土砂降りの英検、折れた刀を携えて科目試験へ…

 家を出ると土砂降りだった。ぐっしょり濡れた重い足を前へ前へと運びながら「英検はよして戻って寝ちゃおうかな」と何度も思った。思ってすぐに脳裏に閃く受験料。半額だったら、家から出ていなかったかもしれない、とため息ひとつをざぁざぁ降りの雨に流し、何とか駅までの道を踏破し電車に乗った。
 電車を降りてからバスに揺られること20分強、んでもってバスを降りてから5分っくらい歩いた。勿論強い雨の中を。会場はとある女子高で、門の外に長蛇の列ができていた。雨脚は若干弱まったとはいえ傘を叩く雨音は絶え間ない。
 まさか雨の露天に並ぶことになるとは思っていなかったなぁ・・・ 先日のTOEICの試験会場のような、グングンとひとを飲み込んで余裕の大箱を勝手に想定しちゃっていたし、雨だし、濡れて寒いし、前の人がなにやら手帖のようなものを覗きこんだりしていて傘を不安定に揺らすから私のジーンズが余計に濡れちゃったりしてたし、そもそも勉強不足だってのは分かっていたから、見事にテンンションはだだ下がりで・・・

 

 長い前置きになりました。ええ言い訳です。すみません。いやはや、たくさんの「辛い」がテンコ盛りの試験になってしまって、まぁ言い訳ですけれども、やっぱり英検の準1級の壁は高かったです…orz
 でも、ひとつ思い付いたワザがありました。リーディング&ライティング部門は、最初に英作文の課題を見ておけば、リーディングセクションで出題されている英文から使える単語を拾っておける、というセコいテクニックです。上手く拾えればスペルチェックできます。長文のエッセイからは言い回しも頂戴できる可能性があるのでは、と・・・
(英検は問題用紙への書き込みOKだし、先に問題を俯瞰しちゃいかんとか、注意事項に書いてないし♪)
 真面目に取り組めば(←すでにセコい業を考えているくせに)、一次試験突破は夢ではないという手応えはありました。

 TOEIC、英検と、立て続けに撃沈という結果になりましたが、まったく収穫がなかったワケではありませんので(自分のダメっぷりが明確に自覚できたという収穫が一番大きいカナ^^;)、粛々と次に駒を進めたいと思います。
 刀はポッキリと折れておりますが、とりあえず丸腰で臨むよりはマシだろうと己を励まして、このまま科目試験の準備に取り掛かります。

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト