【改】The trial to ‘100 words’ ―――Brainstorming

 昨夜は、書いた英文を起点に過去の英語学習を振り返りつつ、これから必要なことを考えました。まずは、英検の英作文にふさわしい話題を集めて、そこから芋蔓方式で語彙を取り出して補充したいな、と。

 相応しい話題を集めるために、最低限の条件を頭に放り込んでペンを握り、Brainstorming をします。これでトピックカードを何枚か作成し、トランプゲームのようにえいやっ!と引いて、その話題に対して英検用の作文をする、という作戦です。

 どうやら、※(ココ今年の試験から変更がありessay形式になったらしいです。帰宅後に確認&修正しますっ→)試験で受け取るEメールには3つの質問があるらしく、それぞれに適切に答えたうえでスムーズに連結する、というワザも必要らしい。このために、接続用の副詞を上手に使えるようにしなくてはなりません。
(短いメールに3つの質問はどうなのよ? ――― とテキストの例題を読んで思いましたが、そこは試験です。自分が何を試されているのかを、見失わないようにしなくては^^;)

えー、確認しました。120~150 wordsのessay形式で、与えられた話題に、幾つかあるうちから選んだ2つのPointsを利用して応じる英作文をしなければならないようです。
(旺文社のサイトに詳しい説明がありました→http://www.obunsha.co.jp/pr/new_eiken/grade_pre1.html

 こりゃまた、いやはや、焦ります。が、急がば回れの精神を発揮する場面ですね。課題を一つずつ確認&クリアし、基本を体得したいと思います。

 

 ・・・英作文対策ばかりではなく、穴埋め、リスニング対策も継続しなければならないし。。。
あと10日でどこまでできるかな。

とにかく前向きに!
がんばります(`・ω・´)

2件のコメント

  1. 度々失礼致します。

    そうそう、英検は改定され、2級にも英作文が追加されたので、それに伴って準一級、一級にも変化があったのですよね。
    先ほどちょっと見てみたら、準一級は以前の一級方式に変わっていますね。
    一級は自由に書けるように変わっていますので以前より簡単になり、その分、準一級はハードルが上がったかもしれませんね。

    でも大丈夫、質問が一つになったのですから!
    おまけに白々しく「またメールしてね」みたいなことを書かなくていいんです。
    あー、旧方式でどっぷり練習していなくて良かったですね♪
    ぜひこの展開を前向きに捉えてあと10日間を楽しくお過ごし下さい。

    1. catsrusさん

       いやぁ、迂闊でしたf(^^;
      受けたい受けたいとこのブログで吠えていた割に、ちっとも実行が伴っていなかった事実を露呈してしまいましたね。あははは。

       実は、変更前の出題例と模範解答を確認したとき、「なんだこの無理やり感は」とチョットだけ眉をひそめておりました。ですから、見覚えのある(見覚えがあるだけでデキルとはいっていませんが)展開に無理のないessay形式の方がやりがいがあります。試験対策の練習がこの先の英語生活にも生かされるワケですから、無駄になりませんもんね。

       これで、いよいよ、2年前の夏に履修した英語writingの成果を試されるという状況になりました。。。

       暑かった2013年日吉の夏を思い出しつつ、取り組んでみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。