十五夜お月さん見て、、、チョットだけ考えた

 拙宅上空には今夜、まんまるお月様がぽっかりと浮かんでおります。仲秋の名月です。十五夜お月さんです。すっきり爽快という感じの涼さはないけれども蒸し暑いというほどでもない、まぁ涼しい部類だろうという、そんな空気が満ちた星のない夜空にくっきりと白い立体感のあるお月様が存在感たっぷりに浮かんでいます。周囲の草叢からは、鈴を転がしたような虫の声が聞こえます。もう夜の蝉の気配はありません。

 前後数日は曇りと雨ばかりの予報だったので諦めていたのです。しかし、職場に十五夜を諦めきれない先輩がいて、下町の老舗団子やさんで買ってきた月見団子を私たちにふるまってくれました。その心意気が届いたのでしょうか。
 電車を降りて改札を出るときの私は、英語のテキスト付属の音源を聞いておりました。そのまま自宅まで聴きっぱなしでいるつもりだったのですが、虫の音に誘われて音源をストップ。イヤホンとポータブルプレイヤーを片手に、周囲の秋の気配を探りながら歩き始めたのであります。ふと視線をあげると、木立の際の空がぼんやりと白い光を放っていました。もしやと思い、空を見ながら歩いて位置を変えると、職場で先輩に頂戴した老舗の団子のような、まんまるで控えめな艶があってそんなに甘くないから素材の味の素朴さが際立つ懐かしい風味のお団子のような、そんなお月様が木立の向こうの空に浮かんでいたのです。

 「○○先輩ありがとうございまーす」と口の中で小さく呟いて、家の玄関まで、まんまるお月様を眺めながらのんびりと歩きました。

 十五夜お月さんをお団子でお祝いするのは日本の風習です(お供えするのはお団子だけじゃなかったり、他のものだったりするけれども)。しかし、月は世界でひとつだけ。他所でこの月はどんな風に見えているのでしょう? 他の地域では真ん丸になったお月様をどのように名付け、どのように扱っているのでしょう???

 時間が出来たら、「世界の満月」について考察してみたいな。
・・・それには、まず月を表現するときのそれぞれの言語を知らなくてはいけないのかな? うーーーーん。来年の今ごろは、せめて、英語圏とドイツ語、フランス語、中国語を使っている地域での満月の表現と扱いを調べられるくらいになっていればいいのですけれども。

 今夜の十五夜お月さまにお願いすることがあるとすれば、それは「私の脳にどうぞどうぞ、奇跡の語学的カンブリア爆発を起こしてくださいませませ」です。そんな私に対して、お月様は無言。ただただ無表情にこちらを見下ろしています。無表情で真っ白だから、人は特別な満月にいろいろな思いを投影できのかもしれません。

 

お月様は手の届かない空の上
届かないのが当たり前で
だから、人は女神や兎を見ることができました

アポロが月面に降りたとき
女神や兎は消えました
(女神や月が消えたのは、アポロを知る人々のなかの、さらに一部の人々の中から、という但し書きが必要でしょうか?)

それは幸せなことだったのか

そんなことを考えた
2016年の十五夜でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。