Trial to ‘150 words’ ―― A format of writing

 本日は、雨の休日。食事以外は英語漬けになって過ごしました。漬かってはいたものの、アーデモナイコーデモナイとぐらぐらふらふら。逡巡に疲れた頭をすっきりさせるべくお風呂に入り、まんまと閃いたのが試験のための簡単なエッセイの形式を決めることでありました。

 旺文社の新形式の案内を読み、実際に練習問題をやってみて分かったことですが、与えられた話題に同意か否かを答え、与えられたポイントを2つ選んだところで、自ずと形は決まってしまうと思うのです(だから、「決める」というよりも、やってみたら「決まっていることに気付いた」というのが正しい表現になりますねw)。
 えー、説明を試みますと、こんな風です。まず与えらえれた話題に対して「私は○○はダメだと思います。以下に理由を2つあげます」という2文がIntroductionになります。「ひとつめの理由は~(ここで選んだポイントを使う)」がBody Paragraphその1です。「次は~(ここでもうひとつのポイントを使う)」これがBody Paragraphその2です。最後に「以上の理由から、私は○○だと考えました」でConclusionです。
 だいたい1センテンス10 words凸凹で、2・3・3、2とイメージして、つなぎの副詞を確認しておけば、けっこうイケるんじゃないかなぁ、という希望的観測を抱き締めております。

 しかし、問題はあります。なにかってぇーと、それは、ズバリ私の語彙力でございます。英文を手書きしてみましたところ、意味が分かってて読むことはできても、書こうと思うとヤバイ感じの単語がゴロゴロ出てきています。。。
 さらに、前半の語彙問題をやっていると、知らない単語がボコボコと。今はもう秋なのに、それはまるで雨後の竹の子状態です(あゝ早朝の赤松林の、朝もやの中でしか姿を見せない松茸のような奥ゆかしさが欲しかったナ… T-T)。
 これに対しては、私の場合、手を動かすほか解決策はありません。書いて書いて書いて、また書いて、書いて書いぇまた書いて、、、とひたすら己の手の記憶力を信じ邁進するしかなさそうです。
 

 

 本日はこれで店じまいです。
試験本番までの、私の休日は残すところあと1日となりました。出勤日の朝を有効活用し、粛々と学習を続けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。