Trial of ‘100 Words’ ~ 英検への道 ~

 英語のライティング筋を鍛えるため、100 words 凸凹の妄想文通練習を行う決心をし、その第1回目を敢行しました。
・・・んが、初日から、盛大にタイムオーバーで。・・・最初の手による殴り書きはいいのですが、間違いだらけの端書を校正するのがもう・・・ その校正もきちんとできているかどうかはアヤシイしところで・・・

あゝ気付いたらもうすぐ朝です。

以下はお目汚しになりますが、一応本日の成果です。
友人ダンからのEメールに応える私、という設定。共通の友人である太郎は留学先でカルチャーショックを浴びまくっている最中という妄想ワールドを展開しております。あはは。

まずはダンからの手紙。

Hello, Cimico!

How are you doing in autumn of Japan? In a few days, London has been very warm and humid. I can’t bear this heat!

Well, I’d like to ask you a question. What does ‘Kinmoksei’ mean in Japanese?
Today afternoon I met Taro at the cafe of our University by chance. Then he said, “Do you know ‘sweet fragrance’? In Japan, it is called ‘Kinmokusei’”. Immediately after he said so, his seller phone rang and he had gone without getting my answer. My answer was NO. I have never heard both ‘sweet fragrance’ and ‘Kinmokusei’ in my life! Do you know ‘Kinmokusei’? If you know it, please give me what it is.

I look forward to your answer.

Dan

これに対して、私の返答が↓↓↓コレ

Hi, Dan!

It is a nice climate of autumn in Japan! I am sorry you don’t sound good.

Of course, I know ‘Kinmokusei’, because it is the familiar plant in Japan. It has sweet fragrance flowers which come to in early autumn. We feel coming the fall by the scent every year. The plant has brought from China in Edo age.
I had believed ‘Kinmokusei’ is well known in the world, for China is very old and The West has a trade China from ancient. It was my misunderstanding because you have never known sweet smell of ‘Kinmokusei’.

I hope you get it for coming in Japan!

When you have a chance to come in Japan, I will be happy to take you to a park where there are fragrant orange-colored olives.
Please, come to Japan to meet “Kinmokusei”!

Cimico

以上です。
お粗末さまでした。
おやすみなさいませ。

 

――― 追伸 ―――
この英作文にはおかしなところがテンコ盛りです。
どうぞ、Editing a paragraph の間違い探しの練習にお役立てくださいませm(__)m

2件のコメント

  1. こんにちは
    早速作文をなさった上に公開なさるとは… Cimicoさんには驚かされます。
    しかも質問まで英訳なさるなんて真面目でいらっしゃいますね。

    ところで今回は全部でどれくらいの時間を費やされたのでしょうか?
    そこがとても気になります。
    今後は通勤時間を利用して、行きで問題を考えてカードに書きとめ、帰りの電車でそれらから無作為に一枚抜き取り、すぐに英作文を始める… という作業をしてみてはいかがでしょう。
    一問あたり15~20分と決めて、時間がきたらおしまい。(〇〇駅到着まで、とするのが良いかもしれません)
    それで日々の変化をみていくと効率が良いと思います。

    ご帰宅後には反省会を開き、必要があれば修正をしてから休めば睡眠の時間も質も確保できることでしょう。
    ご不明なことがあったらお知らせ下さいね。

    応援隊長より

  2. catsrusさん

    こんばんは~
    今回は遊び過ぎたようです。金木犀についての知識を深追いし、人物設定などしちゃたものですから、すべてを終えて布団に向かったときには「やうやう色を薄めたる藍色の空の東、金木犀色の雲のほそくたなびきたる その匂 いとをかし」(本歌取り:「やうやう白くなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。」)という状況でした。遠い目。

    あーー、もう、試験対策なのに、肝心の時間管理もしないでダメダメですね^^;

    制限時間は15~20分ですね?
    この範囲内に100wordsの英文を捻出できるよう、頑張ってみます!

    睡眠の質については、これから1週間は夏のスクーリングと同じ状況になるくらいの覚悟をもって英語に臨みます。私のWriting筋が強くなれば、おのずと時間に余裕が生じるであろうことを信じて・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。