セロリのカレー

serori-carry

 セロリを主役に大抜擢したカレーを作ってみました。飯田橋のタイ料理店『オールドタイランド』で友人がオーダーしたタレー・パッポン・カリー(具沢山海鮮のふわふわ卵とじカレー)を一口味見させてもらったとき、具の中にセロリがいるのに “ハッとしてグー♪” という超美味体験をしたのが、このカレーを作る原点となりました。いつかセロリによるセロリのためだけのセロリのカレーを食べてみたいと願望し、探したけれども見つからず、ならば己で作るのみ、という地点に至ったという経緯を経ています。
 最近の記事はぼんやり起承転結構成になっておりましたので、この辺でレポートの練習もかねて、今回はこのセロリカレーについて、簡単に論じてみたいと思います。

 まず、材料の選抜です。発想の原点はタイ料理のカレーであること、これはセロリカレーを作る上で忘れてはならない重要なポイントだと思います。元来の作り慣れた “私のウチのカレー” のなかにセロリを追加しただけでは、他の具材の味にセロリが負けてしまい、セロリのためのセロリによるセロリのカレーになりません。特に玉葱が強敵です。セロリを主役にするための相棒となる野菜は厳選せねばなりません。
 私が今回選んだのもう1つの野菜は茄子です。選定ポイントは3点。1、今が旬であること。2、炒めてから煮るという調理法に適していること。3、他の具材に対して主張は控えめであるのに己の風味は堅守するという強さ。茄子ならば、セロリと喧嘩をすることなく、しかし己を失うこともなく、私の理想とするカレーの名脇役になってくれるはずだと考えました。
 名脇役を選んだら、次は重要なタンパク源としての相棒の選定です。今回私は牛の挽き肉を選びました。大好物のセロリと牛肉炒めをイメージし、その相性の良さに期待したからです。私は牛肉を食べたくなると、たいていセロリーと一緒に炒めて食べています。年齢を重ね、肉、ただそれだけを塩コショウで炒めて食べるというシンプルイズベストと信じて疑わなかった食べ方が体に合わなくなって(胸焼けが…)しまったという悲劇的な現実を迎えて以来、セロリさんには大変お世話になっております。今回は、幸いなことに冷凍庫の中に、近所のスーパーで挽き肉20%オフ祭りなるものが開催されていた折に購入した牛の挽き肉がありましたので、これを使いました。
 具材の選定については、主役のセロリと脇役の茄子、相棒の牛挽き肉の3品に留めました。主題はセロリのカレーですから、余計な工夫で目的を見失わないように配慮し、シンプルな組立てを心がけました。冷蔵庫の野菜室にピーマンがおりましたが、一度手に取って瞑想し、主張が強すぎるように感じましたので、未使用としました。

 次はカレーをカレーとして仕上げるルーの種類と投入についてです。今回は箱入りルーのジャワカレー・中辛を使用したのですが、このルーの選定には再考の余地がありそうです。
 手軽に入手できる箱入りルーは、“私のウチのカレー” の制作に最適化されていると私は思います。セロリカレーを作るに当たり、油分をカットしたジャワカレープライム・中辛を使用するつもりだったのですが、あると思っていたストックがなかったんですよねぇ。それで、近所のコンビニに走ったワケですが、そこにはバーモントカレーとジャワカレーの箱入りルーしか置いてなかったのです。バーモントカレーよりは、ジャワカレーの方が “ウチのカレー” 的要素が薄いと判断しました。
 しかし、次にセロリカレーを作るならば、やっぱり油分カット版のジャワカレープライムを使ってみたいと思っています。

