TOEIC(R)撃沈、返す刀もないのに英検

2016年9月23日の“The Japan Times”です。近所のコンビニにて初購入です♪
2016年9月23日の“The Japan Times”です。
近所のコンビニにて初購入♪

 えー、昨日TOEIC(R)テストを受験して参りました。
・・・以前にも書きましたけれども、「参る」ってぇ言葉には「参上する」と「降参する」という意味がありますねぇ。ええ、今回の「参る」は、後者の意味合いを濃い目にブレンドして使っておりますです。はい。「試験会場に参り、参って参りました」ということで。
 あゝ、こんな状況で、約 2週間後に英検受験だなんて、一体全体、なんでまた私はこんな無茶をしているのでせう。

 ・・・はぁ(-“-)。もう、疲れました。TOEICのリスニング100問&リーディング100問、どちらもむっちゃくちゃキツかったです。これは修行みたいなものですよね。きちんと英語筋を鍛錬しておかないと、200問を軽やかに駆け抜けるなんてことは無理であろうと思います。

 そこそこ準備して臨んだつもりだったンですが、私のリスニング筋とリーディング筋ともに、TOEIC(R)の試練に太刀打ちできるほどの仕上がりはありませんでした。
 リスニングのPart1,2はまずまず行けましたが、3で怪しくなり、4はもうクラクラ&ダメダメでした。英文が頭の中を右から左に通り抜けて行く感じで、設問を先に見ていても何も引っかかってくれないという悲惨な状況。焦りに焦って見事な自滅型を決めてのGiveUpです。
 リーディングは、時間確保のためPart5,6をやり飛ばす構えで臨んだのです。が、それが焦りを呼んでしまう結果となりました。Part7の前半はまずまず行けたものの、終了5分前で25問も残っているという惨状、慌てて全部Aマークしたところで集中力がプッツリと切れてしまいました。。。 あそこは、華麗にスキミングをして少しでも関連のありそうな答えをマークするべきところだったのでしょう、、、しかし、一度切れてしまった集中力を立て直して問題を読み飛ばすような余力は、私には残っておりませんでした…orz

 ヘロヘロに疲れて帰宅した私が、一等最初にしたことは、PCの電源を入れて、「英検、申込み、キャンセル」という文字をgoogle先生の検索窓に放り込むことでした。今回の受験の手応えから推察される自分の現状では、英検の準1級なんて歯が立つワケはないのです。
 検索の結果得た情報によると、キャンセルはできないようです。試験放棄はできても、受験料は戻って来ません。申込み内容の変更は、申込期間であればインターネト上でできたようなのですが、時すでに遅しです。平日であれば、問い合わせ窓口で何かしら受付けてくれるようですが・・・、はてさて、準1級を2級したものかどうか、、、、迷っています。
 2級レベルの単語を確認するために購入した『文単』(旺文社)は一通り終えました。つい先日準1級のテキストに着手したのですが、これがまたグーーーンっとレベルが上がったなっ、という感じでして、、、やっぱり準1級は無茶だろうと思うのです。でも、どれくらい歯が立たないのかを知るためにこのまま受験する、というのもアリかも知れないなと、思っていたりもします。

 今、確かなことは1つです。己の英語筋の鍛錬を継続しパワーアップを目指さなければなりません。きょうもこれから英語の海に飛び込んでもがきます。

(午前中は洗濯に、午後はこのブログの不具合の修正に手を取られておりましたのでw^^;)

 

 そうそう、英語に関して嬉しいこともありました!
先日、米国アマゾンストアで購入した古本のことです。ちょっとSeler
Feedback の短い文でミスをしてしまい、直接古本屋さんにメールを書いて、ミスを謝罪し、とても状態の良い本がきちんと届いたことを伝えました。伝わったかどうか不安でしたが、その日のうちに返信がありました。

Hello 私の名前

I am glad that your book arrived safe and sound. I hope you enjoy it!

Thank you for your order.

短い手紙ですけれども、嬉しくてテンションが上がりました♪

ちなみに、このDealで得た一連のお買いもの英語は、TOEICのPart7問題の最初の方で役に立ってくれました。えへへ(^^)。

 

成果がまったくなかったわけではありませんね。
こうやって、ジリジリとでも前進していけば、そのうちきっとっ!
希望は捨てずに温めて膨らませておくものと心得ました。

がんばるんばっ(`・ω・´)

2件のコメント

  1. TOEICご受験、お疲れさまでした。
    スコアアップを目指すための課題が見えたのですから、落ち込む必要など全くないと思います。
    そしてこの勢いで英検準一級に向かうのはとても良い流れだと思います。
    既に英語耳と英語目が成長期にあるでしょうし、問題の内容的に考えれば英検は学生向けですから、むしろTOEICよりも手ごたえを感じることでしょう。

    英検合格のポイントは英作文。
    今回の本屋さんとのようなメールのやりとりを毎日続けると良い練習になりますね。
    だからと言って買い物ばかりするわけにもいかないでしょうから、英語でメールを書きたい衝動に駆られたら私に送信して下さい。(愚痴でも何でも…)
    その際はなるべく辞書を使わずに時間管理をして下さい。

    あと二週間、楽しくお勉強が進みますように♪

  2. catsrusさん

     ありがとうございますっ
    弱気になってぐずぐず悩んでおりましたが、やっぱり準1級を受験します。
    用意していたテキストの音源でこのグレードで出題された長文を何本か聴きました。その中で、あの黒いテカテカしたGブリの自然界における優良な役割を主張する研究の紹介があったんです。野生のまま森で働いてくれていればいいんですけど、やっぱり自宅訪問をされるのはチョット嫌だなぁ、でも、森を切り倒して住んでるのは人間だしなぁとか考えされられました。
     確かに、出題される話題は英検の方がアカデミックで面白いです。ですから、ここは調子に乗って頑張っちゃおうと思います♪

    しかし、英作文ですか・・・
    またハードルが一つ上がりました。
    テキストで確認したところ、Eメールが届いて、その話題に応える形式なんだとか。100語といえば1パラグラフっくらいですから、投げかけられた話題1つに対して、「トピックセンテンス、サポートセンテンス×3つくらい、結論」という形式のアレをやればいいんですね。
    パラグラフやエッセイの形式であれば、頭に入っております。
    ただ、内容を捻出する語彙と文法が・・・・

    きょうから1日100wordsの英作文修行を開始いたします。
    本日の話題はは金木犀! 昨日の夕方、買い物に出た時に薄くゆわりと香ったのです。今朝はもう風に乗って窓から香ってきて、私を起こすくらいに香しさを増しております。

    Hello Cimico!
    Do you know, “Kinmokusei” ?

    こんな感じのEメールが届いたことにしてみます♪
    今から出勤ですから、帰宅後にエイヤッとまず手書きで書いて時間を計ってみまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。