あ、11月になってます

 まだ1週間ぐらい10月がある気がしていたのに、そんな期待はあっさり裏切られて、いまはもう11月です(Oh,ナンテコッタイ!)。拙宅周辺の樹木の葉が少しずつ色づき始めています。駅前の銀杏並木は緑から黄色へのグラデーション。燃え立つ黄金の並木になるまで、今年はどれくらいかかるかな、と毎日の観察には抜かりはありません。んー、勉強は抜かりだらけなんですけどね。あはははは。
 うっかり11月を迎えてしまって焦っています。なんでこんなに時間が経つのは速いのでしょうか、、、 とにかく、少し整理整頓をして、小さな目標を立てないと、怠惰体質の私のこと、またダダ緩みになってしまうに違いありません。次の大きな目標を1月に据えたことで、すでに気の緩みが出始めているので、今朝は気分転換に本棚の本の並びをマイナーチェンジしました。

 まず、炬燵から手の届く棚を、英語一色にアレンジ。ここには大学の教科で履修している歴史、哲学、論理関係の書籍が詰まっていたのですが、これを隣にあった語学用の棚に移動し、語学棚から英語を特に選んで並び替えました。
 拙宅は木造モルタルの1階なので、冬の朝晩はとっても寒いのです。これからは足元が容赦なく冷える机ポジションではなく、ぬくぬく炬燵ポジションが私の主要学習場になります。お風呂上りに机について夜に最適とされる暗記モノ学習をしていると、いつの間にやら体が冷え切ってしまうんです。慌てて布団に移動するのですが、冷えた体ではなかなか布団も暖まらなくて、眠れない。朝は布団から出られない。そんな悪循環が出始めていたので、とりあえず炬燵ポジションンを整えた、というワケです。

 冬籠りの準備のあとは、小目標の設定です。11月は、未だぎこちない英会話と簿記3級の受験勉強を中心にします。他の語学は息抜きに。

 ほんとうにさっさと11月になってしまいました。この調子では、1月なんてすぐに来てしまいそうです。ですから、英検受験を視野に入れた学習を欠かすことはできません。とりあえず週に一回の英会話で英語には触れ続けることができる状況を作りましたが、この機会をきちんと英検受験に繋げてけるように、考えそして実行して行ける日々を心がけたいと思います。

 転職のことを考えると、焦りが高速回転して頭がフリーズしてしまいそうになります。ンが、ここは着実に自分の弱点を克服してくことを考えないと・・・

七転び八起き。
転んでもとりあえず立ち上がろうっ(`・ω・´)

あ、11月になってます” への2件のフィードバック

  1. そ、今年もとうとう11月になっちゃいましたよ。ちょっと油断してたら、もう11月ですからね、まったく困ったもんですよ。この様子ではおそらく来月は12月でしょうし、その次はもしかすると、ひょっとすると、あの伝説のスタンリールービックキューブリック監督が作品の中で予言していた2017年がやって来るのでしょうか…

    ということで、どうも、こんにちは。昨日今日と寒いですね。

    英検準1級、受験されたんですね。私も、昔、「次は準1級に挑戦するぞ!」と宣言したことがあるんですけど、あっちこっち道草してしまって、いまだに挑戦できていません。ここ1年ほどは英語の勉強自体から遠ざかってしまってます。でも、目標は捨てたわけではないので、近いうちに勉強を再開したいと密かに企んでます。

    さらに、英会話スクールにも通われているんですね(いいなぁ~!イイナァ~!)
    現実にはまだ通える余裕ないのに、「やっぱり、BRITISH COUNCILがいいかなぁ~」とか、「大学の公開講座も良さそうだな」とか、でも、グループ学習っていまいち苦手だし、いっそのこと出前プライベートレッスンを頼んでみようか、でも、ドトールとかでレッスン受けるのって恥ずかしくない?…とか色々と考えてたりしました。