 最後に調理法です。主眼はセロリの歯ごたえと風味を損なわないこと、セロリと茄子の風味を、カレーの海の中でも華麗に残すことにあります。ここで私が考えたポイントは2つで、「ルーの使用量を最低限に抑える」ことと「煮込まない」ことです。
 ルーの使用を最低限に抑えるため、牛挽き肉をフライパンで解凍し(※)、そこへセロリと茄子を投入、挽き肉の油が野菜たちに回ったところで、黒こしょう、ナツメグ、クレイジーソルトで味を付けました。「このまま食べても美味しい!」というレベルより少し薄い感じの味付けにします。こうしておけば、ルーの使用をギリギリまで抑えることができると考えました。
 挽き肉の油が回ったところで、具材が浸る程度の水を投入し、すぐに溶けるように包丁で細かく刻んでおいた固形のルーを2片分(8等分の内の)だけ投入。溶けたところで味を見て、もう半片分追加し、溶けて馴染んだところで火を止めて、調理終了です。
 今回はテフロン加工のフライパン1本で調理しました。解凍が楽チン、そのまま調理してOK、加えて後片付けも楽チンチンです。煮込むカレーには不向き(焦げる危険性大)ですが、サッと煮調理のカレーならば、最適といっていい調理器具だと思います。

 今夜の食事はセロリによるセロリのためのセロリのカレーです。いつか食べたタイカレーの中のセロリが忘れられずに、挑んだ調理でした。茄子と牛挽き肉とを合わせて、ルーの選択には再考の余地を残しながらも、フライパン簡単調理で、完成にこぎ着けました。見栄えは写真の通りです。味はというと、まずまず成功というところです。美味しく頂戴いたしました。ルーを少なく抑えたため、セロリがカレーの海の中で生き生きと存在を主張しており、茄子もそれ自体で頑張ってくれて、それぞれ単独で舌にのせて十分旬の美味を味わわせてくれるものでした。
 でも、やっぱりルーの主張が少しばかり抑えきれていない感がありました。次回は、ジャワカレープライムか、いっその事タイカレーで使用する調味料を探し、最高のセロリカレーにするべく改良を加えたいと思います。

 

――――― 外註 ――――
※フライパン解凍方は、以前『ためしてガッテン』というテレビ番組で紹介されていたものです。凍ったままのお肉と水をフライパンに入れます。蓋をして強火で4分、火を止めて1分。そのまま調理。この方法を適宜適当に利用しています。
(参考:『ためしてガッテン』HP:http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20120314/index.html

【後記】レポート風に書いてみましたが、本論の最初の主張「タイカレー」である旨の主張と、何故箱入りルーが「私のウチのカレー」に特化しているのかの説明が弱いですよね。序論で方法論の説明もされていません。事実と意見の峻別も出来てないなぁ。うーん。直したいところですが、英語をやらねばなりません。悪いレポートの例として、このままにしておきますw

ではでは。
お粗末さまでしたー(`◇´)ゞ

2件のコメント

  1. こんばんは
    楽しく英語のお勉強をしていらっしゃる記事にもコメントを差し上げたいと思いつつ、まずはこちらでしょう! と食い付いた次第です。

    しかし、セロリではなくオールドタイランドに反応しております。
    早速HPでメニューをチェックしたらプーパッポンカリーのソフト版を発見しました。
    本当はソフトよりもハードの方が好みであり、バンコクのソンブーンでテイクアウトしたものをホテルで凍らせて日本に持ち帰る… という離れわざを何度かしていたほどファンですが、蟹は蟹ですものね。
    明日は早速オールドタイランド新橋店に行ってみようと思います。
    情報をありがとうございました♪

    それにしても大真面目にカレーを熱く語るcimicoさん、好きです!

    1. catsrusさん

      こんばんは
      錦糸町でタイ料理の味を教えていただいたあの日から、私は着実に成長をしております♪
      最近はパクチーロスの渇きを、乾燥パクチー&インスタントの塩ラーメンで癒すワザも収得いたしました。が、しかし乾燥パクチーで得られる癒しは、所詮乾燥モノであるがゆえに潤いに欠けてしまいます。やっぱりタイ料理店で料理に盛り込まれている生のパクチーでないと….

      うーん、それにしても、タイ料理の、ふわふわ卵のカレーのハード版とか、興味津々です。タイの卵のカレーに少しでも近づくために、さらに経験を積んで研究を深めていきたいと思いますっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。