英語学概論のレポ開始!

 今朝、とうとう英語学概論のレポートの構成表が出来ました。
まずテキストをじっくり読んでから、港区&千代田区の図書館で掘り当てた英語学関連本数冊、アマゾン内の古本屋さんで購入した英語学の教科書で使用したらしき本(後ろ扉に専攻と氏名が明記されている、のに、使用感の少ない美本! 定価2800円が、なんと498円!!!)、拙宅に聳え立つ積読山の文法関連本などなどを、摘み読み(しながら居眠りもかなりw)し、ようやくレポートで求められていることに対して何を書けばいいのか、というイメージが掴めました(いつものことですが、勘違いでなければ、という条件付き、、、)。

 ここまでくれば、参考文献から材料を抜き出して、構成表に従って文章をくみ上げるだけです。
・・・まぁ、これまで通りなら、ここから紆余曲折が始まるのですが、こればかりは書き始めてみないと分かりません。そろそろ、寝かせた第1稿を読み直して即ゴミ箱送りにする習慣を正したいのですが・・・
ハテサテw

 そうそう、余談になりますが、意味論について少しだけ。
「形態素とは何ぞや」という知識を漁っていて、「音素の次に小さなコトバの単位で意味を持つ」という内容で納得しかけたとき、”意味”というからには我が積読山の頂にある本『意味論』(著:池上嘉彦、大修館書店)にも言及があるに違いない!と、思いつきました。
早速、山から降ろして扉を開きますとですね、本書の100頁に10.2形態素という項目があって、まんまと「意味を担う単位として、次に「形態素」(morpheme)と呼ばれる概念を検討してみよう」と書き出されておりまして、しめしめとほくそ笑んだものでした。
・・・少し読み進めると、“bookcase”<本箱>と“understand”<理解する>という単語の比較が出てきました。“bookcase”はbookとcaseで本の箱、すなわち本箱。しかし、“understand”はunderとstand、下に立つ、で、これは「下に立つ」という意味ではあるが「理解する」という意味にはならない、と・・・
これまで、なんとなーく、「下に立つ」から「意識下に理解を立てる」というような連想で「意味がある」と考えていた私は、これを読んで茫然、私の勝手な連想で「下に」+「立つ」⇒「理解する」と意味づけしていたことを悟りました。
で、パタンと本を閉じ、ごはんを食べてワインを飲んで寝てしまったのです。

昨夜のうちに構成を済ませ、レポートを書き始めているはずの今朝だったのですが、構成を済ませてブログを更新しちゃっている今朝になりましたw^^;

さて、ごはんを食べて仕事へ行ってきます。
連休中はガッツリ働いて、連休明けに3連休を頂き帰郷してまいります。帰郷前にレポートを仕上げて、帰郷中に論理学のことを考えようと思っていたのに、盛大にずれ込みそうな予感・・・

だとすれば、それはすべて、
意味論のせいです。
(ウソデス)

6件のコメント

  1. いよいよレポートを書き始める準備が終了したのですね。
    真面目なcimicoさんですから、テキストの通読はもちろんのこと、たくさんの本を読まれ構想を練られたことでしょう。
    私は慶應通信に入る前に母校の大学院入学を検討しており、その際に教授から「読み易いから」と薦められたYuleのPragmaticsを買っておりました。
    しかし当時はパラパラとめくっただけで放置していたのですが、英語学概論のレポートを書く際に思い出し、読んでみたところ参考になる部分がありました。
    ちょうどcimicoさんが「しめしめ♪」と思われたのと同じ気分です。
    準備が整ったところで、一気に執筆に移れますように!

    1. catsrusさん、おはようございます。

      構成ができてサクサクとレポートに取り掛かっているハズだったのですが、一昨日、昨日と仕事のストレスに負け、今朝はツタヤで借り出したgodeigoの歌詞カードを無心にPDFファイルにする作業に勤しんでしまいました。。。
      座って読書が出来るようになった電車の中で、きょうはプリントアウトをした歌詞カードを読みたい気持ちと、参考文献を読まねばならない気持ちとが喧嘩中ですw^^;

      ところで、私は語用論(Pragmatics)というコトバに、英語学のテキストの中で出会ったばかりです。最初に史学概論の『歴史とは何か』(E・H・カー)でアメリカのプラグマティズムというカタカナ英語に出会いました。改めて綴りを調べると“Pragmatism”です。現在学習中の形態論で接尾辞についての記述を読んでおりますが、これもサンプルになります。

      ありがとうございました♪

      1. そこまでgodiegoを気に入って下さったのですね!
        ありがとうございます!! (私がお礼を言うのもヘンですが…)
        その為にお勉強の時間を削っていらっしゃるのだとしたら責任を感じますが、帰省の際にはきっと彼等の音楽がcimicoさんの旅の気分を盛り上げてくれることでしょう♪

        1. catsrusさん、こんばんは♪

          私はどうやら、Namasuteが好きなようです。

          ♪Namasute, Namasute
          Your sacred hello♪

          本日は、仕事場でこっそりsacredの意味と発音を調べてモゴモゴと練習しておりました(^^)。

          東洋史概説Ⅰを履修して、アジアハイウェイに思いを馳せている最中でしたから、godeigoのメロディに嵌まってしまったのでしょう。これ幸いです。旅だけではなく、英語学習気分も盛り上げて頂く所存です♪

  2. 度々失礼致します。

    ♪You fill my moment and I fill yours♪ 〜 私もNamaste大好きです!
    日本人が電話で“Hello”と言うだけで、日本語を話す人に電話を回される…という話を聞いたことがありますが、タケカワ氏の場合は逆のことが起きそうな気さえする、正に“sacred hello”です。

    1. catsrusさん

      では、helloはこの曲で練習しますっ!
      godeigoへの熱いご案内、重ね重ねありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。