    ところで、こちらのブログ画面の右側上部の「◇学習は計画的に」の文字の下に「日商簿記3級検定試験まで〇〇日」のカウントダウン日めくりメーターがあるじゃないですか! 次は簿記に挑戦されるんですね。
    そう言えば、NHK高校講座で今年4月から簿記の授業が始まりましたし(放送済みの授業がWebで視聴可)、さらに、簿記を題材にしたマンガ『女騎士、経理になる。』もあるようです(読んだことないですけど)。簿記、来てますよ~。2020年に向けて簿記界はさらに盛り上がっていくこと必至。

    ということで、空気が乾燥しコホンコホンしやすい季節になってきましたので、体調に気を付けながら、簿記検定に向けて頑張ってください。
    蛇足ですが…簿記をされる場合、電卓は良いものを使われた方がいいと思います。12ケタ数字がハッキリと見やすく、キーが打ちやすく、安定感があって操作中にグラつかないもの。簿記って仕訳と計算ですからストレスを感じるような電卓はペケ!

    1. PAKAPON先輩、こんにちは!

       昨夜から今朝に掛けて、拙宅周辺は気温1桁台の連続だったようです。どーりで寒いワケです。「めぐるーめぐるーよ季節はめぐる~♪」ですよね。予言された2017年ですか、、、 うーん、そうですね、西暦は零からBCもしくはADの方向へひたすらに続いているように思われます。AD方向へは西洋ベーズの文化が存続する限り、BC方向へは科学による認識が広がり続ける限り。あ、でも、ことばの上では「限り」がありますか。ドーカンガラガラドシャーンで条件が破壊されれば、永遠と思われる西暦の連続も途切れてしまう。。。 「2017年か、しかしどうせ予言するなら、と」と考えてみましたが、怖くなったのでこれくらいでやめておきます。適宜適当に “HAPPY NEW YEAR! とか” 、「明けましておめでとうございますっ」みたいなやつが、平穏のうちに来てくれれば、快哉ということにしておきませんか?

       さて、試験シリーズで自分を叩き続ける(埃がたくさん出ちゃって困ってますw)修行の次はおっしゃる通りで、簿記3級です。ただいまテキストを電車内読書中で、きょうからメーンの机上学習を開始します。電卓は、確定申告時代から使っているCASIOのデッカイ奴があります。手にはなじんでいるのですが、簡単な計算しかしたことがなくて、使い方の分からないキーがたくさんあるので、これも明確にしておく必要がありそうです(;^^)。
       合格率70%の試験ですから、さすがに合格したいです。英語のテスト二つと、大学の仏語&独語の試験で大撃沈を味わっていますので、そろそろ浮上の手掛かりが欲しいと、切に切に願っております・・・

       英会話はですねぇ、むっちゃくちゃ楽しいですよーーーぉヽ(^o^)丿♪
      センテンスが出てこないし、行くたびに自分の英語筋の弱さを痛感させられていますけど、でも、なんていうのでしょう、ちょっと先に見知らぬ自分がいたことを発見するような楽しさがあります。うーん、可能性が目視できるような感覚でしょうか。「これが言えるようになれば、もっと楽しくなるに違いない」とか「これが伝われば、もっと会話が広がるのに」とか、そういう気持ちがストレートに湧きあがってきますので、次に自分が何をしたいのかを考えてワクワクドキドキできます。
       私も今の教室に飛び込む(まさに、英検の圧力に押し出されて飛び出したのでした)まで、大学の語学教室や、プライベートレッスン、あと安価なオンラインレッスンなどなど検討しておりました。特に料金&手軽さでオンラインに魅力を感じておりましたが、私の場合は実際に決まった日に先生のいる教室へ通う教室型に飛び込んで大正解だったと思います。
       きっと先輩のことですから、「そのとき」が来たら、しっかり決断ができるはずです。時期が来て、決断し、行動したらあとは継続。ムチャクチャしなければその気にならない私よりも、先輩ならば堅実にこのプロセスを実行できるのでは、と推察させていただいておりますです。

       するってーと、一番肝心なことは、元気でいることですね。大根、ヨーグルト、味噌醤油、納豆豆腐、お肉の薬食いとか、医食同源と適度な運動を心がけ、良質な睡眠をとる努力をしつつ、素敵な季節をお過ごしくださいますように。ご自愛に手抜かりの無いように、お気を付け下さい(^^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。