音の主な7つの規則』のうちのひとつ、「消える “h” 」というヤツでした。「子音 + “h” + 弱い母音」が並ぶと “h” の音が消えるという、その衝撃は、聞いたとたん思わず天を仰いで、

「あァーーーっもう! そーいうことは、もっと早く教えてくださーーーーーいっ」<(`^´)>

と、お天道様に苦情を申し上げざるおえないほど大きなものでした。

 とあるリスニング学習用の音源で、“her” がどーしても聞き取れなくて、私はずーーーーっと悩んでいたのです。自分の耳がまだ英語の音に馴れていないためだろうと思っていました。「単語と単語が接触して音が変わる」ことはあっても、「音が消える」とは1ミリも考えていなかったんですよねぇ。もう、自分の耳が悪いんだと思い込んだら、茨の道を行くしかないと思っていました。行くが私のど根性であろう、と、、、(スミマセン^^;)。いやはや、知らないってぇのは恐ろしいものですw たはははは。こんなんだったので、先生に「消えます」と言われたときは、目からデッカイ鱗、青天の霹靂級の驚きに襲われてしまったワケです。
※ちなみに、消える “h” の例としては、
“take” + “her” で、「テイカァ」k(h)er
“take” + “him” で、「テイキム」k(h)im
が挙げられていました。「子音+ “h” +弱い母音」でh音の省略が起こります。

 しかし、まさか “her” の“h” の音が消えてたとはなぁ・・・
そういえば、大学入学前に中学英語を復習していて、桐原書店の単語帳で発音と綴りの関係の解説を読んだときも、目から鱗が落ちたんだった。あのときは末尾の発音しない “e” の作用のハナシで、それはマジック“e” と呼ばれていた。

例えば、 “wine” と “win”
前者はマジック“e” があるから、前にある母音“i” を長音(アルファベット読み)にして、“w-ai-n” と読む。後者にはマジック“e” がないから単音(ローマ字読み)にして、“w-i-n” と読む。
※『桐原書店データベース1700 使える英単語・熟語』を参照

 今回の「消える “h” 」もこの「マジック“e” 」も、私は中学~大学教養課程までの英語教育で学習した記憶がない(←単に忘却の海に呑みこまれている可能性はゼロとは言えないけど…)。
私の郷里が山間部だったからか?
または時代の変化か?
単なる学習意欲の低さの問題か?(←これが濃厚…)

 
ま、無事に知ることを得たのだから、いっかw
こんな風に、扉は叩けば開くのだ。
(叩かなければ開かない)

I will try to open the doors in the big palace of English!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。